トグル入力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
携帯電話のテンキーにおける英数字入力割り当て

トグル入力(またはトグル打ち)とは、携帯電話などフルキーボードを持たない端末においてテンキーにて文字入力を行う方法の一種である。「マルチタップ」や「5タッチ」、「かなめくり」、「猿打ち」などの別名・俗称もある。

トグルスイッチの動作からこのように呼ばれているが、本来の動作としてはトグルではなくロータリスイッチの動作なので「トグル打ち(トグル入力)」と呼ぶのは誤用である。

携帯電話のマニュアルでは2タッチ入力(ポケベル打ち)に対して「かな入力」「かな方式」と記されることもある。

概要[編集]

1つのキーに五十音の1行やアルファベット3-4文字など複数の文字が対応し、ボタンを押すごとに次の文字が現れる(トグル機構を持つ)文字の打ち方である。例えば「1」のキーを押すごとに「あ→い→う→え→お→…」という順で文字が現れるようになっている。文字の出現順を逆順にする「逆トグル」と呼ばれる機能や「大文字小文字変換」を備えたものもあり、2011年現在携帯電話の文字入力システムとして一般的なATOKiWnnPOBox Proのどれでも逆トグルや大文字小文字変換に対応している。

入力方法が2タッチ入力やシングルタップ方式と比較して単純で覚えやすい一方で、キーのストローク数は多くなりやすい[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 連文節から予測変換へ - 携帯入力の次は?” (日本語). ITmedia +mobile (2003年4月28日). 2011年5月26日閲覧。

関連項目[編集]