Fujifilm FinePix F200EXR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fujifilm FinePix F200EXR

Fujifilm FinePix F200EXRは、2009年2月21日富士フイルムより発売されたコンパクトデジタルカメラ。富士フイルムが開発した撮像素子スーパーCCDハニカムEXR」を搭載した最初の製品である。

概要[編集]

人間の目の仕組みに近い新型撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載した最初のカメラである。外観デザインは前機種F100fdで採用された「ナローシェープデザイン」を踏襲し、洗練されたものとなっている。

撮像素子サイズは大型の1/1.6型CCD光学ズームは控えめの5倍など、前機種F100fdと同様に画質・描写性能を優先した設計となっている。 なお、同じ撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載する後続のF70EXR2009年8月発売)、F80EXR2010年4月発売)、F300EXR(2010年8月発売)、およびF550EXR(2011年2月発売)は、いずれも撮像素子サイズは1/2型と小さくなり(ただし、F550EXRはCCDではなくEXR-CMOS)、光学ズームは10倍または15倍となるなど、FinePix Fシリーズの進化の方向は多機能優先へと転換している。

スーパーCCDハニカムEXR[編集]

同一サイズの撮像素子において通常CCDの2倍の集光面積があるとされる「スーパーCCDハニカム」の、カラーフィルターの配列パターンを変更し、斜め隣に同色の画素を配置したものである。同色の画素を隣り合わせたことで偽色の問題がクリアされ、画素混合による感度アップや、画素パターンごとに違う感度を設定することが技術的に容易になった。

EXRの撮影モード[編集]

EXR優先モード」において「高感度低ノイズ優先」「ダイナミックレンジ優先」「高解像度優先」の3種類の動作モードを選択でき、「EXR AUTO」ではこの3種類の動作モードが被写体とその周囲によって自動選択される。

  • 「高感度低ノイズ優先」 - 同色の画素を隣り合わせたことで、2つの画素を1画素として扱う画素混合を使って感度を2倍に上げても、偽色の発生は抑制される。600万画素相当での記録となる。
  • 「ダイナミックレンジ優先」 - 斜めに隣接する同色の画素ごとに、高と低の異なる感度で撮影して合成するモードである。これはHDRを1回きりのシャッターで行う感覚に近い。この機能によりダイナミックレンジは通常の最大800パーセントまで拡大し、白とびや黒つぶれの少ない階調豊かな画像を実現した。600万画素相当での記録となる。
  • 「高解像度優先」 - 通常のフル解像度、1200万画素相当での記録となる。「EXR AUTO」では、良好な撮影条件のときに自動選択される。

主な撮影モード[編集]

  • EXR AUTO - 前節「EXRの撮影モード」を参照
  • EXR 優先モード - 前節「EXRの撮影モード」を参照
  • フルマニュアルモード
  • マニュアル露出
  • 絞り優先AE
  • 高感度2枚撮り - フラッシュ無しの撮影とスーパーiフラッシュ撮影の連写
  • フィルムシミュレーション - コンパクト型デジタルカメラで世界初の搭載。PROVIAVelvia、ASTIA、B&W(Black&White)、セピアの5モード

主な仕様[編集]

撮影時
背面
  • 撮像素子 - 1/1.6型(8.23mm×6.17mm)CCD(スーパーCCDハニカムEXR)、有効画素数1200万画素
  • レンズ - FUJINON ZOOM LENS 光学5倍ズーム、焦点距離f6.4~32mm(35mmフィルムカメラ換算時:28~140mm)、F値 F3.3-5.1
  • 静止画撮影 - 最大4000×3000ドット
  • ISO感度 - オート、ISO 100/200/400/800/1600/3200/6400/12800
  • 動画撮影 - 最大640×480ドット、毎秒30フレーム、AVI(Motion-JPEG)形式
  • 動画出力 - フルHD(1080p)
  • 手ブレ補正機能 - CCDシフト式
  • ディスプレー - 3.0型(約23万ドット)
  • 内蔵記録メモリー - 約48MB
  • メモリーカード - SDメモリーカードSDHCメモリーカードxD-ピクチャーカード
  • 電源 - リチウムイオン充電池「NP-50」付属
  • 撮影可能枚数 - 約230枚
  • 本体サイズ - 幅97.7×奥行き23.4×高さ58.9mm
  • 重さ - 約194グラム(撮影時重量)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]