黒瞎子島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒瞎子島の帰属に関する地図。赤色でロシアが中国に返還したエリアを示す

黒瞎子島ロシア語: остров Большой Уссурийский大ウスリー島)は、ウスリー川アムール川が合流する位置にある島であり、中国では“撫遠デルタ”とも呼ぶ。島の西半分は中華人民共和国に属し、東半分はロシア連邦に属する。“黒瞎子”の意味は中国語クマであり、島にはクマが出没するから[1]

中国最東端に位置するこの島は、中国で最も早く太陽が拝める地となった[2]

歴史[編集]

中国の行政区画によると、黒瞎子島は全て黒龍江省佳木斯市撫遠県に管轄された。1929年中東鉄道事件をめぐるソ連中華民国との武力衝突を終結する「ハバロフスク協定」で、ソ連軍中国東北部から撤兵するという約束をしたが、黒瞎子島からは撤退しなかったため島の帰属問題になった。その後、ソ連は黒瞎子島で多くの施設、例えばアパート教会堂ヴィラなどを建てた。ロシア人も島に移った。

1964年から黒瞎子島問題はずっと中ソ間の領土交渉の議題であった。2001年に「中ロ善隣友好協力条約」ができ、中華人民共和国国家主席江沢民ロシア連邦大統領エリツィンは、黒瞎子島をほぼ東西に分割することで原則的合意が出来た。2004年にはプーチン大統領が訪中し、中ロ間で「中ロ国境東段補充協定」が結ばれ、正式に分割が成立した。2008年にロシアは中国に銀竜島の全域と黒瞎子島の西半分を返還した [3][4]

関連リンク[編集]

参考リンク[編集]

  1. ^ 黒瞎子島とは
  2. ^ 中国で最も早く太陽が拝める地 黒瞎子島
  3. ^ 「中ロ領土問題の解決―黒瞎子島をめぐって」岡部達味
  4. ^ 黑瞎子島から帰ってきて、中ロの境界に決着を打てずにいる