過去主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

過去主義(かこしゅぎ、: Preterism)とは、キリスト教神学において、ヨハネの黙示録ダニエル書等に預言された終末的な出来事は、すでに過去に起こったと考える立場を言う。ラテン語で「~を過ぎて」を意味する praeter-ism からの造語


関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「過去主義」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。