魂の睡眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魂の睡眠(たましいのすいみん)は、急進プロテスタントの教えである。魂は死と復活の間スリープする教義である。理論によれば、死んだ人々が、天国に行っていないが、彼らは審判の日まで、そして死者の復活まで、ほこりで眠る。クリスチャン「モータリズム」(mortalism)の理論の顕著な代表者の中では、ジョン・ミルトントマス・ホッブズアイザック・ニュートンが含まれている。[1]

参考資料[編集]

  1. ^ ブック コミュニケーション学博士論文紹介 pdf "ミルトンとホッブズという全く異なった様相を呈する思想家が,「モータリズム」. (mortalism )異端思想で共通している,錯雑した状況の一端を明らかにしようと努力した。 別な回答群が地平線に姿をあらわすのは,もう少し先の時期,世紀をこえなければならない"