置換神学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

置換神学(ちかんしんがく、Supersessionism、replacement theology、fulfillment theology)とは、新約聖書解釈の一つで、選民としてのユダヤ人の使命が終わり、新しいイスラエルが教会になったとする説である。

その根拠とされる聖句は、ガラテヤ3:6-9、3:29、ローマ2:28、29、4:13、マタイ21:43である。

聖書の語句で「イスラエル」と出てくる箇所を「ユダヤ人」と見なさずに霊的にのみ解釈する(キリスト教、教会を「真のイスラエル」とする)。 [1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ *ティーチングレター 置換神学 [1]

参考文献[編集]

  • 『エルサレムの平和のために祈れ-続ユダヤ入門』中川健一


執筆の途中です この項目「置換神学」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。