袋駅 (熊本県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
袋駅
駅舎
駅舎
ふくろ - Fukuro
水俣 (5.8km)
(5.9km) 米ノ津
所在地 熊本県水俣市
所属事業者 肥薩おれんじ鉄道
所属路線 肥薩おれんじ鉄道線
キロ程 55.4km(八代起点)
287.7km(門司港起点)
電報略号 オレフロ
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
開業年月日 1926年(大正15年)7月21日
備考 無人駅
ホーム

袋駅(ふくろえき)は、熊本県水俣市袋永尾2112番地にある肥薩おれんじ鉄道線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。簡易駅舎を備える。無人駅

海岸に近いことと、九州新幹線開業による第三セクター鉄道移行が決まっていたためか、九州旅客鉄道(JR九州)時代末期には駅名標が錆び放題となっていた。これは海浦駅湯浦駅なども同様である。

かつては有人駅で木造駅舎が建ち、さらに駅前広場には大きな国鉄官舎「第2水俣荘」が建っていた。駅舎はかなり前に解体されたが官舎はJR九州時代まで残っており、2004年に肥薩おれんじ鉄道に経営移管された際に取り壊された。現在は官舎跡地は空き地や駐車場になっている。

のりば[編集]

1 肥薩おれんじ鉄道線 (上り)八代方面 
(下り)出水方面
2 肥薩おれんじ鉄道線 (上り)八代方面

駅周辺[編集]

駅南方を少し離れて北西流する境川は、古くは肥後国薩摩国の国境を成しており街道沿いには関所も設けられていた。現在も熊本県と鹿児島県の県境であり、当線の走る境川鉄橋の山側には当時の国境であった境橋が今も現存していて車窓からもはっきりと見ることが出来る。 また、駅前を走る国道3号上には南国交通バスの袋駅前バス停が置かれている。

  • グリーンスポーツみなまた(キャンプ場) - 徒歩20分

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業時の地名(葦北郡水俣村字袋)が由来。

「袋」と言う地名の由来は、この地が山に囲まれて袋状になった小平地が多かった事から「袋」になったと言われる。

隣の駅[編集]

肥薩おれんじ鉄道
肥薩おれんじ鉄道線
快速「スーパーおれんじ」・観光列車「おれんじ食堂」
通過
普通
水俣駅 - 袋駅 - 米ノ津駅

関連項目[編集]