海浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海浦駅
ホーム (2004/09/06)
ホーム (2004/09/06)
うみのうら - Uminoura
肥後田浦 (3.1km)
(3.1km) 佐敷
所在地 熊本県葦北郡芦北町海浦
所属事業者 肥薩おれんじ鉄道
所属路線 肥薩おれんじ鉄道線
キロ程 26.7km(八代起点)
259.0km(門司港起点)
電報略号 オレウミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1959年(昭和34年)6月1日
備考 無人駅

海浦駅(うみのうらえき)は、熊本県葦北郡芦北町大字海浦38番地にある肥薩おれんじ鉄道線

駅構造[編集]

単式1面1線のホームの無人駅である。ホームには屋根のあるベンチ(簡易待合室)が設置されているのみでトイレは設置されていない。

鹿児島本線時代、1955年に廃止された唐浜駅を除けば唯一の棒線駅であった。

1987年に国鉄からJR九州に経営が移管された際も駅名標が国鉄時代のままで2004年の経営移管までJR九州のものに交換されなかったため、JR九州の営業末期は錆が酷かった。ホームもほとんど舗装されなかったため状態が非常に悪く、ホームの待合室の屋根や柱、ベンチも老朽化で朽ち果てている状態だったが、2004年に肥薩おれんじ鉄道に経営移管されホームのかさ上げ工事が行われた際に駅名標が交換され、ホーム、待合室の屋根、柱、ベンチとも綺麗に整備された。

駅周辺[編集]

山と八代海に囲まれた狭い土地に位置しており、駅の前後もトンネルに挟まれている。
海側には集落が広がっており、海浦漁港が整備されている。また、国道3号も海側を走っており、産交バスの海浦バス停が置かれている。
山側には旧道の薩摩街道が走っており、駅から約1Km程の位置に登録有形文化財である佐敷隧道が掘られている。(高低差が激しいため、駅からのアクセスは困難。)また、みかんの栽培も盛んである。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業時の地名(葦北郡海浦村)が由来。

「海浦」は「田浦」の対義語で、「険しいにすぐ迫っているところの」を意味する地名である。

隣の駅[編集]

肥薩おれんじ鉄道
肥薩おれんじ鉄道線
快速「スーパーおれんじ」・観光列車「おれんじ食堂」
通過
普通
肥後田浦駅 - 海浦駅 - 佐敷駅

関連項目[編集]