正津英志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正津 英志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県大野市
生年月日 1972年11月13日(42歳)
身長
体重
173 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト3位
初出場 1998年4月3日
最終出場 2009年4月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

正津 英志(しょうつ えいじ、1972年11月13日 - )は、福井県大野市出身の元プロ野球選手投手)。現在は、中日ドラゴンズのスカウトを務めている[1]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生の頃から野球をはじめ、進学した大野高で本格的に投手に取り組み、3年夏に第72回全国高等学校野球選手権大会に出場。

龍谷大では投球フォームの改造に取り組み、速球派からコントロール重視の投手へと転向した。関西六大学リーグ通算18勝10敗。

NTT北陸を経て、1997年ドラフト中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。

中日時代[編集]

監督の星野仙一に度胸の良さを買われ、入団1年目の1998年から主に中継ぎとして4年連続して40試合以上に登板

2001年は53試合の登板で安定した投球を見せる。しかし、翌2002年にわき腹、右ひじの筋肉挫傷と相次いで怪我をし、以降は登板機会が減少した[2]

2004年は一軍での登板機会が減少し、二軍でも敗戦処理程度しか起用されなくなったが、鈴木孝政二軍投手コーチに勇気付けられ、技巧派への転向に取り組んだ。オフに、大友進玉野宏昌との交換トレードで、宮越徹と共に西武ライオンズへ移籍。

西武時代[編集]

当時、二軍監督だった渡辺久信が一軍へ正津を推薦し、復活を手助けした。その後は、サイドスローからスライダー・シンカーを投げ分ける投球に磨きをかける。[3]

2006年は右打者専門のワンポイントリリーフとして起用され、5年振りの勝利を挙げた。翌2007年は敗戦処理が主だったが防御率1点台の成績を残す。

2008年は、怪我で出遅れたものの、交流戦期間中に登録され、交流戦明けから岡本真也小野寺力に代わりグラマンに繋ぐまでのセットアッパーとして勝ち試合の終盤を任された。しかし、翌2009年4月26日の対ロッテ戦で1回を5失点と打ち込まれ二軍に降格。以降一軍昇格はなく、10月2日に戦力外通告を受け、現役を引退。

引退後[編集]

2010年に、古巣中日のスカウトに就任することが発表された。

プレースタイル・人物[編集]

右のサイドスローから140km/h台前半のストレートスライダーシンカーといったキレの良い変化球を投げ込む。

中日時代の背番号は21。「もうすぐ21世紀で、僕の背番号も21。21世紀には中日の看板選手になれるよう頑張ります」と新入団選手発表の席上で意気込みを語っている。

初登板は1998年の広島との開幕戦(広島市民球場)であったが、緒方孝市本塁打を浴びる。ショートを守っていた久慈照嘉に「プロは甘くないよ」と言われ落ち着いたと紙上で語っている。

初勝利は1998年4月10日の対ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)で、8回裏から延長13回までを投げ抜いたものである。これはプロ野球史上5番目(当時)の5時間46分のロングゲームであり試合終了は翌日の11日になっていた。

ドラフト直後に放送されたpluspoにて、1年目スカウトとしての奮闘ぶりが放送された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 中日 45 2 1 0 0 6 1 0 -- .857 301 77.0 62 7 20 1 4 55 1 0 21 21 2.45 1.06
1999 47 1 0 0 0 5 1 0 -- .833 219 48.1 49 5 25 1 4 34 0 0 22 18 3.35 1.53
2000 42 1 0 0 0 5 2 0 -- .714 216 50.1 49 5 16 2 1 42 0 0 27 25 4.47 1.29
2001 53 1 0 0 0 3 1 0 -- .750 295 68.0 69 4 23 2 4 49 3 0 23 23 3.04 1.35
2002 15 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 66 15.0 16 1 5 1 0 13 0 0 6 3 1.80 1.40
2003 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 5.1 10 1 2 0 0 3 0 0 5 5 8.44 2.25
2005 西武 36 0 0 0 0 0 2 0 7 .000 156 37.0 36 3 10 2 1 35 0 0 24 21 5.11 1.24
2006 23 0 0 0 0 3 0 0 5 1.000 116 24.2 29 3 16 0 3 18 1 0 16 16 5.84 1.82
2007 26 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 113 28.1 23 3 6 0 0 26 1 0 6 5 1.59 1.02
2008 32 0 0 0 0 3 0 0 9 1.000 127 30.2 26 3 13 1 2 16 0 0 11 8 2.35 1.27
2009 3 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 13 1.2 4 0 4 0 0 1 0 0 7 7 37.80 4.80
通算:11年 328 5 1 0 0 25 10 0 24 .714 1650 386.1 373 37 140 10 19 292 7 0 168 152 3.54 1.33

記録[編集]

  • 初登板:1998年4月3日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、8回裏に4番手で救援登板・完了、1回1失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に澤崎俊和から空振り三振
  • 初勝利:1998年4月10日、対ヤクルトスワローズ1回戦(ナゴヤドーム)、8回表に3番手で救援登板・完了、6回1失点
  • 初先発:1998年8月5日、対ヤクルトスワローズ16回戦(ナゴヤドーム)、5回2/3を無失点
  • 初先発勝利・初完投勝利:1998年8月20日、対ヤクルトスワローズ20回戦(明治神宮野球場)、9回2失点
  • 初ホールド:2005年6月21日、対オリックス・バファローズ6回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表2死に4番手で救援登板、1/3回無失点
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:上記「初登板」の項を参照、8回裏無死に緒方孝市に左中間へソロ ※史上43人目(セ・リーグ18人目)

背番号[編集]

  • 21 (1998年 - 2004年)
  • 25 (2005年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21
  2. ^ 『2003プロ野球選手カラー名鑑』 日刊スポーツ出版社、2003年4月、50頁。
  3. ^ 『2008年プロ野球選手写真名鑑』 日刊スポーツ出版社、2008年4月、127頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]