機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ > 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
漫画:機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
原作・原案など 千葉智宏
作画 ときた洸一
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2004年11月号 - 2006年7月号
巻数 全4巻
話数 22話
小説:機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
著者 千葉智宏
イラスト 緒方剛志
出版社 角川書店
掲載誌 ザ・スニーカー
レーベル 角川スニーカー文庫
連載期間 2004年10月号 - 2006年6月号
巻数 全2巻
話数 10話
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
テンプレート - ノート 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』(きどうせんしガンダムシード デスティニー アストレイ)は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の各種媒体で掲載された公式外伝である。

概要[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の第3作であり、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』と同様に、漫画と小説の複数の媒体で展開された。

漫画版はときた洸一作のもの(以下漫画版)。小説版は「ザ・スニーカー」で連載されたもの(以下スニーカー版)と、「電撃ホビーマガジン」で連載されジオラマを組み合わせたもの(以下電撃版)の2作品。合計3作品が展開された。

アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』放映時は『SEED』最終話後から『DESTINY』開始以前の空白の2年間を舞台としたエピソード(以下「前半」)が語られた。

『DESTINY』3クール目前後から、アーモリーワンでのセカンドステージシリーズ開発と強奪、ブレイク・ザ・ワールド後辺りまでで、「一族」と呼ばれる組織と対峙するエピソード(以下「後半」)が語られている。

漫画版の「前半」では『ガンダムSEED MSV』の登場人物がメインキャラとして登場している。

物語[編集]

フォト・ジャーナリストのジェス・リブルはある出来事からMSを駆り「戦場をMSと同じ視点で取材する」様になった。C.E.71年10月、ジェスはジャンク屋ギルドジェネシスαを巡る事件でロウ・ギュールからMS「アストレイ アウトフレーム」を譲り受ける。ジェスはフリーのMSパイロットのカイト・マディガンと共に「真実を撮る」為に世界を駆け巡る。

登場人物[編集]

主な登場兵器[編集]

書籍[編集]

漫画 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
  1. ISBN 978-4047137080
  2. ISBN 978-4047137325
  3. ISBN 978-4047137882
  4. ISBN 978-4047138087
Re:Master Edition
新装版。描き下ろしエピソードを追加[1]し、スニーカー文庫版で語られたエピソードについては、文章で補足されている。
  1. ISBN 978-4041209172
  2. ISBN 978-4041209189
小説 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
  1. ISBN 978-4044297039
  2. ISBN 978-4044717025
模型・小説 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

スタッフ[編集]

  • 原作 - 矢立肇富野由悠季
  • SEED DESTINYキャラクターデザイン - 平井久司
  • DESTINY ASTRAYキャラクター - 植田洋一
  • SEED DESTINYメカニックデザイン - 大河原邦男・山根公利・藤岡建機
  • DESTINY ASTRAYメカニック・デザイン - 阿久津潤一(ビークラフト)・町田能彦
  • 設定・企画協力 - 森田繁(スタジオぬえ)
  • 設定協力 - 吉野弘幸
  • マーク・デザイン - 神宮司訓之
  • 制作 - サンライズ
  • 小説・シナリオ - 千葉智宏(スタジオオルフェ)
  • コミック作画 - ときた洸一
  • 小説さし絵 - 緒方剛志
  • 協力 - 電撃ホビーマガジン編集部、ガンダムエース編集部、ザ・スニーカー編集部、バンダイホビー事業部、バンダイビデオゲーム事業部

関連作品[編集]

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター』発売に伴い、展開された新シリーズ。『DESTINY ASTRAY R』ではヴァレリオ・ヴァレリが、『DESTINY ASTRAY B』ではダンテ・ゴルディジャーニエルザ・ヴァイスが新たなメインキャラクターとして登場している。『DESTINY ASTRAY R』は『Δ ASTRAY』と同時期で、ロウ・ギュール視点でのストーリーで、『DESTINY ASTRAY B』は『DESTINY ASTRAY』の「南米独立戦争編」と「インパルス開発編」の間の時期で、叢雲劾視点でのストーリーとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 旧1巻「SPECIAL SCOOP.01 切り裂きエド」は『ASTRAY Re:Master Edition』3巻に収録されたため未収録。

外部リンク[編集]