アスラン・ザラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アスラン・ザラAthrun Zala)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物で、もう1人の主人公。声の出演石田彰

プロフィール[編集]

人物[編集]

キラ・ヤマトとは月のコペルニクス幼年学校の頃からの幼馴染兼親友であり、彼の一家とも深い交流があった。器用で何事もそつなくこなし、頭脳明晰、冷静沈着で理論的な性格だが、女性に対してはかなり鈍感。キラに対して弟分と思っていることから、時に感情的になる。

地球連合プラント間に開戦の気運が高まると、父親(パトリック・ザラ)の命令でプラントへ移住。農学者である母(レノア・ザラ)を血のバレンタイン事件で失い、それをきっかけに軍人として平和のために戦うことを決意した。

コーディネイターの中でも優秀な能力を持ち、士官アカデミーをトップの成績(MS戦・ナイフ戦・情報処理1位、射撃・爆薬処理2位、総合成績1位)で卒業し、ザフト軍のエリートパイロット(赤服)としてクルーゼ隊に所属する。シーゲル・クラインの愛娘ラクスとは婚約者だったが、後にフリーダム強奪事件を機に実質的に婚約破棄となる。MSの操縦技術はさること、射撃技術も群を抜いている。

やや額の広いデザインから、デフォルメアニメ『たねきゃら劇場』では、公式的に「デコピカ」キャラとして扱われている。作中でもデコピカ杯なるトロフィーを獲得して嬉嬉としている。

経歴[編集]

機動戦士ガンダムSEED[編集]

地球連合軍が極秘裏に開発した新型MSG兵器奪取のためコロニー「ヘリオポリス」に向かい、そこでかつての親友キラ・ヤマトと悲劇的な再会を果たした。その後、奪取したイージスに搭乗し、やむなくストライクのパイロットとなったキラと幾度となく交戦する。

ラクスがキラに助けられる形でアークエンジェルに保護され、後に戦いで不利になったアークエンジェルから人質とされると、キラに対して怒りを顕わにして反発する。キラがラクスを助けるために身柄引き渡しを通告した際、遠まわしにアスランは呼び出されてラクスの身柄を受け取り、さらにキラもプラントに来るように求めたが、キラにそれはできないと断られた。

地球降下直後、移動艇の故障のためイージス諸共投げ出され、漂着した無人島にて、同じく漂着していたカガリ・ユラ・アスハと出会う。

その後、アークエンジェルの行方を探るため、オーブに潜入した際には、彼のいることを察知したトリィの仲介でキラと再会、今も変わらぬ友情を彼から伝えられ、さらに苦悩するが、キラとの出会いからオーブにいるとわかったアークエンジェルを、軍人として討つ事を決意する。

オーブ近海戦において、戦友のニコルをキラとの戦いで失い、憎悪に燃えたアスランはSEEDを発動させたキラとの激闘の最中に覚醒、イージスを自爆させてストライクを撃破する。再会したカガリに親友であるキラを撃破した事実を告げて「キラを敵として倒すしかない」と号泣する。また、時を同じくして、その立場ゆえに親友とでも戦わなければならなかったその思いを彼女に吐き出すと、「もう誰にも死んでほしくない」と、ハウメア女神の守りの首飾りを貰い受ける。

一時帰国するとネビュラ勲章を受勲、特務隊 (FAITH) に栄転となる。その初任務として、プラント最高評議会議長に就任した父パトリックから「最新鋭MSフリーダムの強奪者の追討・機体の奪還(もしくは破壊)およびそれと接触した人物・施設の完全抹殺」を命じられ、同じく最新鋭のMSであるジャスティスを受領する。その後、強奪犯手引きの容疑で指名手配中のラクスと再会すると、彼女からフリーダム強奪の真相とキラが生存していることを告げられる。同時に「アスランが信じて戦うものは何か」と問われ動揺し、初めて自分が「組織の正義のため」に戦っている事実に気付く。

何を信じて戦えばよいのか悩んでいたところ、地球連合軍のオーブ解放作戦に遭遇し、地球連合軍の新型MS(カラミティフォビドゥンレイダー)相手に苦戦するフリーダムを発見、任務を放棄して自らの意思で戦闘に介入、キラを援護して地球連合軍を撃退する。戦闘後、カガリの仲介もあってキラと和解を果たし、キラたちの望む平和が自分の望む世界と同じであると信じて、その陣容である三隻同盟に加わり、ザフトから離脱した。

宇宙に上がった後、父パトリックにこの戦争の真意を問い質すため単身プラントに向かう。しかし、全てのナチュラルの撲滅を唱える父の姿に愕然とする。決然と反抗し反逆者として拘束されるが、ダコスタを始めとするクライン派に救出される。この一件を通して父と完全に訣別し、ラクスたちと共に最新高速艦エターナルでプラントを脱出した。

カガリと恋仲になるのは、この劇中である。

その後、三隻同盟の中核的戦力として地球連合軍撃退やプラントへの核攻撃阻止で戦果を挙げる。最終決戦となる第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦においては、ジェネシスの中枢でジャスティスの核エンジンを自爆させ、地球へのジェネシス照射を阻止した。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY[編集]

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後はオーブに亡命(小説版ではアイリーン・カナーバが彼を厄介払いしたかったとの記述あり)し、「アレックス・ディノ」(市民番号:2500474C)と名乗り、オーブ代表首長となったカガリのボディーガードを務めていた。プラント最高評議会議長デュランダルとの会談にカガリの護衛として赴いた際、地球連合軍特殊部隊ファントムペインによるザフト軍新型MS強奪事件に巻き込まれたアスランは、カガリを守るためザクウォーリアに搭乗する。そのまま彼女と共にザフト新造艦ミネルバに避難した。旧ザラ派残党ザフト軍脱走兵テロリストによるユニウスセブン落下テロ事件を防ごうと奮戦するも失敗。その未曾有の被害にブルーコスモスの扇動も加わって、再び地球連合とプラント間で戦火の幕が開くことになった。

開戦後、オーブより単身プラントに向かい、デュランダル議長と会見して事態への冷静な対応を要請するが、逆に議長からFAITHとしてザフトに復隊することを懇請される。再会したイザークとディアッカの説得もあり、議長の語る理念に共感を覚えた彼は、今の世界で自分にできることをするために復隊を決意。セイバーを受領してミネルバに配属され、MSパイロットたち(シンレイルナマリア)の指揮を執ることになる。口下手な性格と正義の考え方の違いからオーブを憎んでいるシンには反発されることが多いが、新たにミネルバに配属されたハイネの影響や、共に戦っていく中でその関係は次第に落ち着いていった。一方でルナマリア、メイリンミーアからは過剰とも言えるモーションやアプローチを受けるものの、3人の好意には全く気が付いていなかった。ハイネの加入後はMSパイロットたちの指揮権を彼に委ねている。インド洋での戦闘において、カオスガンダム及びネオ・ロアノークのウィンダムらと交戦、数機のウィンダムを撃墜した。ガルナハンでの戦闘では、地球連合軍のMAゲルズゲーを撃破し、ローエングリンゲート突破に貢献している。ロドニアの研究所の戦闘では、シンとともにステラ・ルーシェのガイアガンダムと交戦し、ステラを捕虜にした。

ボスポラス海峡にてザフトが地球連合とオーブの同盟軍と交戦した際、アークエンジェルフリーダムが介入し戦局は大きく混乱、ハイネの戦死など多数の犠牲が出た。憤ったアスランは個人的にキラとカガリに接触、戦闘を止めてオーブに帰るよう諭すが、逆にキラからラクス暗殺未遂の一件を知らされて愕然とする。結局この場で両者の歩み寄りはならず、キラ達と決別するアスランは、「あんなことはもうやめてオーブへ戻れ」と二人に言い捨てる。

クレタ島海域の戦闘においてカガリと共に再度介入したキラと交戦し、「オーブへ戻れ」とキラを説得しようとするが、カガリの気持ちを理解してあげられないことがキラの怒りを買い、セイバーを再起不能になるまで彼のフリーダムに破壊されてしまう[1]。セイバーを破壊された彼はこの後、自分の信じて歩むべき道に悩む日々が続き、やがて艦内でも孤立し始め、着々と戦果を挙げ続けていたシンから見下された態度をとられるようになる。

シンがフリーダム相手の戦闘シミュレーションに励むのを見て、「キラは敵じゃない」という理由で止めさせようとするが、フリーダムを憎んで復讐を誓うシンの強い決意を変えることはできなかった。そしてついにミネルバにアークエンジェル討伐の命が下され、異議を唱えるが却下される。エンジェルダウン作戦において、シンはキラの乗るフリーダムを撃破、アークエンジェルは行方不明となる。帰投したシンに侮辱を受け、キラを撃墜したことに怒って彼と掴み合ったことで、シンとの対立は一層険悪になる。またも「キラは敵じゃない」と主張するが、レイには立場が同じザフトである正論で反対された。一連の事態の流れにアスランは苦悩を深め、デュランダル議長に対する不信を抱いていく。

その後、ジブラルタル基地においてデュランダル議長から呼び出され、レジェンドを授けられる。しかし一方でデュランダルはレイの報告などからアスランを不穏分子と判断し、彼を排除することに決定、レイに処遇を一任した。そのやり取りを立ち聞きしていたミーアはアスランに警告し、議長に釈明をするようにと彼を説得するが、彼はザフトからの脱走を決意する。途中巻き込む形になってしまったメイリンと共に、奪ったグフイグナイテッドで基地からの脱出を試みるが、シンのデスティニーやレイのレジェンドに追撃され交戦。圧倒的な機体性能を誇るデスティニーとSEEDを発動させたシンに追い込まれ、海中に墜とされる。メイリンを庇い重傷を負ったが、地球連合軍に潜入していたキサカ一佐に救出され、密かにアークエンジェルに搬送された。アークエンジェルにて意識を取り戻すと、再会したキラやカガリと和解している。

オペレーション・フューリーを発動したザフト軍によってオーブが襲撃を受けた際には、まだ傷の癒えない体でアークエンジェルにCICとして乗艦、その後インフィニットジャスティスを受け取ると、無茶を承知で出撃する。戦場でシンと再会し、彼を説得しようとするがレイの介入により失敗。怒りでSEEDが発動したシンの猛攻を受けるも、自らもSEEDを発動させデスティニーの右腕を切り落とす。癒え切らぬ身体は限界を越え、傷は再び開き、アスランはコクピットの中で気絶して機体は落下。かろうじてキラに回収される。

ザフト軍によるオーブ侵攻を食い止めた後、アークエンジェルはオーブ軍に正式に編成され、インフィニットジャスティスのパイロットとしてオーブ軍に編入された。

宇宙に上がる前、自分が渡した指輪をカガリが外していたことに気づくものの動揺を見せずに受け入れた。

宇宙に上がると、月面都市のコペルニクスでキラやラクス、メイリンと束の間の休息を取る。その最中ミーアのハロが現れ、ラクスに助けを求めるメッセージを受け取る。ラクスを狙った罠であると行かないように主張したが、ラクスの意志は固くやむを得ず護衛として同行する。待ち受けていた刺客をほとんど一人で倒したが、結局サラの銃弾からラクスを守ってミーアが命を散らし、ミーアを死なせてしまったやり場のない悔しさでラクスと共に涙を流す。

デュランダルによるデスティニープラン発動宣言の後、インフィニットジャスティスに搭乗し、レクイエムの中継ステーションワンをストライクフリーダムと共に破壊。続くレクイエム攻防戦ではルナマリアのインパルスを退け、シンのデスティニーも激闘の末に無傷で戦闘不能に追い込む。ミネルバを航行不能にし、アカツキと共にレクイエム破壊に成功した(『FINAL PLUS』ではその後、キラを追ってザフト軍要塞「メサイア」に突入するシーンが追加されている)。

『DESTINY』終了後はオーブ軍准将に昇格している(スペシャルエディション4『自由の代償』のエンディングにて、エピローグとして、シンやイザークら、お馴染みのザフトメンバーの中に、オーブの名代としてプラントに交渉に赴く、オーブ軍服姿のアスランが確認できる)[2][3]

『DESTINY』終了後の物語として発表されたHDリマスター BOX2の特典CD「OMAKE quarters」Vol.2『選んじゃった未来』では、アスランとアーサーの会話があり、戦後はアスランはメイリンと共にオーブ軍に属していることが判明した。 ※ BOX2ブックレットでのアスランの紹介欄にメイリンと共にオーブ軍であること。身分が中佐であることが記述されている。 なお、福田監督のTwitterによるとこのドラマCDはスペシャルエディション4『自由の代償』後の世界を描いたもの。リマスターで訂正をしドラマCDの世界へ繋げるとのことである。

他作品での出演[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
中断メッセージでは「歌は良い」という趣旨のセリフがあり、同じ担当声優のセリフを模したものである。
スーパーロボット大戦Z
原作ではセイバーを破壊されたことで一線から退いていたのに対し、こちらはキラのフリーダムにセイバーを破壊されることなく、ザフトを脱走してシンのデスティニーに撃墜されるまでセイバーで戦うことが出来る。シンとのやり取りはフラグ次第で大きく変わる。また、作中では自身のポジションと似ているシャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)から、人の上に立ち部隊を率いる隊長としての心得を教わっていく。
第2次スーパーロボット大戦Z
ZEUTHのメンバーと共に時空転移に巻き込まれる。あるイベントでランカ・リーのエスコート役をオズマ・リーから拒否された時は、自分が女たらしと見做されていた事にショックを受けていた。
第3次スーパーロボット大戦Z
時獄篇ではルナマリアと共にプラントの補佐に当たっているため、自軍入りしない。
スーパーロボット大戦K
シナリオ序盤に限りアレックス・ディノとしてアニメでは搭乗しなかったムラサメに搭乗しゲスト参戦。その後ゲーム中盤以降より再びプレイヤーキャラとして正式参戦する。
スーパーロボット大戦L
序盤から参戦しており原作より堂々とした態度で自分の正体を明かす。キラ達がミネルバに対して協力的なこともあって、オーブではザフトのフェイスとしてラクスからジャスティスを受領してシンに後を任せてキラ達と独自の行動を取るなどしている。本作では最初からSEED覚醒が可能。ただしセイバーは物語の裏でミネルバの盾となって破壊されてしまったため、ゲーム本編では使用できない(初期機体はブレイズザクウォーリア)。また、原作ではギクシャクしていたシンとの仲も良好でキラ達と同行を決めた際にも「ミネルバにはお前がいるじゃないか。」と原作と異なりシンに強い信頼を持っている様子を見せ、シンもその期待に答える反応を見せている。また、前線指揮を行う関係かあまり表立たないレベッカ・カトリーヌの事を知っているという意外な面も見せた。
スーパーロボット大戦UX
本編終了後の設定。再びアレックス・ディノとして行動していたため当初は裏方に徹していたが、1部終盤で主人公部隊を救うべく議会に乱入し自ら正体を明かして主人公部隊を貶めていたハザード・パシャを糾弾する。
ガンダム無双2
ストーリーミッションではティターンズ(正確にはパプテマス・シロッコの部隊)と行動を共にする。アスラン自身はシロッコの理想に全く賛同しておらず、結果的に戦場を混乱させているキラを止めるためにシロッコ達と行動している。
機動戦士ガンダムSEED SEED Club
シンと共に数少ない常識人で、キラやラクスには振り回されがち。
Another Century's Episode:R
『DESTINY』本編終了後の世界で、シンとキラと共にロゴス残党の処理に当たっていたところで怪現象に巻き込まれ、「惑星エリア」に転移させられる。DESTINY編ストーリーの第1話では、デストロイガンダムの倒し方をレクチャーしてくれる。転移直後にカミーユらエゥーゴの面々と遭遇した際には、クワトロとの対話に臨み、互いの世界の違いについて情報交換を行う。

搭乗機[編集]

主な搭乗機
その他の搭乗機

脚注[編集]

  1. ^ 映像では、四肢及び頭部を切断され、海上数百メートル上空から落下。なお本編終了後の監督へのインタビュー中、「(四肢のスラスターの噴射で落下を和らげることもできない)この状態での落下衝撃ではパイロットが死亡するのではないか」という質問に対しては、「セーフティシャッターによって衝撃が吸収された」との答えだった。
  2. ^ しかし、アスランの声を担当した石田彰はこの作品での彼の行動に対して「あんなんじゃ平和にはならない」と非難のコメントを述べている。
  3. ^ 但し、福田監督はこれは作画ミスであり、実際の階級は一佐のままであるとtwitterで発言している。

関連項目[編集]