東公園 (岡崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東公園
Higashi Park
Ashinobe Pond in Okazaki City Higashi Park.jpg
あしのべ池
所在地
愛知県岡崎市欠町字大山田1
北緯34度57分10.9秒
東経137度11分30.8秒
分類 都市公園総合公園
面積 26.91ha[1]
開園 1928年昭和3年)4月
運営者 岡崎市[2]
設備・遊具 東公園動物園、花菖蒲園、広場
駐車場 あり(320台)
公式サイト 岡崎市のサイト
ゾウの「ふじ子」
広場
岡崎市動物総合センター「Animo」

東公園(ひがしこうえん[3])は、愛知県岡崎市にある都市公園(総合公園)である[4]

園内には東公園動物園、花菖蒲園、岡崎市出身の地理学者志賀重昂の墓や銅像、また同じく岡崎市出身の物理学者本多光太郎の資料館、旧本多忠次邸、世尊寺(釈迦堂)などがある。東公園動物園も含め入園は無料である。春にはサクラ、初夏はハナショウブアジサイ、秋には紅葉が楽しめる。岡崎観光きらり百選に選定されている。

歴史[編集]

東公園は1928年昭和3年)4月[5]に設置された。園内にはいくつかの池があるが、これらはもともと灌漑用の溜池として使われていたものである。1964年(昭和39年)に花菖蒲園、1983年(昭和58年)5月1日に東公園動物園が開園した[6]

2008年平成20年)3月29日、動物園に隣接して市の動物に関する窓口を一元化した、岡崎市動物総合センター(「Animo」)と動物ふれあい広場が設置された[6]2012年(平成24年)7月6日には旧本多忠次邸が移築、開館した[7]

施設[編集]

東公園動物園[編集]

東公園の中央部にある動物園で、入園は無料。9時から16時30分まで開園。休園日は月曜日と年末年始。

「ふじ子」という名前のゾウラクダラマニホンザルリスザルプレーリードッグシカミニチュアホースウサギなどが飼育されている。また、小動物と触れ合うことのできる「動物ふれあい広場」がある。

花菖蒲園[編集]

花菖蒲園

2900m²の花菖蒲園には90〜110品種[8]10000株のハナショウブがある。

毎年6月には「菖蒲まつり」が開催されている。

その他の施設[編集]

  • 本多忠次
  • 本多光太郎資料館
  • 世尊寺(釈迦堂)
  • 等澍庵・南北亭
  • 広場・屋外ステージ
  • 岡崎市動物総合センター「Animo」

交通アクセス[編集]

交通規制[編集]

  • 南駐車場内とその入口道路(約30m程度)は大型貨物自動車駐車禁止である。なお大型貨物自動車に限らず、バスなどの中型・大型乗用自動車も基本的に駐車禁止の管理趣旨である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東公園/岡崎市 - 岡崎市Webサイト
  2. ^ 2012年度以降に指定管理者制度に移行することが予定されている。(「公の施設」の指定管理者制度移行等実施計画 (PDF)
  3. ^ 俗に「あずまこうえん」と読む向きもあるが、正しくは「ひがしこうえん」。公園入口の石碑に「ひがし」と振り仮名が彫られている。
  4. ^ 岡崎市都市公園一覧
  5. ^ 新編岡崎市史編集委員会 編『新編 岡崎市史 20 (総集編)』新編岡崎市史編さん委員会、p.309 (1993年)
  6. ^ a b 岡崎いいとこ風景ブログ 2012年5月5日(岡崎市役所都市計画課が運営するブログ)
  7. ^ “岡崎に徳川四天王の末孫・本多忠次の邸宅復元 - 東京から移築”. 岡崎経済新聞. (2012年6月15日). http://okazaki.keizai.biz/headline/623/ 2013年1月19日閲覧。 
  8. ^ 園内の看板には約90品種とあるが、花菖蒲園のWebサイトでは約110品種となっている(2010年8月閲覧)。