愛のプレリュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛のプレリュード
カーペンターズシングル
収録アルバム 遙かなる影
B面 私のすべてをあなたに
リリース 1970年8月21日
ジャンル ポップス
レーベル A&Mレコード
作詞・作曲 ロジャー・ニコルズ、ポール・ウィリアムズ
プロデュース ジャック・ドーハティ
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ)
  • 28位(イギリス)
カーペンターズ シングル 年表
遙かなる影
(1970年)
愛のプレリュード
(1970年)
メリー・クリスマス・ダーリン
(1970年)
テンプレートを表示

愛のプレリュード(We've Only Just Begun)は、ポール・ウィリアムズ作詞、ロジャー・ニコルズ作曲の楽曲である。カーペンターズ(Carpenters)のカバーでも有名。結婚について歌っており、現在でもアメリカでは広く歌われている。

解説[編集]

元々は、カリフォルニア州Crocker National BankCMソングだったが、リチャード・カーペンターはそのCMを見て、一部にアレンジを施した。この曲は、アレンジャーとしてのリチャード・カーペンターの能力と、ボーカルとしてのカレン・カーペンターの能力が最も発揮されているということで、リチャードは、「カーペンターズの代表曲を挙げるなら、『愛のプレリュード』だな」と語った。

カーペンターズのヴァージョンは、ビルボード(Billboard)誌では、1970年10月31日から4週連続2位、この年の年間ランキングに於いて12位を記録。

遙かなる影」と共に、グラミーの殿堂入りを果している[1]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では414位にランクイン[2]

作者のポール・ウィリアムズは、1971年のアルバム『Just an Old Fashioned Love Song』で、この曲をセルフカバーした。

カーペンターズの他にも、カーティス・メイフィールドペリー・コモディオンヌ・ワーウィックアンディ・ウィリアムスジョニー・マティスジャック・ジョーンズヘンリー・マンシーニレイ・コニフリベラーチェリチャード・クレイダーマンブラッドリー・ジョセフバリー・マニロウらによりカバー・編曲されている。

リチャードが、ロジャー・ニコルズとポール・ウィリアムズに「シングルにしたいんだけどフル・バージョンはあるか」と尋ねたが、フル・バージョンは作られていなかった。しかし、「フルバージョンはある」と答えたと言う。その後、CMに使われた以外の部分を作っている。

舞台[編集]

同名の舞台が2011年に宝塚歌劇団・花組で上演され、この公演を最後にトップスターの真飛聖が退団した。

脚注[編集]