ボビー・ウーマック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ウーマック
}
基本情報
出生名 Robert Dwayne Womack
出生 1944年3月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
死没 2014年6月27日(満70歳没)
ジャンル R&Bソウルファンクゴスペル
職業 シンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1961年-2014年
共同作業者 ヴァレンティノス

ボビー・ウーマックBobby Womack /ˈwoʊmæk/、1944年3月4日 - 2014年6月27日)は、アメリカ合衆国シンガーソングライターギタリストソウルファンクの分野で活動。

2009年ロックの殿堂入りを果たした[1]

来歴[編集]

オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが[2]、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した他、ロッド・スチュワート等にもカヴァーされた。また、サム・クックのライヴでもギターを弾く。

1964年12月にサム・クックが射殺されると、ボビーはソロ活動やセッション・ギタリストとしての活動を開始。ウィルソン・ピケットへの楽曲提供等を経て、1968年、ソロ名義では初となるスタジオ・アルバム『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』発表。1970年にはガボール・ザボのアルバム『ハイ・コントラスト』に参加し、後にジョージ・ベンソンのカヴァーで有名になる楽曲「ブリージン」を提供。同年、ジャニス・ジョプリンのアルバム『パール』でアコースティック・ギターを演奏(発表はジャニスの死後の1971年)。スライ&ザ・ファミリー・ストーンのアルバム『暴動』(1971年)でもギターを担当。

1972年のシングル「ウーマンズ・ガッタ・ハヴ・イット」は、ビルボード誌のR&Bチャートで1位を獲得。同年、映画『110番街交差点』のサウンドトラックを、J・J・ジョンソンと共に制作。同作の主題歌「110番街交差点」は、ボビーが歌も担当し、1997年公開の映画『ジャッキー・ブラウン』でも使用された[3]1974年には、ヴァレンティノス時代のヒット曲のセルフ・カヴァー「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」もR&Bチャートで1位となる。1975年ロン・ウッドのソロ・アルバム『ナウ・ルック』をロンと共同プロデュースし、ギターやボーカルも担当。

1981年のシングル「If You Think You're Lonely Now」は、R&Bチャート3位のヒットとなる。マライア・キャリー2005年に大ヒットさせた「ウィ・ビロング・トゥゲザー」の歌詞には、「If You Think You're Lonely Now」のタイトルが織り込まれており、ボビーの名もソングライターの1人としてクレジットされた。1984年のシングル「Love Has Finally Come at Last」では、パティ・ラベルとデュエット。また、ローリング・ストーンズのアルバム『ダーティ・ワーク』(1986年)にゲスト参加。

『The Poet』(1981年)、『The Poet II』(1984年)、『Someday We'll All Be Free』(1985年)(『The Poet Ⅲ』という愛称で呼ばれることもある)の80年代前半の3枚のアルバムは、ポエット三部作(または、『詩人』三部作・The Poet Trilogy)と呼ばれ、彼の作品の中でも特に評価・人気が高い。

1994年のスタジオ・アルバム『Resurrection』には、キース・リチャーズロン・ウッドチャーリー・ワッツスティーヴィー・ワンダーロッド・スチュワート等がゲスト参加。

2012年には、18年ぶりのスタジオ・アルバム『The Bravest Man in the Universe』をリリース。デーモン・アルバーンリチャード・ラッセルとの共同プロデュース。

2014年6月27日に死去した[4]。70歳没。

ディスコグラフィー[編集]

  • Fly Me to the Moon(1968年)
  • My Prescription(1969年)
  • The Womack "Live"(1970年)
  • Communication(1971年)
  • Understanding(1972年)
  • Across 110th Street(1972年)
  • Facts of Life(1973年)
  • Lookin' for a Love Again(1974年)
  • I Don't Know What the World is Coming to(1975年)
  • Safety Zone(1976年)
  • BW Goes C&W(1976年)
  • Home is Where the Heart is(1976年)
  • Pieces(1977年)
  • Roads of Life(1979年)
  • The Poet(1981年)
  • The Poet II(1984年)
  • So Many Rivers(1985年)
  • Someday We'll All Be Free(1985年)
  • Womagic(1986年)
  • Last Soul Man(1987年)
  • Save the Children(1989年)
  • Soul Seduction Supreme(1994年)
  • Resurrection(1994年)
  • Soul Sensation Live(1998年)
  • Back to My Roots(1999年)
  • Traditions(1999年)
  • Christmas Album(2000年)
  • The Bravest Man in the Universe(2012年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]