悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架
ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1人(通信時2人)
メディア 512MbitDSカード
発売日 日本の旗
2005年8月25日
2006年6月29日(コナミ ザ・ベスト 廉価版)
2009年10月29日(コナミ殿堂セレクション 廉価版)
2010年12月9日(ベストセレクション 廉価版)
アメリカ合衆国の旗
2005年10月4日
世界
2005年9月30日
対象年齢 CERO: 12才以上
ESRB: Teen (T)
PEGI: 12+
コンテンツ
アイコン
暴力
売上本数 27702本[1]
その他 DSワイヤレス通信対応
テンプレートを表示

悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』(あくまじょうドラキュラ そうげつのじゅうじか、英題: Castlevania: Dawn of Sorrow)は、コナミから2005年8月25日に発売されたニンテンドーDS用ソフトのアクションゲーム。

概要[編集]

ゴシックホラーアクションゲーム・悪魔城ドラキュラシリーズのニンテンドーDSでの1作目。基本システムは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』と同じ2D横スクロールの探索型アクションRPG。2003年にゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』の続編であり、ストーリー、システムなどは踏襲し、より進化している。DSのタッチスクリーンを利用した魔封陣などの新要素も加わった。

購入特典として一部の店では、DS本体用蒼月の十字架ドレスアップシールが付いた。

本作は、ゲーム誌「ファミ通」のクロスレビューにて、9・8・8・8の33点でゴールド殿堂入りした。また、アメリカの大手ゲーム情報サイト「IGN.com」の「The Best of 2005」にて、DS部門の「Best Adventure Game」を受賞した。

シリーズタイトル再変更の理由など[編集]

キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲』(2002年)から前作『キャッスルヴァニア』(2003年)まで、シリーズタイトルを欧米版に合わせて「悪魔城ドラキュラ」から「Castlevania」に変更していた。しかし「消費者が"悪魔城ドラキュラ"のタイトルで情報収集しにくくなってしまった」という理由で、本作でシリーズタイトルを「悪魔城ドラキュラ」に戻した。本作のプロデューサーの五十嵐孝司(IGA)は攻略本で「キャッスルヴァニアという名前は日本では根付かなかったみたい」と述べている。この他、2004年にGBAの「ファミコンミニ・ディスクシステムセレクション」(任天堂)のひとつとして発売されたシリーズ第1作『悪魔城ドラキュラ』が、キャッスルヴァニア名義のシリーズ新作を超える販売本数を上げたことも戻した理由のひとつとみられる。シリーズタイトル以外の変化といえば、『白夜の協奏曲』以降本シリーズの開発元はコナミコンピュータエンタテインメント東京であったが、本作の開発途中の2005年4月1日に同社を含むコナミの分社がコナミに吸収・統一されたため、最終的にコナミ名義の作品となった。また、2003年にコナミのロゴマークも変わっている(『暁月の円舞曲』まで旧ロゴ、『キャッスルヴァニア』から新ロゴ)。

キャラクターデザインの変更[編集]

本作ではハードがDSということもあり、「ファンの年齢層を広げたい」と低年齢層を意識して、キャラクターのデザインを前作までとは変えてアニメ風になった。オープニングタイトル場面には、アニメーションムービーも導入(このムービーはプロモーションとしても使われた)された。しかし、本作以降の本シリーズのCEROレーティングは「B / 12才以上」となっている(『暁月の円舞曲』が「全年齢対象」とされていたため、このことについては予測できなかったとみられる)。

ストーリー[編集]

2035年、日本で皆既日食が起こった年。当時高校生だった来須蒼真は幼なじみの白馬弥那とともに日食の中に出現した悪魔城に取り込まれてしまう。そして、蒼真は自身が魔王ドラキュラの生まれ変わりであることを知った。

それから1年後、蒼真たちは平穏な日々を送っていた。だが、そんなある日、白昼堂々街中で新興宗教「ウィズ ライト」の教祖セリア・フォルトゥナの襲撃を受けてしまう。蒼真はセリアが召喚した魔物たちに襲われるが、突如現れた有角幻也の助けもあり、なんとか敵を退ける。弥那にまでも危険が及ぶかもしれないと危機を感じた蒼真は、単身ドラキュラ城を真似た教団本拠地へと乗り込むのだった。

システム[編集]

プラットフォームをゲームボーイアドバンスからニンテンドーDSへ移行したことにより、大幅なグラフィック、サウンドの向上が図られた。特にグラフィックについては、3D表示機能を生かした背景やキャラクターの拡縮回転、半透明表示を活用し、『月下の夜想曲』に並ぶグラフィックを実現した。また、ニンテンドーDSの特徴である2画面表示を生かし、上画面にマップならびにステータスを切り替え表示可能で、下画面にメインプレイ画面が常時表示される構成となっており、以前までのような現在位置をボタン操作でマップ画面を出して確認する面倒な手間が省かれた。この2画面の仕様は同じニンテンドーDSでのシリーズ続作『悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス』『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』にも引き継がれている。

タッチスクリーンは新要素の魔封陣で使われる。ほとんどのボスはHPを0にした上で、画面に魔封陣を描いて封印しなければ倒せない。失敗するとボスのHPが少し回復して戦闘続行になってしまう。また、画面をタッチすることで、障害物のクリスタルブロックを壊したり、召喚した使い魔に攻撃させたい敵を指定することができる。ワープするときも行き先のワープ部屋をマップにタッチして直接選べる。

『暁月の円舞曲』で中核を成していた、敵を倒して魂を集めるタクティカルソウルシステムにも改良が加えられた。同じソウルでも複数個取るとレベルアップして威力が増加する他、ある特定のソウルの組み合わせによっては特殊効果が発動するものもある。ソウルと武器を消費する武器合成によってより強力な武器も作れる。武器の種類は全11系統あり、その中で8系統の武器が合成可能。ボタンひとつで装備、ソウルを切り替えられる機能も追加された。

ワイヤレス通信もさらに強化。ゲーム中に入手したソウルを使用して、『暁月の円舞曲』同様ソウルの交換ができる「SOUL TRADE」に加え、通信対戦用のマップに敵を配置し、対戦相手とマップを交換してクリアタイムを競う「VS MODE」も用意された。

隠し要素・クリア後の追加要素[編集]

  • 『暁月の円舞曲』との連動
DS本体のGBAスロットに『暁月の円舞曲』を差した状態で本作を新しく始めると、スタート時の所持アイテムにレアリング、にく、3年ミルクが追加される。
  • ユリウスモード
『月下の夜想曲』以降多くの本シリーズに搭載されてきた、本編クリア後の別キャラクターによるおまけモード。ユリウス・ベルモンド、ヨーコ・ヴェルナンデス、アルカードをキャラクターチェンジしつつプレイできる。プレイするステージは本編と同じであるが、魔王として覚醒してしまった蒼真を倒すため、ユリウスが途中で加わるヨーコ、アルカードとともに再び城へ乗り込むというストーリーが付いている。ユリウスたちは3人それぞれ特徴を持っており、うまく使い分けて進める。そのメンバーや置き換えられるBGM "BEGINNING" などから『悪魔城伝説』を意識した作りが見受けられる。本編とは異なり、魔封陣を使う事はない。
  • 引き継ぎプレイ
クリア済みセーブデータの「CLEAR」を選択すると、アイテムとソウルを引き継いで所持した状態でまた最初から始められる。その際、新たに難易度「HARD」が選択できる。
  • ボスラッシュモード
  • サウンドモード

登場人物[編集]

来須蒼真(Soma Kurusu) 緑川光
本作の主人公。魔物の魂を支配して自分の力にする能力を持つ。19歳。
白馬弥那(Mina Hakuba) 声:高梁碧
蒼真の幼馴染。白馬神社のひとり娘。19歳。
ユリウス・ベルモンド(Julius Belmondo)
1999年にドラキュラを完全に滅ぼした。現在は教会とヨーコの手助けをしている。56歳。
有角幻也(Genya Arikado) 声:置鮎龍太郎
アルカード。現在は偽名を使って日本政府の機密機関に所属し、蒼真を監視して見守っている。年齢不詳。
ヨーコ・ヴェルナンデス(Yoko Belnades) 声:高梁碧
教会に所属する魔法使い。魔王復活を求めるカルト教団の動きを探っている。25歳。
ハマー(Hammer) 声:稲田徹
元軍人。現在は雑貨屋兼裏の世界の情報屋。35歳。
セリア・フォルトゥナ(Celia Fortner) 声:塩山由佳
魔王再降臨計画を企む暗黒神官。カルト教団「ウィズ ライト」の教祖。26歳。
ダリオ・ボッシ(Dario Bossi) 声:藤本たかひろ
魔王候補者。炎を操る能力を持つ。37歳。
ドミトリー・ブリノフ(Dmitrii Blinov) 声:金子英彦
魔王候補者。相手の能力をコピーする能力を持つ。37歳。

ステージ[編集]

Stage BGM Boss
地図から消えた村 漆黒の進攻
BEGINNING(ユリウスモード)
フライングアーマー
魔導研究棟 ドラキュラの涙 バロール
狂乱の花園 プラチナ色の月夜 ダリオ
黒の礼拝堂 懺悔の後に
BLOODY TEARS(ユリウスモード)
ドミトリー
マルファス
妖魔迎賓館 妖魔迎賓館 パペットマスター
パラノイア
地下冥府 地下冥府 ラハブ
罪人の塔 罪人の塔 ゲーゴス
呪縛の時計塔 呪縛の時計塔 ゼファル
沈黙の遺跡 VAMPIRE KILLER バットカンパニー
悪魔城最上階 悪魔城最上階 ダリオ(ユリウスモードでは出現しない)
アグニ
裁きの坑道 地下室のメロディー デス
深淵 深淵 アバドン
メナス
蒼真(ユリウスモード)

主なスタッフ[編集]

  • プロデューサー: IGA(五十嵐孝司
  • ディレクター: 櫛渕敏
  • チーフプログラム: SHUTARO(飯田周太郎)
  • チーフデザイン: 山口裕土
  • シナリオ: IGA
  • ミュージックコンポーザー: 木村雅彦山根ミチル、渡辺愉香
  • キャラクターデザイン: 吉川真一
  • オープニングアニメーションムービー制作: 遊歩堂

関連商品[編集]

攻略本
  • 『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架 公式ガイド コンプリートエディション』
2005年9月8日発売。1200円(税込)。コナミ発行。A5判、128ページ。
CD
  • 『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲 & 悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架 オリジナルサウンドトラック』
2006年1月27日発売。2835円(税込)。コナミスタイル専売。初回特典で小島文美の描き下ろしミニポスター付き。本作のゲームBGM29曲、『暁月の円舞曲』のゲームBGM27曲、本CDでのアレンジバージョン2曲を収録した全58曲の2枚組。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「ファミ通ゲーム白書2006」より。

外部リンク[編集]