悪魔城ドラキュラ黙示録外伝 LEGEND OF CORNELL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪魔城ドラキュラ黙示録外伝
LEGEND OF CORNELL
ジャンル アクション
対応機種 NINTENDO64
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント神戸
発売元 コナミ
人数 1人
メディア 128MbitROMカセット
発売日 1999年12月25日
対象年齢 ESRB: Teen
その他 振動パック対応
メモリー拡張パック対応
テンプレートを表示

悪魔城ドラキュラ黙示録外伝 LEGEND OF CORNELL』(あくまじょうドラキュラもくしろくがいでん レジェンド オブ コーネル、英題: Castlevania: Legacy of Darkness)は、コナミから1999年12月25日に発売されたNINTENDO64用ソフトのアクションゲーム

概要[編集]

ゴシックホラーアクションゲーム・悪魔城ドラキュラシリーズのNINTENDO64での2作目。9か月前(1999年3月)に発売されたシリーズ初の3D作品だった前作『悪魔城ドラキュラ黙示録』の外伝的な作品で、獣人に変身できる能力を持つ人狼のコーネルを新主人公に、ストーリーは8年前にさかのぼった世界を描いているが、実質ゲーム的には『黙示録』のバージョンアップ版のような作品になっている。開発中は「悪魔城ドラキュラ黙示録2(仮称)」というタイトルで発表されていた。キャッチコピーは、「世紀末、悪魔城は二度甦る・・・。」。基本システムは『黙示録』と同じステージクリア型の3Dアクション。ステージによっては探索の要素もありアクションアドベンチャーとも。ステージは『黙示録』と重なるものが多いが、新規に作られた新ステージもいくつかあり、また『黙示録』と重なるステージも本作用にアレンジされて地形や仕掛けが変更されたり敵キャラクターが追加されたりと多少変わっているので全く同じというわけではない。音楽も『黙示録』と同じ曲が多いが、本作オリジナルの新曲もある。他にも細かい部分はいろいろ改良されたり演出が追加されたりしており、サブウェポンは同じものを複数取ることによって3段階まで強化できるようになった。操作面では『黙示録』同様、Rボタンが重要で、押すとプレイキャラの後方からの視点にカメラが移動する。

ゲーム開始時に全部で4つのプレイキャラ・シナリオルートから選択してスタートする。本作の主人公「コーネル編」と目的の違うサブゲーム的な「ヘンリー編」、そして最初は選択できないが条件を満たすことでプレイ可能になる前作『黙示録』と同じような内容の2人の主人公「ラインハルト編」と「キャリー編」(これは本作で新たにされたステージ・演出などで改良された「ディレクターズカット版」であり、『黙示録』と全く同じものが本作に移植されているわけではない)がある。

コーネル編は、本作のメインシナリオであり、『黙示録』と同じ場所の8年前の1844年を舞台として、ドラキュラ復活の謎が明かされる。連れ去られた妹のエイダを救出するため、人狼(ワーウルフ)のコーネルがドラキュラの城へと向かう。コーネルの基本攻撃は自身の体術で、腕を振り真空波を出して攻撃する。近接攻撃は爪での切り裂き。他の3人にはない人狼に獣化できる特殊能力があり、ジュエルがなくなるまで獣化変身中は戦闘力が大幅に上がる。サブウェポンは4人全員共通して短剣、斧、聖水、クロス。なお、コーネルは元々『黙示録』にてラインハルト、キャリー、人造人間のコーラーとともに4人の主人公の1人として登場する予定だったが、開発途中でコーラーとともに没になっていたキャラクターであり、本作の主人公として新たに起用され世に出ることとなった(黙示録時の設定とは少し変わっている)。

ヘンリー編は、『黙示録』と同一時間軸での物語であり、ドラキュラの城へ連れ去られた子供たちを救出するために東方正教会より派遣された兵士ヘンリーが、7日以内にゲーム中盤までの6つのステージに隠れている6人の子供たちを探し出して救出することが目的で、後半ステージに進んでドラキュラと戦うことはない。7日過ぎるとラインハルトかキャリーによってドラキュラが倒されて悪魔城の崩壊が始まり、ヘンリーも城から脱出して子供達の捜索も打ち切りとなる。ヘンリーの基本武器は遠距離用の銃(リボルバー式)で、6発撃つとリロードの動作をする。近接武器はラインハルトと同じダガー。ヘンリー編ではステージ間の行き来がある程度可能になっており、子供を捜すという目的もあって探索要素が強くなっている。子供たちにはそれぞれ固有の救出特典があり、見つけ出して助けると本作の隠し要素が利用可能になる。なお、ヘンリー、ラインハルト、キャリーは同じ時同じ場所での物語であるが、ゲーム中で互いに出会う場面はない。

ラインハルト編とキャリー編は、前述の通り『黙示録』のディレクターズカット版である。シナリオ的にはとくに変わっていないものの、ゲーム的には2人の服装やグラフィックのデザインが変わっていたり、ステージや敵が本作用にアレンジされたものだったり、ラインハルトの鞭のパワーアップが2段階目で鎖の鞭・3段階目で光の鞭になったりと改良されているが、一方でイベントシーンでのドラキュラやゲームスタート時のラインハルトとキャリーのセリフ音声が無くなっているなど、様々な細かい変更点がある。

メモリー拡張パック(旧名・ハイレゾパック)に対応しており、メモリー拡張パックをNINTENDO64本体に差し込んだ状態では、ゲーム開始時にハイレゾ(ハイレゾリューション = 高解像度)モードにするかノーマルのままか選択できる。ハイレゾモードを選択するとノーマルよりクリアで鮮明な高画質になるが、フレームレートは低下し動きがカクカクしてしまってプレイしづらくなるという欠点もある。

キャラクター[編集]

コーネル
太古の呪術により、猛獣を凌駕する力と限りなく不死に近い肉体を手にした獣人族の戦士の青年。遠い昔、獣人族は人間との共存を選びその強大な獣人の力を自ら封印したが、コーネルは厳しい修行により封印された人狼の力を解放する術を修得した。天才的な格闘術の使い手で、切れ味鋭い技を操り「蒼き三日月」の異名を持つ。
ヘンリー
悪魔城に連れ去られた子供達を救出するため、東方正教会から派遣されて来た若き兵士。
エイダ
コーネルの妹で、明るく活発な少女。ドラキュラの完全復活の儀式に捧げられる生け贄として、悪魔城へ連れ去られた。
オルテガ
幼い頃からコーネルとともに格闘術の修行に励んできた獣人族の戦士。
ラインハルト・シュナイダー
前作『黙示録』の主人公の1人。ベルモンド家の流れをくむバンパイアキラー。
キャリー・ヴェルナンデス
前作『黙示録』の主人公の1人。かつてベルモンド家の戦士とともに戦ったとされるヴェルナンデスの末裔の少女。
ドラキュラ伯爵
聖なる封印により100年の眠りについていた魔王。しもべである死神、魔女アクトリーセ、吸血鬼ジルドレ達が行なった復活の儀式で目覚める。より完全で強力な力と新しい肉体を得るため、強大な魔力を手に入れて「転生の禁呪術」を目論む。

主なスタッフ[編集]

  • エグゼクティブプロデューサー: 梅崎重治
  • プロデューサー: 蛭子悦延
  • ディレクター: 柴田裕治
  • プランナー: 柴田裕治、薬師寺健雄、八木康一、森澤友裕、柴田洋
  • ライター: 薬師寺健雄、八木康一
  • プランニングサポート: 山田和弘、原田憲一、本村健
  • システムプログラマー: 柴田洋
  • チーフデザイナー: 森澤友裕
  • イラストレーター: 二宮和彦、若山愛
  • サウンドディレクター: 冨田朋也
  • ミュージックコンポーザー: 木村雅彦
  • 声優: ジョン・健・ヌッツォ(コーネル)、TAKASHI BRATCHER(少年のヘンリー)、ジャスミン・アレン(ナレーション)

外部リンク[編集]