岡崎京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡崎 京子
生誕 1963年12月13日(50歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年 -
受賞 2003年文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞
2004年第8回手塚治虫文化賞・マンガ大賞
(以上『ヘルタースケルター』)
テンプレートを表示

岡崎 京子(おかざき きょうこ、1963年12月13日 - )は、日本漫画家

人物[編集]

東京都世田谷区出身。跡見学園女子大学短期大学部生活芸術学科卒業。

1980年代から1990年代にかけて、サブカル誌、漫画誌、ファッション誌などに多くの漫画作品を発表、時代を代表する漫画家として知られることとなった[1]。(新しいタイプの女性漫画家として内田春菊桜沢エリカ原律子ととも一般誌で紹介される。)岡崎の作品では、映画、小説、音楽、現代思想書などからの引用が多用され[2]、また同時に、岡崎の漫画表現を考察する本や雑誌も多数出版されている[1]

1996年平成8年)5月交通事故に遭遇し、重い後遺障害が残った[3]。それ以降は事実上の休業状態が続いている(後述)。

2003年平成15年)後半頃より過去作が次々復刊されている。

経歴[編集]

下北沢の理髪店の娘として生まれる。

高校時代から橘川幸夫編集の投稿雑誌『ポンプ』等にさかんにイラストや漫画を投稿。妹ともに表紙を飾ったこともある。他、ミニコミ「リサイクル・サークル」内にイラストを提供。モチーフの多くははNew Age Steppersなどニューウェイブバンドであった。この頃、音楽家集団京浜兄弟社加藤賢崇常盤響岸野雄一らと交流。跡見学園女子大学短期大学部在学中、友人の同人誌への投稿作品が、メジャー同人誌『東京おとな倶楽部』に転載されたものが、雑誌 『漫画ブリッコ』編集者であった大塚英志に評価され、 1983年昭和58年)、『漫画ブリッコ』(白夜書房)にてデビューした[4][5]

岡崎の作品 『ヘルタースケルター』は、2003年平成15年)度文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞、2004年平成16年)第8回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した[6]

岡崎のアシスタントを務めていたことがある漫画家には、安野モヨコよしもとよしとも、マユタン[7]千里唱子坂本大三郎[4]らがいる。また後のアートライター工藤キキもアシスタントだったことがある[4]

事故による休業[編集]

結婚後の1996年平成8年)5月、自宅付近で夫とともに自動車轢き逃げに遭った[3]。事故直後は自力で呼吸できないほどの重態であり、意識障害も続いて、漫画家活動の休止と療養を余儀なくされた[8]

1998年平成10年)には角川書店が岡崎の家族の承諾を得て、『UNTITLED』を刊行したが、そのタイトルは編集部と家族の話し合いによって決定されたものである[3]

事故から14年を経た2010年平成22年)5月、かねてからファンであり親交のあった小沢健二の音楽ライブに車椅子姿で訪れるなど[9]、病状は一進一退ではあるものの長期的に見れば一定の回復をしているとも言える状態にある。

2012年1月、『へルタースケルター』の映画化に際して、事故後初の岡崎本人によるコメントが発表された[10]

単行本リスト[編集]

漫画[編集]

バージン

1985年(昭和60年)までに発表された短篇を収録した短篇集。


ボーイフレンド is ベター

1985年(昭和60年)から1986年(昭和61年)の間に発表された短篇13篇を収録した短篇集。



TAKE IT EASY

『TAKE IT EASY』は『コミックバーガー1986年昭和61年)11月号から1987年(昭和62年)3月号までの連載が初出。他に短篇数篇を収録。


ジオラマボーイ・パノラマガール

ジオラマボーイ・パノラマガール』は平凡パンチ1988年昭和63年)3月10日号から1988年(昭和63年)11月10日号までの連載が初出。


pink

pink』はNewパンチザウルス1989年平成元年)2月23日号から1989年(平成元年)7月4日号までの連載が初出。


くちびるから散弾銃

くちびるから散弾銃』はMe twin1987年昭和62年)2月号から1990年平成2年)5月号までの連載が初出。



ROCK

『ROCK』は月刊CUTiE1989年(昭和64年)1月号から1990年(平成2年)9月号までの連載が初出。



危険な二人

『危険な二人』はヤングロゼ1991年平成3年)5月号から1992年(平成4年)5月号までの連載が初出。

  • 角川書店,1992年(平成4年),(YOUNG ROSÉ COMICS DELUXE),ISBN 4-04-852359-7
  • 角川書店,2004年(平成16年),(単行本コミックス),ISBN 4-04-853704-0



マジック・ポイント

マジック・ポイント』はFEEL YOUNG1993年平成5年)4月号から1993年(平成5年)9月号までの連載が初出。


リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジ』は月刊CUTiE1993年平成5年)3月号から1994年(平成6年)5月号までの連載が初出。


エンド・オブ・ザ・ワールド

1992年平成4年)から1994年(平成6年)の間に発表された短篇5篇を収録した短篇集。


私は貴兄のオモチャなの

私は貴兄のオモチャなの』はFEEL YOUNG掲載作の短編集。表紙の題名は『I wanna be your dog』。


ヘテロセクシャル

1993年平成5年)から1994年(平成6年)の間に発表された短篇4篇を収録した短篇集。

  • 角川書店,1995年(平成7年),(YOUNG ROSÉ COMICS DELUXE),ISBN 4-04-852503-4
  • 角川書店,2004年(平成16年),(単行本コミックス),ISBN 4-04-853707-5


チワワちゃん

1994年平成6年)から1995年(平成7年)の間に発表された短篇5篇及び書き下ろし2篇の短篇集。

  • 角川書店,1996年(平成8年),(YOUNG ROSÉ COMICS DELUXE),ISBN 4-04-852687-1
  • 角川書店,2004年(平成16年),(単行本コミックス),ISBN 4-04-853689-3



ヘルタースケルター

ヘルタースケルター』はFEEL YOUNG1995年平成7年)7月号から1996年(平成8年)4月号までの連載が初出。


うたかたの日

うたかたの日々』は月刊CUTiE1994年平成6年)8月号から1995年(平成7年)7月号までの連載が初出。


  • 『恋とはどういうものかしら?』2003年、マガジンハウス〈Mag comics〉、ISBN 4-8387-1398-3
    • 短編集
  • 『女のケモノ道』文藝春秋、2005年、ISBN 4-16-366780-6『CREA』連載
  • 『秋の日は釣瓶落とし』双葉社〈アクションコミックス〉、2006年、ISBN 4575940453、短編集


東方見聞録:市中恋愛観察学講座

『東方見聞録:市中恋愛観察学講座』はヤングサンデー1987年昭和62年)4月10日号(1巻1号通巻261号)から1987年(昭和62年)10月24日号(1巻14号通巻274号)までの連載が初出。


  • 『岡崎京子未刊作品集 森』2011年、祥伝社〈フィールコミックス〉、ISBN 978-4396765293

文芸[編集]

イラストレーション[編集]

関連書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 岡崎京子『UNTITLED』角川書店〈Asuka comics deluxe〉、1998年、ISBN 4-04-852938-2

脚注[編集]

  1. ^ a b 2003年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞 ヘルタースケルター作者プロフィール”. 2011年7月30日閲覧。
  2. ^ 総特集岡崎京子』岡崎京子による引用・言及事例集
  3. ^ a b c UNTITLED』あとがき
  4. ^ a b c 『岡崎京子の研究』
  5. ^ 『岡崎京子の仕事集』
  6. ^ 水戸美術館. “『ライフ』展出品予定作家プロフィール”. 2011年7月30日閲覧。
  7. ^ ミュージシャン声優、元イカ天バンド「マサ子さん」ボーカル
  8. ^ ファンサイト『i-Okazaki』事故とその後の経過”. 2012年11月11日閲覧。
  9. ^ 小沢健二のライブに車椅子の岡崎京子が……。”. 芸能エンタンテ (2010年5月25日). 2011年7月30日閲覧。
    小沢健二のライブについて”. 山崎洋一郎の「日々ロック通信」 (2010年5月25日). 2011年7月30日閲覧。
  10. ^ 岡崎京子がヘルタースケルター映画化に事故後初コメント”. ナタリー (2012年1月11日). 2012年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]

友人による近況報告