地球テレビ エル・ムンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球テレビ エル・ムンド

エル・ムンド
ジャンル 情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 アンドレア・ポンピリオ
音声 ステレオ放送
外部リンク エル・ムンド
地球テレビ エル・ムンド
放送時間 毎週月曜 - 金曜23:00~23:50(2011年度)
毎週月曜 - 木曜23:00~23:50(2012年度)
放送期間 2011年4月1日 - 2013年3月18日
エル・ムンド
放送時間 毎週日曜21:00~21:50(2013年度)
放送期間 2013年4月14日~2014年3月2日
テンプレートを表示

エル・ムンドNHK BS1で2013年4月から2014年3月まで放送されていた教養情報番組である。本項では、2011年4月1日から2013年3月まで放送していた本番組の前身・地球テレビ エル・ムンド(ちきゅう・テレビ・エル・ムンド)についても扱う。

概要[編集]

近年、日本の企業においても世界的な視野での経営を進める企業が増えつつある中、その世界を相手に生きるビジネスマンがリラックスして世界のトレンドや文化に触れてもらえるような内容の情報・教養番組である。2011年4月1日から放送拡充をした国際ニュース番組「ワールドWave」からのスピンオフ(派生)作品である。エル・ムンドとは、スペイン語で「世界」の意味。

初年度となる2011年度の放送時間は、祝日・大型連休(ゴールデンウィークお盆年末年始)を除く平日(月曜から金曜)23時から23時50分の生放送(NHKワールド・プレミアムでも火曜から土曜の3時から3時50分にBS1での放送から4時間遅れでの時差放送)で、毎回海外在住の日本人へのインタビューや世界各国の風土、歴史、文化、トレンドの最新情報などを提供する。この普段の放送以外に、しばしばスペシャル版が編成・放送されることもあり、例えば2011年度には「正月スペシャル」版、あるいは年度末となる2012年3月末には、各曜日の1年間の放送を振り返る「ベスト・セレクション」が曜日ごとに放送された。

2年目の2012年度からは、レギュラーメンバーの交代および曜日の移動があったほか、放送日が毎週月曜から木曜に変更された(金曜が休止)。帯放送は2013年3月18日で終了となり、同4月7日からは毎週1回・日曜21時台の新番組「エル・ムンド」(詳細後述)として再スタートした。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

曜日レギュラー[編集]

※毎日日替わりで2-3名程度のレギュラーメンバーが加わってポンピリオと共に番組に携わるスタイルとなっている。

2011年度[編集]

2012年度[編集]

2013年度[編集]

  • 日曜日:マギー、山田五郎

ナレーション[編集]

バーテンダー[編集]

※エル・ムンドでは、毎回番組の中盤にバーテンダーが登場し、その日ごとにテーマを決めてアルコール(多くはカクテル、日によってはワイン日本酒がチョイスされることもある)を振る舞う。ただし、アルコールが振る舞われる場合でも、未成年者のマギーや下戸のシャンティには、ノンアルコールの飲み物(例えばカクテルの場合であればノンアルコール版)が用意されることがある。ただし現在では、2011年度より引き続き出演しているマギーが成人になり、アルコールを飲めるようになったため、このような措置は恒常的には見られなくなった。

主な出来事[編集]

2011年[編集]

  • 12月
    • 19日から22日まで:ウィンタースペシャルとして、「生活体験部 ネパール編」「エル・ムンド自転車探検部 スリランカの旅、スロバキアの旅」「COOK IT RAW in 石川 ~世界のトップシェフが大地に挑んだ4日間~」が編集の形で放送された。
    • 23日:全曜日のレギュラー出演者の総出演に加え、これまで出演した一部のトークゲストも加わった「エル・ムンド Chrismas Special 2011」が100分拡大版として生放送で放送された。またRENAがスタジオではなく東日本大震災の被災地となった福島県南相馬市から、リマが母国であるブラジルから映像生中継による出演となった。

2012年[編集]

  • 3月
    • 12日から15日まで:「シリーズ震災からの復興」と題し、日替わりで東日本大震災にまつわるゲストが出演した。またその為か、番組冒頭の曜日レギュラーによる挨拶も、通常の「Stay with us and enjoy」ではなく「Stay with us」のみで、生演奏によるBGMも無かった。
    • 16日、及び19日から22日まで:傑作選として、一年間を振り返るダイジェストが放送された。この為、生放送ではなく収録されたものだった。またこの放送をもって、マギー以外の一年目の曜日レギュラーが卒業をするか、続投者は曜日移動した。また3月16日放送をもって金曜日は終了となった。
  • 6月
    • 22日:この日は金曜日のため通常は休みだが、BS1スペシャル「ロンドン五輪を1000倍楽しもう」として、本番組のセットをそのまま使用し、ポンピリオと水曜レギュラーのマギーがMCに、木曜レギュラーの山田及び木曜バーテンダーの島田に加え、土田晃之等も出演した。(本番組の予告・内容紹介も当番組のホームページ上で行われ、放送スタイルもほぼ本番組と同様となった。途中BSニュースワールドWaveトゥナイトを挟んで21時から合計130分放送。)
  • 11月
  • 12月
    • 12日から18日まで:通常は番組改編期に当たる3月に放送される総集編(ベストセレクション)が生放送ではなく収録・編集の形で放送された。
    • 20日火曜日であるこの日は夏に放送された「生活体験部 笑顔の国 ツバル 完全版」の再放送となった。また前日月曜日の放送が無かった。
    • 24日25日月曜日火曜日に当たるこの二日間は、24日が水曜日レギュラーの成澤由浩による「成澤由浩のイタリア スローフード紀行」が、25日には9月10日から14日まで通常のレギュラー放送内で特集された講談師神田山陽による「自転車探検部インドネシア編」の総集編が、それぞれ編集の形で放送された。
    • 26日27日:「エルムンドin OKINAWA」と題し、沖縄県宜野湾市ラグナガーデンホテルにおいて事前に公開収録されたものが二日間に渡りそれぞれ第一夜、第二夜として放送された。また27日を持って年内の放送が全て終わった。

2013年[編集]

  • 1月
    • 3日、及び7日から10日まで:年始の為、これまで通常オンエア内で放送された特集やコーナーを編集した傑作選が放送された。尚、2013年度の通常放送は、翌週の月曜日が成人の日で各番組が休日編成となった為、火曜日15日からとなった。
    • 21日:放送途中でアルジェリア人質拘束事件のニュースが入りそのまま中止。その後、土曜日の26日に改めて放送された。
  • 2月
    • 12日から14日まで:「ニューヨークスペシャル」と題し、火曜日の初日はグランド・セントラル駅から生中継、続く2日間は現地でロケを行った映像を編集の上、放送された。また普段は番組内のコーナー「EL MUNDO REPORT」において現地から中継レポートを行っているはな・バーンズが、ポンピリオのパートナーとして司会進行を勤めた。
  • 3月
    • 11日から14日まで:視聴者からのリクエストをもとに構成された総集編となり、初日から順に「震災と向き合った人々」「世界一周”食”の旅」「エンタメA to Z」「アートとファッション」と、各曜日ごとにテーマが決められ、それぞれにまつわる過去の名場面が紹介される。
    • 18日:この日の放送を持って平日夜の放送が全て終了となった。また新番組名(「地球テレビ」が無くなる)と番組ロゴの変更、そして司会のポンピリオ他、これまで水曜日レギュラーだったマギーと木曜日レギュラーだった山田五郎が4月より引き続きレギュラーとして出演する事が発表された。
  • 6月
    • 8日・9日:「エル・ムンドin北海道」として2夜連続放送。土曜(“外国人が作り上げた町”ニセコ)は8日19時から50分、日曜(食の宝庫、北海道!)は通常時間帯で放送。
  • 8月
    • 11日:「エル・ムンド NYスペシャル」として、MCのポンピリオはニューヨークのセントラルパークからの出演(山田・マギーは休み)。「EL MUNDO REPORT」で出演していたはな・バーンズもアシスタントとして参加。バーテンダーは地元ニューヨークの女性バーテンダーを起用。Part1は「ニューヨーカー流!夏の楽しみかた」として21時から、途中BSニュースを挟み、22時からは「市民の市民による公園」を放送。
  • 10月
    • 14日:2012年度まで本番組の一コーナーだった「自転車探検部」が「世界自転車探検部」として独立。14日22:00 - 22:49にトルコ編が放送された。出演は神田山陽。ナレーションは本番組同様TARAKOが務めた。
  • 11月
    • 4日:11月3日は日本シリーズ第7戦放送のため休止。その代わりに、4日(月曜)22時からレギュラー版を放送。
  • 12月
    • 21日:「エルムンド・ロンドンスペシャル~進化する紳士淑女の街~」としてスタジオを飛び出してロンドンからの放送(NYスペシャルとは異なり、山田・マギーも出演)。これが年内最後の放送となった。途中でBSニュースを挟みつつ1時間49分の拡大放送。バーテンダーは、NYの時同様地元ロンドンのバーテンダーを起用。

2014年[編集]

  • 2月
  • 3月
    • 2日:この日をもって「地球テレビ エル・ムンド」時代から三年間にわたって放送してきた番組が終了。番組を20時からの99分最終回拡大スペシャル「ラストメッセージ 未来のカタチ~本当の豊かさとは~」とし、尚かつ生放送で放送された。20時台が「コスタリカとスイス ~人々の自然とのかかわり方~」、途中BSニュースを挟み21時台が「建築と家族から見つめる未来の暮らし」。バーテンダーは2013年度を担当した富田・島田の両名が出演。

外部リンク[編集]

NHK BS1 月曜 - 金曜23時枠
前番組 番組名 次番組
地球テレビ エル・ムンド
NHK BS1 日曜21時枠
前番組 番組名 次番組
単発枠・スポーツ中継など
エル・ムンド