全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ(ぜんにほんちゅうがくやきゅうせんしゅけんたいかい)は、硬式野球の中学年代クラブチーム日本一を争う全国大会として毎年8月に開催されているトーナメントである。

概要[編集]

1994年読売ジャイアンツ60周年事業の一環として、「ジャイアンツカップ全国少年野球大会」の名称で開始された。当初は小学生部門・中学生部門の2部門で開催されたが、2005年の第12回大会より中学部門のみとなった。

中学年代の硬式野球においては、他の競技のように統括団体が存在せず、複数の団体が独自の活動を行っている。本大会は主要7リーグがすべて参加する唯一の大会であり、事実上この年代の硬式野球クラブチーム日本一決定戦となっていた。2007年からは日本野球連盟の公認を受け「全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」と改称し、それまでの交流大会から、正式な全日本選手権に格上げとなった。

将来的には、この大会からU-15世代の日本代表チームを編成し、国際野球連盟(IBAF)の大会に参加することを目指している。なお現在IBAFのAA世界野球選手権にチームを送り込んでいるのはリトルシニアの選抜チームである。

歴史[編集]

1994年に開始。第1回はリトル(小学生年代)・シニア(中学生年代)、ボーイズポニーのみの参加だったが、開催を追うごとに参加団体は増加。

2005年第12回大会からは中学生部門のみとなるとともに、全国主要7リーグ(シニア、ボーイズ、ポニー、ヤングサンフレッシュジャパン)すべてが参加することとなった。

2007年、日本野球連盟が公認する正式な全日本選手権となる。

大会概要[編集]

以下は2009年度・全国中学生大会第3回大会のもの。

試合規定[編集]

今大会は原則として当該年度の公認野球規則、および大会特別規定を適用して開催する。

  • 各チームは原則としてその会場の前の試合の4回終了時(但し4回時点でのコールドゲームが成立した場合は試合終了後。第1試合については試合開始40分前)までに所定のメンバー表を競技委員会に提出して審判員立会いの下で先攻・後攻を決める。また投手の投球回数申告用紙(各投手それぞれに前の試合までの投球回数を記入すること)も提出する。
  • 試合は原則として7回イニングス制とし、4回終了時点を持って成立(コールドゲーム)とする。また試合成立後、雨天などやむをえない事情で試合を中止する場合のコールドゲームとなった場合は、両チームが攻撃の完了した均等回までの成績を対象とする。
  • コールドゲーム宣告の時点での引き分けの場合、打ち切り時点におけるメンバー9人ずつによる抽選で次の試合に進出するチームを決める。
  • また4回を満たさずに試合が中止となった場合はサスペンデッドゲームとして、後日大会本部が指定した会場・日時で続きを行う。
  • 得点差によるコールドは4回以後終了時点で10点差以上ついた場合に適用する(決勝戦は対象外)。
  • また7回を終了した時点で同点になった場合は延長戦とするが、延長10回、もしくは10回を満たさなくても試合開始から2時間以上を経過した場合にはタイブレーク方式により延長を再開する。(決勝戦に限り延長戦は試合開始2時間20分を経過した段階で打ち切り。同点の場合は引き分けで双方優勝扱い)
    • タイブレークは延長11回(もしくは10回を満たさずに2時間以上を経過した場合はその次のイニング)から、1アウト満塁の状態で再開する。この場合、前のイニングの打撃を完了した選手の次の打順の選手が最初の打者となり、走者は1塁から順に前のイニングの最後から数えて3人の打者が勤める。(怪我などその他の理由での代打と代走は認める)
    • 投手のノーヒットノーランは認めるが、完全試合は認めない。またタイブレークにより出塁した3人の選手は自責点扱いしない。
    • 打者はタイブレークにより出塁した3人の選手は出塁の記録は認めないが、盗塁(盗塁死を含む)、得点、残塁は記録する。
  • 投手は同じ日に7イニングス以上、また2日間連続(もしくはダブルヘッダーによる連投の場合も含め)10イニングス以上の投球は禁ずる。また0/3~2/3イニングの端数についてはそれぞれの試合ごとに切り上げて1回の扱いとする。
  • 打者(次の打者も)・走者は危険防止のため必ず両耳に安全ガードを付けたヘルメットを装着すること。保守も防護ヘルメットや所定の防具を装着すること。
  • 怪我などの理由により一時的に出場できない選手に対して「特別代走」を認める。この場合、その打者の最も近い打撃を終えた投手以外の選手を対象とする。
  • 監督・コーチは1試合につきマウンドへいけるのは2回まで。(投手交代の場合は回数に数えない)3度以上マウンドに行ったら、その時点の投手は自動的に交代しなければいけない。また延長戦になった場合はそれ以前の回数に関係なく、3イニングスごとに1回だけ投手のところへいくことは認める。

歴代優勝チーム[編集]

交流大会・中学生の部[編集]

  • 1994年度 調布リトルシニア(東京都)
  • 1995年度 中本牧リトルシニア(神奈川県)
  • 1996年度 兵庫尼崎(ボーイズ)(兵庫県)
  • 1997年度 大東畷(大阪府)
  • 1998年度 京都田辺ボーイズ(京都府)
  • 1999年度 瀬谷リトルシニア(神奈川県)
  • 2000年度 横浜泉中央ボーイズ(神奈川県)
  • 2001年度 浜松リトルシニア(静岡県)
  • 2002年度 オール枚方ボーイズ(大阪府)
  • 2003年度 緑中央リトルシニア(神奈川県)
  • 2004年度 武蔵府中リトルシニア(東京都)
  • 2005年度 松本南リトルシニア(長野県)
  • 2006年度 佐倉リトルシニア(千葉県)

全日本中学野球選手権大会[編集]

年度 優勝チーム 準優勝チーム
2007年 ジュニアホークスボーイズ(大阪府) 湘南クラブボーイズ(神奈川県)
2008年 オール枚方ボーイズ(大阪府) 和歌山北ボーイズ(和歌山県)
2009年 世田谷西リトルシニア(東京都) 和歌山リトルシニア(和歌山県)
2010年 オール枚方ボーイズ(大阪府) 湘南クラブボーイズ(神奈川県)
2011年 飯塚ライジングスターボーイズ(福岡県) ヤングボーイ須磨倶楽部(兵庫県)
2012年 湘南クラブボーイズ(神奈川県) 東京神宮リトルシニア(東京都)

プロ指名された参加選手[編集]

年度 選手 指名球団(指名順位) 出身チーム 出場年
2010年 一二三慎太 阪神(2巡) ジュニアホークスボーイズ 2007年
2009年 甲斐拓哉 オリックス(1巡) 松本南リトルシニア 2005年
近田怜王 ソフトバンク(3巡) 三田リトルシニア 2005年
柳川洋平 ソフトバンク(育成枠) 横浜泉中央ボーイズ 2004年
加藤聡 中日(育成枠) 大阪泉北ボーイズ 2001年
2008年 加治前竜一 巨人(4巡) 橿原コンドルボーイズ 2000年
山本斉 ヤクルト(3巡) ジュニアホークスボーイズ 2004年
籾山幸徳 巨人(育成枠) 八尾フレンドボーイズ 1997年
杉本昌都 横浜(育成枠) 兵庫播磨リトルシニア 2004年
2007年 大嶺祐太 ロッテ(1巡) 八重山ポニーズ 2003年
北篤 横浜(1巡) 小松加賀リトルシニア 2003年
吉川光夫 日本ハム(1巡) 福岡ニュースターズボーイズ 1998年
福田永将 中日(3巡) 緑中央リトルシニア 2003年
金刃憲人 巨人(希望) 兵庫尼崎ボーイズ 1996年
今浪隆博 日本ハム(7巡) 小倉バディーズボーイズ 1999年
2006年 梅田浩 巨人(8巡) 松山プリンスボーイズ 1998年
小斉祐輔 ソフトバンク(育成) 河南リトルシニア 1998年
中谷翼 広島(育成) オール枚方ボーイズ 1999年
2005年 定岡卓摩 ソフトバンク(7巡) 福岡ボーイズ 1998年
金城宰之左 広島(7巡) 宜野湾ポニーズ 2001年
小山良男 中日(8巡) 中本牧リトルシニア 1995年
辻本賢人 阪神(8巡) 兵庫尼崎ボーイズ 2000年
2004年 内海哲也 巨人(自由) 京都田辺ボーイズ 1997年
黒瀬春樹 西武(2巡) 岐阜ビクトリーボーイズ 2000年
庄田隆弘 阪神(6巡) 橿原コンドルボーイズ 1994年
2003年 泉正義 ヤクルト(4位) 瀬谷リトルシニア 1999年
大西宏明 近鉄(7位) 堺ビッグボーイズ 1995年
池田剛基 日本ハム(7位) 札幌新琴似リトルシニア 1999年
2002年 今江敏晃 ロッテ(1位) 京都田辺ボーイズ 1997・1998年
近藤一樹 近鉄(7位) 相模原ホワイトイーグルス 1998
2001年 長崎伸一 ロッテ(3位) 橿原コンドルボーイズ 1994年
2000年 河内貴哉 広島(1位) 杉並リトルシニア 1996年
福沢卓宏 中日(2位) 兵庫尼崎ボーイズ 1996年
米野智人 ヤクルト(3位) 札幌新琴似リトルシニア 1995・1996年
岡本浩二 阪神(3位) 豊田リトル 1994年
苫米地鉄人 広島(6位) 調布リトルシニア 1995・1996年
1999年 東出輝裕 広島(1位) 鯖江ボーイズ 1994年
小池正晃 横浜(6位) 中本牧リトルシニア 1995年
矢口哲朗 中日(6位) 川越全クラブボーイズ 1995年
1998年 五十嵐亮太 ヤクルト(2位) 千葉北リトルシニア 1994年
笹川隆 ダイエー(6位) 新宿ヴァリアンツボーイズ 1995年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]