読売ジャイアンツ球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
読売ジャイアンツ球場
Yomiuri Giants Baseball Stadium
Giants-Stadium.jpg
施設データ
所在地 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷4-1-1(よみうりランド内)
座標 北緯35度37分47.26秒 東経139度31分9.75秒 / 北緯35.6297944度 東経139.5193750度 / 35.6297944; 139.5193750座標: 北緯35度37分47.26秒 東経139度31分9.75秒 / 北緯35.6297944度 東経139.5193750度 / 35.6297944; 139.5193750
開場 1985年10月4日
管理・運用者 読売巨人軍
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 6基
使用チーム • 開催試合
読売ジャイアンツ(練習場、また二軍本拠地としてイースタン・リーグ公式戦を開催)
収容能力
4,000人
グラウンドデータ
球場規模 面積:-m²
両翼:97.6 m
中堅:121.9 m

読売ジャイアンツ球場(よみうりジャイアンツきゅうじょう)は、神奈川県川崎市多摩区よみうりランド内にある野球場プロ野球読売ジャイアンツ(巨人)の練習場で、二軍イースタン・リーグ)の本拠地にもなっている。通称は「ランド」で、主に選手など関係者の間で用いられている。

歴史[編集]

開場まで[編集]

巨人はそれまで、練習やファーム公式戦については東京都大田区多摩川左岸河川敷にあった「巨人軍多摩川グラウンド」を使用していた。しかし多摩川グラウンドは立地上、雨天時の使用が困難であるなど、次第に施設の不備が指摘されるようになった。さらに土地は国有地(管理者は当時の建設省、現国土交通省)であり、施設拡充は非常に困難な状況となっていた。

そこで球団はより充実した練習環境を整えるべく、東京都と神奈川県の都県境付近に位置する「よみうりランド」内にある「よみうりランド会館」(スキージャンプ競技施設「読売シャンツェ」跡)横の敷地内に球団施設を移転することを決定。整備が進められ、屋内練習場が1984年に、球場は翌1985年秋にそれぞれ完成。翌1986年から、イースタン・リーグ公式戦の巨人主催試合は主にこのジャイアンツ球場で開催されるようになった。その後は合宿所も設けられた。

開場後[編集]

開場当初は観覧設備が不十分でファンから不評だったが、近年になって球場設備の改善が行われており、2001年から2002年にかけてブルペンの増設、観客席の改築などを行い、2003年には磁気反転式スコアボードを設置。2005年にはネット裏スタンドが整備され、現在は約4,000人の観客を収容することが可能となっている。

巨人がこうしてファーム育成施設を充実させたことが先鞭を付け、他球団も追随してそれまでプロ野球界ではあまり重要視されていなかった育成施設への設備投資を積極的に行うようになった。その充実した環境は、かつては「他球団の一軍よりも素晴らしい」と言われ、個人使用で野茂英雄が練習に使ったというエピソードもある。反面、その充実した環境が「ハングリー精神を萎えさせる」という意味合いを込めつつ「多摩川グラウンドへ戻れ」という巨人OBも今尚少なくない。[要出典]2006年にはNHK教育テレビの番組「ピタゴラスイッチ」の「アルゴリズムたいそう」の撮影が行われ、巨人の4投手[1]が、お笑いコンビの「いつもここから」と共演した。

開場以来ナイター設備は備えていなかったが、2011年3月に完成した。これに伴い、2011年から一部の夏季平日開催で薄暮デーゲーム(16時開始)を数試合開催する。

施設概要[編集]

スコアボード
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • 両翼:97.6m、中堅:121.9m
  • スコアボード:磁気反転式(富士通フロンテック[2]、球速表示あり)
    • 2002年まではパネル式(得点表示のみ)
  • 収容人員:4,000人(球場表示。席数は3,683席)
  • 入場料は大人1,100円小人400円。ファンクラブ会員なら無料。また教育リーグ、社会人チームとの交流戦など非公式の試合については無料となっている。
  • 売店あり。応援グッズや軽食、ドリンクなどを購入することができる。自動販売機もある。
  • 昔は芝生席があったが、現在はバックネット裏と一塁側、三塁側全てベンチ席になっている。一部に芝生の部分は残っているが現在は非開放。
  • 丘陵地に立地していて一塁側後ろの崖上が出入口、レフト側フェンスの奥がすぐに崖になっている。
  • 日テレG+でも当球場の巨人2軍のイースタンリーグの試合を中継している関係からか、2011年度より外野フェンス・バックネット裏に企業広告を設置した。

交通[編集]

「巨人への道」石標(2009年12月)

最寄り駅は京王相模原線京王よみうりランド駅か、小田急小田原線読売ランド前駅

  • 京王よみうりランド駅より小田急バス[読01]系統 (7分)『よみうりランド』下車徒歩10分
  • 京王よみうりランド駅よりiバスよみうりランド丘の湯行き (2分)『巨人軍室内練習場』下車徒歩3分
  • 読売ランド駅より小田急バス[読01]系統 (10分)『よみうりランド』下車徒歩10分
  • 小田急小田原線新百合ヶ丘駅より小田急バス[新07]系統 (20分)『よみうりランド』下車徒歩10分

京王よみうりランド駅からは2009年に開通した「よみうりV通り」を通るか、「巨人への道」と名づけられている急峻な階段を10分程度登っていくか、駅前から出ているゴンドラ『スカイシャトル』を利用しなくてはならない(なお、スカイシャトルは球場には止まらずよみうりランドの入り口まで行くため、そこから10分程度歩く必要がある)。

球場併設の駐車場もあるが、試合のある日は早めに埋まることがある。料金は500円。よみうりランドの駐車場に駐める手法もあり、こちらは1000円。

脚注[編集]

  1. ^ 内海哲也木佐貫洋(現・日本ハム)・久保裕也林昌範(現・横浜DeNA)
  2. ^ 磁気反転式スコアボード 納入事例富士通フロンテック公式サイトより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]