ルーカス・オルドネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーカス・オルドネス[1] ( Lucas Ordóñez , 1985年5月1日 - ) は、スペイン出身のレーシングドライバー。 後述の「GTアカデミー」という企画からレーシングドライバーとしてデビューした異色の経歴を持つ。

経歴[編集]

オルドネスは幼少の時にレーシングカートを始めたが、資金的負担が厳しいことを理由に2001年を最後にモータースポーツの世界を離れ、学生としての生活を送っていた[2]

GTアカデミーへの参加[編集]

2008年5月、欧州日産ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパは、プレイステーション3のレースゲーム「グランツーリスモ5プロローグ」を使って「GTアカデミー」というプロジェクトを開始した。レースゲームプレイヤーの中から現実のレーサーとしての才能を持つ者を発掘することを目的とし、ヨーロッパ12カ国から約25,000人が参加したこの大会で、オルドネスはオンラインの予選(タイムアタック)を突破しスペイン代表の座を勝ち取った。その後各国の代表者が一堂に会したシルバーストンでの最終選考会で、オルドネスはドイツのタクシードライバー、ラルス・シュロンマーと共に勝者に輝いた[3]

レースデビュー[編集]

カートでの僅かなレース経験しかなく、ブランク期間も長いオルドネスは、その後4ヶ月間に渡って本格的なトレーニングを受けることになった。2009年1月、ドバイで開催された24時間耐久レースで本格的な実戦デビューを果たした。元F1ドライバーのジョニー・ハーバートら3人とチームを組んで出場したオルドネスは、フェアレディZを駆りクラス9位で完走を果たした[4][5]。同シーズンのT4ヨーロッパカップ (en:GT4 European Cup)でに、アレックス・バンカム (イギリス)と組み、フェアレディZでフル参戦することになった。シリーズデビュー戦となった開幕戦シルバーストンの第2レースで、オルドネスたちは3位表彰台に立つ活躍を見せた[6]。第5戦ゾルダーの第1レースで初優勝を果たす[7]。最終戦アルガルヴェの第2レースでも優勝を記録し、デビューシーズンにシリーズランキング2位に入る快挙を果たした[8]

レース戦績[編集]

ILMC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011 シグナテック ニッサン オレカ 03 LMP2 SEB
2
SPA
5
LEM
2
IMO
2
SIL
7
PET
3
ZHU
1

LMS[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 順位 ポイント
2011 シグナテック ニッサン オレカ 03 LMP2 CAS
SPA
5
IMO
2
SIL
7
EST
NC 0
2012 グレーヴス・モータースポーツ ザイテック Z11SN LMP2 CAS
4
DON
7
PET
8位 18

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 グレーヴス・モータースポーツ ザイテック Z11SN LMP2 SEB
SPA
LMN
9
SIL
5
SAO
BHR
FUJ
SHA
74位 1.5
2013 グレーヴス・モータースポーツ ザイテック Z11SN LMP2 SIL
SPA
LMN
3
SAO
COA
FUJ
SHA
BHR
12位 30

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2013 ニッサン グランツーリスモ チーム RJN 日産・GT-R NISMO GT3 Pro-Am NOG
QR

8
NOG
CR

3
ZOL
QR

7
ZOL
CR

Ret
ZAN
QR

5
ZAN
QR

2
SVK
QR

SVK
CR

NAV
QR

6
NAV
CR

5
BAK
QR

BAK
CR

9位 49

SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2013 NDDP RACING 日産・GT-R NISMO GT3 GT300 OKA
FUJ
SEP
SUG
SUZ
9
FUJ
AUT
MOT
25位 3
2014 NDDP RACING 日産・GT-R NISMO GT3 GT300 OKA
4
FSW
5
AUT
4
SUG
9
FSW
10
SUZ
19
BUR
1
TRM
8
4位 48

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ルーカス・オルドネス公式ウェブサイト