ラリサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリサ
ギリシャの旗
Λάρισα
Larisa, Greece - City with snow in winter 2.jpg
雪に覆われた市街、2006年
位置
ラリサの位置の位置図
ラリサの位置
座標 : 北緯39度38.5分 東経22度25分 / 北緯39.6417度 東経22.417度 / 39.6417; 22.417
行政
ギリシャの旗 ギリシャ
 地方 テッサリア
  ラリサ県
ラリサ
ギリシャの旗
Λάρισα
地理
面積  
  域 122km2
標高 67m
人口
人口 (2001年現在)
  域 126,076人
    人口密度   1,028人/km2
その他
等時帯 EETUTC+2
夏時間 EEST (UTC+3
公式ウェブサイト : [1]

ラリサ (Λάρισα, Lárisa, Larisa) またはラリッサ (Larissa) は、ギリシア中部の都市。テッサリア地方の中心都市であり、テッサリアの首府でラリサ県の県庁所在地。市街はピニオス川沿いに広がっている。

世界遺産のメテオラに近い。アテネ方面から列車でメテオラに向かう場合、ラリサ駅の手前約40kmのパレオファルサロスでカランバカ方面に乗り換える。

地理[編集]

テッサリア地方には、欧州自動車道路E75号線や、アテネテッサロニキを結ぶ鉄道が通っている。また、ラリサの地域は、ヨーロッパ各地への航路が結ばれている、中央ギリシャ国際空港が立地するネア・アンヒアロスに近い。

また、土星の衛星、ディオネの表面にある傷は「ラリサ・チャスマ」と呼ばれるが、これはラリサの町に由来する。

歴史[編集]

古代[編集]

旧石器時代には、人類がこの地域で生活していたという痕跡が発見されているが、先進地域の周辺部という位置づけであった。しかし、ラリサ周辺は肥沃な土地であり、農業に適した土地であり、また古代にはの産地として知られていた。やがて、ラリサの地域は他のギリシア地域との差は無くなってきた。

ラリサの名称は、古代ギリシャ語で「城塞」を意味し、旧石器時代には多くの町で一般的であった単語が、受け継がれたものである。ギリシア神話において、ニンフラリッサは原始人ペラスグスの娘だとされている。

また、ラリサは有名な古代の医者ヒポクラテスソフィストゴルギアスが死亡した土地だとも考えられている。

紀元前5世紀末に、他のテッサリア地方のポリスと貨幣を共有することが消滅すると、ラリサは独自の貨幣を鋳造するようになった。この貨幣の表面には、ラリサの名前のもとであるとされる、ニンフラリッサが描かれていた。これは当時有名であった、シラクサのニンフ、アレトゥサが描かれたキモンの貨幣に影響を受けたと思われている。また、裏面には、平原が広がるテッサリア地方のシンボルであるが、さまざまなポーズで描かれている。また、テッサリア人の祖先とされた英雄テッサロスの姿も、たいていは描かれていた。

また、ラリサは、クセノポンらやギリシア傭兵を率いてペルシアに向かい、紀元前401年に敗れた将軍の一人、メノンの出身地でもある。(クセノポン著『アナバシス』より。)アケメネス朝ペルシアの王ダレイオス2世の息子で、兄のアルタクセルクセス2世を倒し、ペルシアの王になることを企てた小キュロスを、メノンは助力しようとしたのであった。このメノンについては、プラトンの対話篇の中で叙述されている。そこでは、ソクラテスが正しい考えと科学の違いを、メノンを例に「ラリサへの道」として説明している。「ラリサへの道」とは、メノンが生きる道を信じて故郷のラリサを目指したように、それぞれ人間は、人生の中で真実を模索しながら、死という目的地へと生きている、と言ったのであった。

ヘレニズム・ローマ時代[編集]

テッサリア地方の町に寡頭政が圧倒的であった時代には、ラリサはパラスギオティス地域に名声がある、アレウアデ家によって支配されていた。紀元前369年になると、タグス(Tagus)と呼ばれるテッサリア地方のストラテゴが支配するようになった。ペロポネソス戦争が起こると、ラリサはアテナイ側に立って参戦した。

しだいにテッサリア地方の中心都市となっていったラリサは、紀元前344年にマケドニア王国ピリッポス2世によって併合された。紀元前196年には共和制ローマの同盟都市となり、テッサリア同盟の盟主となった。

中世から現代[編集]

ローマ帝国分裂後、ラリサは東ローマ帝国の統治領となり、5世紀まで司教座が置かれた。その後ブルガリア帝国セルビア王国に支配され、15世紀にはオスマン帝国の支配下にはいった。オスマン帝国時代のラリサは、ヤニナ州(ヴィライェト)にあるパシャが置かれた、トルコ語イェニシェヒリ・フェナル("Yenişehr-i Fenar"=「ギリシャの新しい町」)として知られた。その間には古代の街並みは徐々になくなった。

ギリシャ独立戦争の際にはアリ・パシャの本営がラリサに置かれ、また、アリ・パシャによって徴収されたスーダンからのアフリカ兵の残りが、ラリサの郊外に集落を作り、居住した。1881年には大量のトルコ人が、ラリサから移住した。19世紀のラリサは、主に皮革綿タバコなどの生産が有名であった。また、ラリサでは排水施設の不備や、川の氾濫によって熱病マラリアなどが流行したこともあり、死亡率が出生率を上回ることもあった。

1897年の希土戦争の際には、ラリサは王太子コンスタンティノスの本営が置かれ、4月25日にはトルコ軍が占領した。平和条約締結後は、ラリサはギリシャ領に留まった。

現在、ラリサで有名なのは、20世紀の初めまで使用されていた、モスクミナレットや、イスラム教徒の墓地である。

人口推移[編集]

市人口(人) 県人口(人)
1889 13,610 -
1907 18,001 95,066
1991 113,781 277,973
2001 126,076 279,305

観光[編集]

遺跡[編集]

古代の劇場


教育および研究機関[編集]

スポーツ[編集]

  • AEL 1964
  • アポロン・ラリッサFC
  • オリンピア・ラリッサBC
  • AEL 1964BC


著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sister City Directory” (英語). Sister Cities International. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]