セルビア王国 (中世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルビア王国
東ローマ帝国 1171年 - 1346年 セルビア帝国
セルビアの国旗
国旗
公用語 セルビア語
首都 スコピエ
国王
1171年 - 1196年 ステファン・ネマニャ(初代)
1196年 - 1228年 ステファン・ネマニッチ(第2代)
1331年 - 1346年 ステファン・ウロシュ4世ドゥシャン(第9代・初代皇帝)
変遷
成立 1171年
帝国となる 1346年
セルビア王国
Serb lands in the 10th century (en).png

セルビア王国(セルビアおうこく)は、現在のセルビアを中心とした中世王国

歴史[編集]

ネマニッチ朝の成立[編集]

スラヴ(ユーゴスラヴ)の一派であるセルビア人は7世紀初め頃にバルカン西部に南下し、9世紀後半には東ローマ帝国の影響下で正教会を受入れた。セルビア人は長くジューバと呼ばれる部族共同体に分立していたが、12世紀後半に東ローマ帝国の衰退に乗じてステファン・ネマニャ1168年に諸部族を統一してセルビア侯となる。その後、拡大した勢力を背景として1171年には国王として即位し、ネマニッチ朝を開いた。なお、始祖の名前は「ネマニャ」であるが、第二世代以降は指小語ićを付けて「ネマニッチ」(Nemanjić)とするので王朝の名前も「ネマニッチ朝」となる。第二代のステファン・ネマニッチ(ステファン初代戴冠王)は1217年ローマ教皇ホノリウス3世から王冠を授与されて「王国」としての地位を国際的に認めさせ、実質的なセルビア王国の建国者となった。

再興[編集]

ステファン・ネマニッチの死後、セルビアは内紛が続き発展の機会を逸したが、ステファン・ウロシュ2世ミルティンの時代(1282年-1321年)には安定を取り戻すと、東ローマ帝国や第二次ブルガリア帝国と対立、抗争を繰り広げつつ次第に領土を南に拡大していく。14世紀前半に登場した王ステファン・ウロシュ3世デチャンスキ1330年ヴェルブジュドの戦いに於いてブルガリアの大軍を寡兵で撃破し、ブルガリアに代わってバルカン半島の盟主の座に就いた。続いて登場した英主ステファン・ウロシュ4世ドゥシャンは東ローマ帝国の内乱に乗じてマケドニアテッサリアイピロス及びアルバニアを征服してセルビア王国の最大領土を築き、1346年にはマケドニアのスコピエに於いて「セルビア人とローマ人の皇帝」と称して東ローマ帝国の征服を企図した。1349年にはドゥシャン法典を発布して国家の基本法を完成させ、セルビア帝国の最盛期を築き上げたのである。しかし1355年、ドゥシャンは東ローマ帝国征服の遠征に乗り出した直後の陣中で、病のために急死してしまった。

ネマニッチ朝の断絶[編集]

ドゥシャンの死後、セルビア帝国は急速に衰退する。拡大した広大な帝国の各地で諸侯が自立していく中、ドゥシャンの息子ステファン・ウロシュ5世は単独で皇位を維持しきれず、ムルニャヴチェヴィチ家のヴカシンとの共同支配を余儀なくされる。ヴカシンはバルカン半島に上陸してきたオスマン帝国を迎え撃ったが1371年マリツァ河畔の会戦で敗死、同じ年にウロシュ5世も死去しネマニッチ朝はここに断絶した。その後、諸侯の群雄割拠の状況の中でラザル侯が最有力の君主として主導的立場を固めていく。

コソヴォの戦い[編集]

この頃、セルビアはオスマン帝国スルタンムラト1世の侵攻に悩まされていた。ラザルはセルビアの独立を守るため、1389年にムラト1世率いるオスマン軍とコソヴォで戦ったが大敗して捕虜となってしまう。その直後、ムラト1世がセルビア人貴族ミロシュ・オビリチ英語版によって暗殺されたため、その報復としてラザルも処刑されてしまった。

オスマン帝国への臣従[編集]

ラザルの死後、その息子ステファン・ラザレヴィチ(1389年 - 1427年)は父の後を継ぎ、「公」(東ローマの専制公称号を採用したが独立国家の主としては公となる)としてオスマン帝国に臣従し、実質的にその帝国の属国としての歴史を歩む事になった。ラザレヴィチ及びその甥に当たるジュラジ・ブランコヴィチ(1427年 - 1456年)はドナウ河畔のスメデレヴォを拠点とし、南のオスマン帝国、北のハンガリー王国との間で巧みな外交政策によって命脈を保った。ジュラジの死後は政変が相次ぎ、オスマン帝国はそれに乗ずる形でセルビアを徐々に併合していった。1459年6月、スメデレヴォはオスマン軍によって占領され、ここに中世のセルビア国家は滅びたのである。

歴代セルビア君主一覧[編集]

セルビア王国・ネマニッチ朝(Немањићи)(1168年 - 1371年)[編集]

~君主号・大ジュパン(侯)(велики жупан, 1168年-1217年)-王(краљ, kralj, 1217年-1346年) - 皇帝(цар, tsar, 1346年-1371年) ~自称セルビア王(1171年-1217年)

1371年、ウロシュ5世及びシメオン・ウロシュ・パレオロゴス死去に伴いネマニッチ王家断絶/両者及びヴカシン死去に伴い帝国-王国解体)

セルビア公国[編集]

~君主号・侯(Кнез, knez, 1371年-1389年)-公(専制公, Деспот, despot = δεσπότης, 1389年-1459年)

ブランコヴィチ家(Бранковићи)[編集]

1459年6月30日、セルビア公国滅亡)

関連項目[編集]