ライアン・フリール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・フリール
Ryan Freel
Ryan Freel on July 27, 2009.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 フロリダ州ジャクソンビル
生年月日 1976年3月8日
没年月日 2012年12月22日(満36歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手二塁手
プロ入り 1995年 MLBドラフト10巡目(全体272位)
初出場 2001年4月4日
最終出場 2009年8月4日
年俸 $4,000,000(2009年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・ポール・フリールRyan Paul Freel , 1976年3月8日 - 2012年12月22日)は、アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

ビッグレッドマシン時代のピート・ローズを髣髴とさせる、闘志を前面に押し出したアグレッシブなプレー・スタイルが身上。ファーニーの愛称で、地元ファンから愛された[2]

経歴[編集]

1994年6月2日セントルイス・カージナルスから14巡目(全体362位)でドラフト指名を受けるが、これを拒否。契約には至らず。

1995年6月1日トロント・ブルージェイズから10巡目(272位)でドラフト指名を受け、6月12日契約が成立しプロ入り。この年からマイナーリーグ(ショート・シーズンA級)でプレーを始める(65試合出場)。

入団後の道のりは決して平坦なものでは無く、6年間はマイナー暮らしが続く。2000年、A+・AA・AAA級合計で96試合打率.299 ・ 13本塁打 ・ 44打点出塁率.376 ・ OPS.875 ・ 32盗塁と頭角を現すと、プロ7年目となる2001年(平成13年)4月4日にメジャー・デビューを果し、翌4月5日にはセンター前に初安打を放っている。わずか9試合の出場にとどまるが2盗塁を記録し、スピードの片鱗をうかがわせた。だが壁は厚く、その後3年間はもっぱらマイナー暮らしに明け暮れる。

2002年タンパベイ・デビルレイズに、翌2003年シンシナティ・レッズに移籍。

本格的にメジャーに定着したのは、レッズへ移籍して2年目となる2004年。143試合に出場の上、37盗塁(リーグ4位)・8三塁打(同5位)・内野安打22本・バント安打8本[3]と持ち前のスピードを存分に発揮、10年目にしてスタメンの座を掴んだ。なお、死球数もリーグ8位にランクしている。

レギュラー2年目の2005年は、6月と8月に左足と右ヒザの負傷により二度にわたって故障者リスト入りするなど[4]、アクシデントに襲われ出場数が減少したが、ほぼ前年同様の安定した数字を刻んだ。レッズの選手が2年連続で30盗塁以上をマークしたのは、バリー・ラーキン(1995 - 96)以来[5]7月27日には、球団記録の1試合5盗塁を決めている[2]

2006年は、キャリアハイの30二塁打・8本塁打をマークし、3年連続36盗塁以上を決めた。レッズの選手が3年連続で35盗塁以上をクリアしたのは、エリック・デービス(1986 - 88)以来[6]9月21日には左手親指を骨折、そのままシーズンを終える[4]

2007年4月16日、2年間の契約延長が成立。前年までは守備位置が固定されず、二塁手三塁手左翼手中堅手右翼手など、日替わりポジションで出場するユーティリティープレイヤーであったが、当年は中堅手の定位置確保にほぼ成功しかけていた。 しかし5月28日に頭部と首を打撲、7月3日に復帰したものの8月には右ヒザ内視鏡手術を受けそのまま全休と、不本意なシーズンに終わった[7]

2008年コーリー・パターソンジェリー・ヘアストン・ジュニアの加入、ジェイ・ブルースの台頭によって出場機会が限られたものになり、6月4日には右ハムストリングを負傷し、故障者リスト入り[4]2008年(平成20年)12月10日、他のマイナー2選手とともにボルチモア・オリオールズラモン・ヘルナンデスとトレード。

2009年5月8日シカゴ・カブスジョーイ・ギャスライトとトレード。7月6日に金銭もしくは後日発表選手とのトレードでカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍。8月5日にロイヤルズから戦力外となった。

2010年は、独立リーグであるアトランティックリーグサマセット・パトリオッツでプレーした。

2012年(平成24年)12月22日、フロリダ州ジャクソンビルの自宅で、銃で自殺した[8]。36歳没。

選手としての特徴[編集]

スピードとクイックネス(初動の速さ)、選球眼を兼ね備えたスラッシュ・ヒッター(俊足巧打)。2004年にメジャー定着してから2006年までの3シーズンは、毎年36個以上の盗塁を決めていた。打席内ではボールを鋭く見極め[9]、その3年間は出塁率.363以上の高水準をキープしていた[10]。走攻守三拍子取り揃えたユーティリティープレイヤーだが、本人は「中堅手がもっとも自分に合っている」と語る。中でもこだわりがあるプレーはダイビング・キャッチで、「外野守備にはいつも注目している、美技を披露するのが一番クールだと思う」との独自の考えを持っている。また、捕手としての出場はないが、エマージェンシー・キャッチャーでもある。右打者ではあるが、対左投手を比較的苦手としており、得点圏走者を置いた局面での打撃にも改善の余地がある。少年時代に憧れを抱いていた選手は、クレイグ・ビジオロベルト・アロマー。「子供の頃のオレには、彼等は他のどの選手よりも打席内でリラックスしているように思えた」と当時を振り返り、自身がプロ入りしてからも手本にして来たと言う[2][4][11][12]

大の子供好きを公言し、地域活動にも積極的に参加する一方、私生活ではしばしば問題行動を起こし、2005年4月と2006年1月には飲酒によるトラブルで逮捕された事がある(2005年は飲酒運転によるもの、保釈金は父親が肩代わりした)[2][12]

マイナー11年間の通算成績は、打率.269 ・ 出塁率.360 ・ OPS.757 ・ 219盗塁(成功率72パーセント)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 TOR 9 24 22 1 6 1 0 0 7 3 2 1 0 0 1 0 1 4 0 .273 .333 .318 .651
2003 CIN 43 153 137 23 39 6 1 4 59 12 9 4 2 1 9 1 4 13 2 .285 .344 .431 .775
2004 143 592 505 74 140 21 8 3 186 28 37 10 8 0 67 0 12 88 7 .277 .375 .368 .743
2005 103 431 369 69 100 19 3 4 137 21 36 10 3 0 51 0 8 59 9 .271 .371 .371 .742
2006 132 523 454 67 123 30 2 8 181 27 37 11 3 0 57 0 9 98 5 .271 .363 .399 .762
2007 75 304 277 44 68 13 3 3 96 16 15 8 2 0 18 0 7 47 4 .245 .308 .347 .655
2008 48 143 131 17 39 9 0 0 47 10 6 4 2 1 8 0 1 18 3 .298 .340 .359 .699
2009 BAL 9 20 15 2 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 5 0 0 4 0 .133 .350 .133 .483
CHC 14 32 28 1 4 0 0 0 4 1 1 0 1 0 2 0 1 7 1 .143 .226 .143 .369
KC 18 49 45 8 11 2 0 0 13 3 0 0 0 0 4 0 0 12 0 .244 .306 .289 .595
'09計 41 101 88 11 17 2 0 0 19 5 1 0 1 0 11 0 1 23 1 .193 .290 .216 .506
通算:8年 594 2271 1983 306 532 100 17 22 732 122 143 48 21 2 222 1 43 350 31 .268 .354 .369 .723
  • 2009年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 11 (2001年)
  • 6 (2003年 - 2008年)
  • 2 (2009年)
  • 4 (2009年)
  • 26 (2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Ryan Freel Stats, News, Photos” (英語). ESPN.com. 2009年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 阿部寛子 「MLB TALK SHOW No.18 - ライアン・フリール」 『月刊スラッガー No.105 , 2007年1月号』 日本スポーツ企画出版社、67-69頁。
  3. ^ 2004 Career Highlights:” (英語). reds.com. 2008年9月13日閲覧。
  4. ^ a b c d Ryan Freel - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). sportsnet.ca. 2008年3月11日閲覧。
  5. ^ 2005 Career Highlights:” (英語). reds.com. 2008年9月13日閲覧。
  6. ^ 2006 Career Highlights:” (英語). reds.com. 2008年9月13日閲覧。
  7. ^ 「2007通信簿 FILE:207 - 500」 『月刊スラッガー No.116 , 2007年(平成19年)12月号』 日本スポーツ企画出版社、86頁。
  8. ^ Jacksonville Sheriff's Office: Former MLB player, Jacksonville native Ryan Freel commits suicide jacksonville.com 2012年12月23日閲覧
  9. ^ Ryan Freel ≫ Graphs ≫ BB% ≫ Batting” (英語). FanGraphs. 2008年3月11日閲覧。
  10. ^ Ryan Freel ≫ Graphs ≫ OBP ≫ Batting” (英語). FanGraphs. 2008年3月11日閲覧。
  11. ^ Ryan Freel - PECOTA” (英語). baseball prospectus.com. 2008年3月11日閲覧。
  12. ^ a b 「2008 MLB 30球団スカウティング・レポート - シンシナティ・レッズ」 『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』 白夜書房〈白夜ムック 315〉、194-197頁。ISBN 978-4861913983

関連項目[編集]

外部リンク[編集]