ジョーイ・ギャスライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーイ・ギャスライト
Joey Gathright
BEABaseballGameAug302007 245 Joey Gathright.jpg
ロイヤルズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピー州ハッティーズバーグ
生年月日 1981年4月27日(33歳)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 MLBドラフト32巡目
初出場 2004年6月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョーイ・ギャスライトJoey Renard Gathright , 1981年4月27日- )は、アメリカ合衆国ミシシッピー州出身の元プロ野球選手外野手)。

表記によってはガスライトと記されている場合もある。

来歴[編集]

2001年6月5日、タンパベイ・デビルレイズからMLBドラフト32巡目で指名され、同年の8月29日に契約を結んだ。

2002年、デビルレイズのマイナー組織であるA級チャールストンでプロデビューを果たす。その年は59試合の出場で打率.264・14打点を記録。また、持ち前のスピードを遺憾なく発揮し、59試合で22盗塁を決めて見せた。

2003年は、アドバンスドA級ベイカーズフィールドとAA級オーランドの2チームでプレー。計111試合の出場で打率.334・69盗塁を記録し、翌年に実現することとなるメジャーデビューへの足掛かりを作った。

2004年6月25日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビューを果たした(デビュー戦では3打数1得点1三振1死球を記録)。シーズン通して19試合しか出場機会を与えられなかったが、約3試合に1つのペースで盗塁を決め、6盗塁をマークした。

2005年は、76試合の出場で、打率.276・20盗塁を記録し、ほぼメジャーリーグに定着した形となった。

2006年もデビルレイズで開幕を迎えたが、打率が一向に上がらず、55試合に出場して打率.201となった時点でカンザスシティ・ロイヤルズに放出された。移籍後のロイヤルズでは息を吹き返し、打率.262を記録。またメジャーデビュー後自身初となる本塁打も放った。最終的には2チームで計134試合に出場し、打率.238・1本塁打・41打点・22盗塁を記録。

2007年は、年間通じてロイヤルズでプレイ。出場試合数は前年から60試合も減少したが、一方で打率.307・出塁率.371を記録し、翌年以降の1番打者定着が期待された。

2008年は、自身2度目となる100試合出場を達成。しかし、打率は.250台に逆戻りし、期待されたほどの活躍は出来ず。一方で2年ぶりに20盗塁以上を記録した。そのシーズンオフにシカゴ・カブスと契約を結んだ。

2009年は外野の控えとしてスタートしたが、5月8日にマイナーに降格した後、ボルチモア・オリオールズライアン・フリールとトレードされた。8月29日ウェーバーボストン・レッドソックスに移籍。12月13日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結ぶ。

2010年3月28日に解雇され、30日にオリオールズとマイナー契約を結ぶが、7月22日に解雇され、8月6日にアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約。

2011年4月13日にアメリカン・アソシエーション・リーグシュリーブポート・ボージャー・キャプテンズと契約し、6月10日にはノース・アメリカン・リーグユマ・スコーピオンズと契約。8月31日にレッドソックスとマイナー契約を結び、9月13日にメジャー昇格。

2012年メキシカンリーグキンタナロー・タイガースと契約するが、後にアトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュに所属。5月24日にはシンシナティ・レッズとマイナー契約を結ぶが7月14日に解雇。

2013年7月2日にアメリカン・アソシエーションカンザスシティ・ティーボーンズと契約。オフに、引退した。

選手としての特徴[編集]

小柄ながら類稀な身体能力の持ち主。足の速さはメジャーNO.1といわれている。彼の驚異的な身体能力を示すものとして、「友達に車を飛び越えている特技を見せている時に、偶然スカウトが通りかかり、スカウトされた」という真偽は定かでないエピソードがある。[1]

また、2002年には普通サイズの乗用車を軽々とジャンプして飛び越した経験があり[2]、動画サイトのYou Tubeに、その動画が掲載された[3]

2007年8月1日にメトロドームで行われた対ミネソタ・ツインズ戦で1試合に2度、何でもないレフトフライを捕球できずに後逸。この模様は8月5日にサンデーモーニングの「週刊御意見番」で放送され出演者の大沢啓二張本勲関口宏に呆れられた。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 TB 19 57 52 11 13 0 0 0 13 1 6 1 0 0 2 0 3 14 2 .250 .250 .316 .566
2005 76 218 203 29 56 7 3 0 69 13 20 5 3 0 10 0 2 39 5 .276 .316 .340 .656
2006 55 182 154 25 31 6 0 0 37 13 12 3 5 0 20 0 3 30 1 .201 .305 .240 .545
KC 79 263 229 34 60 6 3 1 75 28 10 6 4 4 22 0 4 45 2 .262 .332 .328 .660
'06計 134 445 383 59 91 12 3 1 112 41 22 9 9 4 42 0 7 75 3 .238 .321 .292 .614
2007 74 261 228 28 70 8 0 0 78 19 9 8 10 0 20 0 3 36 2 .307 .371 .342 .713
2008 105 315 279 41 71 3 1 0 76 22 21 4 10 2 20 0 4 40 3 .254 .311 .272 .584
2009 CHC 20 15 14 2 3 0 0 0 3 0 1 2 0 0 1 0 0 6 0 .214 .267 .214 .481
BOS 17 17 16 7 5 0 0 0 5 0 1 0 0 0 1 0 0 2 2 .313 .353 .313 .665
'09計 37 32 30 9 8 0 0 0 8 0 2 2 0 0 2 0 0 8 2 .267 .313 .267 .579
通算:6年 445 1328 1175 177 309 30 7 1 356 96 80 29 32 6 96 0 19 212 17 .263 .327 .303 .630
  • 2009年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、336項。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ 『月間スラッガー4月号』 日本スポーツ企画出版社、2009年、53項。雑誌15509-4。

外部リンク[編集]