デジタル放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタル放送(デジタルほうそう、digital broadcasting)とは放送局により行われるデジタル方式の放送のことである。通常のアナログ放送と同様の電波帯域を使い、アナログデータの代わりにデジタルデータを伝送する放送である。電波を用いる点で、インターネット放送とは異なる(ネット放送は「通信」)。

厳密には、コンピュータデータ等を放送するデータ放送もデジタル放送の一種である。しかし、1990年代以降で主に話題となっているのはアナログ放送と同様に音声映像などのマルチメディアデータを一定の規格に基づき放送するものである。

特徴[編集]

アナログ放送に比べ、次のような特徴がある。

利点[編集]

  • 冗長情報の付加と誤り訂正により伝送中にある程度のノイズが混入しても情報劣化が無く、元の情報が復元できる
  • データのフォーマットを比較的容易に変更できる
    • チャンネル構成を柔軟に運用できる
    • 通信のような他のメディアとの親和性が高い
  • 簡易な著作権保護が比較的容易である
  • 副次的なデータの併送が容易である

欠点[編集]

  • 大きなノイズでは情報劣化が大きくなる。データ圧縮を使っている場合は、復号がまったくできなくなる。通信と異なり再送要求ができないため、この問題は放送において深刻である
  • データ圧縮・伸張に時間がかかる(特にテレビジョン放送は、データ量が膨大であることから避けられない)。そのため、チャンネル変更などの応答が悪くなる場合がある。また緊急地震速報時報生中継などのリアルタイム性が低下する
  • 厳密な著作権保護が困難である

歴史[編集]

文字多重放送では、少量のテキストデータを狭い帯域で伝送する。このようなデータ放送では必要帯域が少ないため、1980年代から実用化された。テレビでの動画は情報の冗長性が大きくそのまま放送するには適さないため、データ圧縮が行なわれる。このデータ圧縮に関する情報理論の研究が進み、またコンピュータの処理性能も高まったため一般的な放送としての実用化が行なえるようになった。

世界[編集]

日本[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]