シャーゴッティ隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーゴッティ隕石
シャーゴッティ隕石の画像
シャーゴッティ隕石
種類 エイコンドライト
分類 火星隕石
シェルゴッティ
発見国 インド
発見場所 ビハール州ガヤー県シャーゴッティ
落下日 1865年8月24日
発見日 1865年8月24日
総回収量(TKW) 5キログラム (11 lb)
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

シャーゴッティ隕石は、1865年8月25日インドビハール州ガヤー県のシャーゴッティに落下した5キログラム (11 lb)の火星隕石。シャーゴッタイト火星隕石の最初の例。落下後すぐに目撃者により回収された[1]。 隕石は比較的若いもので、放射年代測定の結果によれば41億年前のマグマが固まったもの[2]。 ほとんど輝石から成り、幾世紀の間地球形成時代の水の変化を経験してきたと考えられている。内部にはバイオフィルム微生物群落の遺物と思われるものがある[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]