グリーゼ581c

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ581c
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Planet Gliese 581 c.png
グリーゼ581cの想像図
主星
恒星 グリーゼ581
星座 てんびん座
赤経 (α) 15h 19m 26s
赤緯 (δ) −07° 43′ 20″
視等級 (mV) 10.55
距離 20.3 ± 0.3 ly
(6.2 ± 0.1 pc)
スペクトル分類 M3V
質量 (m) 0.31 M
半径 (r) 0.29 R
温度 (T) 3480 ± 48 K
金属量 [Fe/H] -0.33 ± 0.12
年齢 7 – 11 Gyr
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.07[1] AU
(11 Gm)
近点距離 (q) 0.06 AU
(9 Gm)
遠点距離 (Q) 0.08 AU
(13 Gm)
離心率 (e) 0.17 ± 0.07[1]
周期 (P) 12.9292 ± 0.0047[1] d
    (310.30 h)
軌道傾斜角 (i) ≥30[1]°
近日点引数 (ω) −110 ± 25[1]°
近日点通過時刻 (T0) 2,454,699.42 ± 0.87[1] JD
準振幅 (K) 3.24 ± 0.24[1] m/s
物理的性質
最小質量 (m sin i) 5.36[1] M
発見
発見日 2007年4月4日
2007年4月24日 (発表)
発見者 ステファン・アドレー
発見方法 視線速度法
観測場所 チリの旗 ラ・シヤ天文台
現況 公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
地球(左)・海王星(右)と比較したグリーゼ581c(中央)。岩石型の惑星であると考えられている。

グリーゼ581cは、太陽系から約20光年離れた、赤色矮星グリーゼ581の周囲を公転する太陽系外惑星。この星系の惑星としては2番目に発見され、内側から数えて第3惑星にあたる(惑星は2010年現在6個発見されている)。

発見時は、ハビタブルゾーン内の軌道を持つ可能性が高く、生命が存在する事が可能な表面温度(推定 0〜40 (32〜104 °F))を持つ岩石型の惑星(地球型惑星)と期待されていた[2][3]。しかし、2007年12月にドイツとフランスの研究グループが独立に発表した2つの論文[4] [5]によると、ハビタブルゾーンより主星に近いところを公転していることが判明した。 その後2008年には、仮にこの惑星の表面が75%以上のに覆われているならば、表面には液体の水が存在できる、とする論文[6]が発表された。

アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計や将来の大型天文装置によって、この星の詳細な分光観測やイメージングが可能になるかもしれない。現在の無人探査機で到達しようとすると30万年程度の期間が必要になる。

グリーゼ581cが地球と同じような組成で出来ていると仮定した場合、直径は地球の約1.5倍、表面の重力は地球の2.2倍と推定される[7]

また惑星質量が地球の5倍以上と、太陽系の地球型惑星と比較してやや大きい為、グリーゼ876dと同じくスーパー・アースSuper Earth; 巨大地球型惑星)に分類される。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h M. Mayor, X. Bonfils, T. Forveille, X. Delfosse, S. Udry, J.-L. Bertaux, H. Beust, F. Bouchy, C. Lovis, F. Pepe, C. Perrier, D. Queloz, N. C. Santos (2009年). “The HARPS search for southern extra-solar planets,XVIII. An Earth-mass planet in the GJ 581 planetary system”. arXiv:0906.2780 [astro-ph]. 
  2. ^ Udry, et al. “"The HARPS search for southern extra-solar planets. XI, An habitable super-Earth (5M) in a 3-planet system." (PDF)”. Astronomy and Astrophysics (preprint). 2007年4月25日閲覧。
  3. ^ Udry et al. 2007 Astronomy and Astrophysics 469, L43
  4. ^ von Bloh et al. 2007 Astronomy and Astrophysics 476, 1365
  5. ^ Selsis et al. 2007 Astronomy and Astrophysics 476, 1373
  6. ^ Beust et al. 2008 Astronomy and Astrophysics 479, 277
  7. ^ S. Seager et al. (2007). Mass-Radius Relationships for Solid Exoplanets. The Astrophysical Journal. http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/521346. 

関連項目[編集]