マーチソン隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーチソン隕石
マーチソン隕石の画像
マーチソン隕石の破片(右)と分離された成分(サンプル管)
発見国 オーストラリアの旗 オーストラリア
落下日 1969年9月28日
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

マーチソン隕石(マーチソンいんせき、: Murchison meteorite)は、1969年9月28日オーストラリアビクトリア州マーチソン村英語版付近に飛来した隕石である。タイプIIの炭素コンドライトに分類される。

隕石中にピペコリン酸といった生体内で見つかる有機酸や[1]グリシンアラニングルタミン酸といったタンパク質を構成するアミノ酸のほか、イソバリンシュードロイシンといった、生体では見られないアミノ酸も発見されている[2]。これらのアミノ酸は、発見当初はラセミ体であることから、地球上の分子の混入ではなく地球外で生成され地球に輸送されたと考えられた。基本的な分子からアミノ酸が生成することを示した、ユーリー・ミラーの実験で見られたのと同様の複雑なアルカン混合物も発見されている。また、人の皮脂により汚染された場合によくみられるセリントレオニンといったものは発見されなかった。

分析技術の発展により、発見されたアミノ酸の中には鏡像体過剰 (ee) がみられるものがあることがわかっている[3]。このような鏡像体過剰は生体にのみ存在する性質と考えられており、また、鏡像体過剰が見出されたのは生体アミノ酸のみに限られ、ほかのものはそうではなかったことから、この調査結果には疑いの目が向けられた[4]。その後、1997年に鏡像体過剰が見られるアミノ酸の窒素 15N の同位体比が地球上のものと大きく違うことが示され、これらの鏡像体過剰が地球外で生成された物であることが証明された[5]

ホモキラリティーが隕石中の鏡像体過剰な分子が引き金となって生成したという説がある。近年の研究では、L-プロリンといったアミノ酸が触媒作用により、糖の鏡像体過剰を促進することが報告されている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kvenholden, Keith A.; Lawless, James G.; Ponnamperuma, Cyril (February 1971). “Nonprotein Amino Acids in the Murchison Meteorite”. Proceedings of the National Academy of Sciences 68 (2): 486–490. doi:10.1073/pnas.68.2.486. PMC 388966. PMID 16591908. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=388966 2011年8月4日閲覧。. 
  2. ^ Kvenvolden, Keith A.; Lawless, James; Pering, Katherine; Peterson, Etta; Flores, Jose; Ponnamperuma, Cyril, Kaplan, Isaac R.; Moore, Carleton (1970). “Evidence for extraterrestrial amino-acids and hydrocarbons in the Murchison meteorite”. Nature 228 (5275): 923–926. http://chemport.cas.org/cgi-bin/sdcgi?APP=ftslink&action=reflink&origin=npg&version=1.0&coi=1:CAS:528:DyaE3MXisVCnsg%3D%3D&pissn=0028-0836&pyear=1983&md5=cb8b015f54156458fa2be8cdca44789f. 
  3. ^ Engel, Michael H.; Nagy, Bartholomew (April 29, 1982). “Distribution and enantiomeric composition of amino acids in the Murchison meteorite”. Nature 296: 837–840. doi:10.1038/296837a0. 
  4. ^ Bada, Jeffrey L.; Cronin, John R.; Ho, Ming-Shan, Kvenvolden, Keith A.; Lawless, James G.; Miller, Stanley L.; Oro, J.; Steinberg, Spencer (February 10, 1983). “On the reported optical activity of amino acids in the Murchison meteorite”. Nature 301: 494–496. doi:10.1038/301494a0. 
  5. ^ Engel, Michael H.; Macko, S. A. (September 1, 1997). “Isotopic evidence for extraterrestrial non-racemic amino acids in the Murchison meteorite”. Nature 389: 265–268. doi:10.1038/38460. 
  6. ^ Córdova, Armando; Engqvist, Magnus; Ibrahem, Ismail; Casas, Jesús; Sundén, Henrik (2005). “Plausible origins of homochirality in the amino acid catalyzed neogenesis of carbohydrates”. Chem. Commun.: 2047–2049. doi:10.1039/b500589b. 

関連項目[編集]