南丹隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南丹隕石の最大の破片(国立科学博物館の展示)[1]

南丹隕石(Nantan meteorite)は、時代の1516年に現在の中華人民共和国広西チワン族自治区南丹県に落下した記録が残っている鉄隕石である。隕石は大気圏に入って爆発し、28km×8kmの範囲に破片は落下した。

南丹隕石(北京天文館

隕石の破片は400年間放置されていたが、1950年代後半の大躍進政策に伴う製鋼運動の高まりから製鉄材料として集められた。しかし、高いニッケルの含有量から融点が高く、製鉄には不適であった。回収量は9500kgで最大の破片は約2000kgである。IIICDグループのオクタヘドライトに分類される。

化学成分は、92.35% 、ニッケル6.96%で炭素コバルトなどが含有されている。1990年に行われた調査で発見された1710kgの南丹隕石の最大の破片は日本の国立科学博物館に展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ 小惑星からの隕石-南丹隕石 国立科学博物館

外部リンク[編集]