隕石の空中爆発の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いくつかの隕石の空中爆発は記録されている。ただし「爆発」という表現は正確ではなく、実際には隕石が分裂した際に表面積が大きくなるために発光が増光した現象を指している。この分裂は、大気を通過する際の圧力に隕石が耐え切れなくなった時に起こる現象である[1]

日付 発生場所 座標 エネルギー
(TNT換算)
高度 備考
1908年06月30日 (1908-06-30) ロシア帝国 クラスノヤルスク地方 バナバラの西北西60km[2] 北緯60度53分09秒 東経101度53分40秒 / 北緯60.88583度 東経101.89444度 / 60.88583; 101.89444 10000000/10–15メガトン
(42–63 PJ)
08.5 km (5.3 mi) ツングースカ大爆発
1930年08月13日 (1930-08-13) ブラジル アマゾナス州 南緯5度11分 西経71度38分 / 南緯5.183度 西経71.633度 / -5.183; -71.633 01000000/0.1–5.0メガトン
(0.42–21 PJ)
3つの隕石ではないかと推定されている[3][4][5][6]
1941年04月09日 (1941-04-09) ロシア チェリャビンスク州ウラル山脈 数カ所の位置で暗闇を高速で移動する火球が観測されており、その後に蒸気機関車のような音がしたと言われている。ロシア語版ウィキペディアの記事 (Katavsky bolide)
1947年02月12日 (1947-02-12) ロシア/ソ連 東部シベリアシホテアリニ山脈 北緯46度09分36秒 西経134度39分12秒 / 北緯46.16000度 西経134.65333度 / 46.16000; -134.65333 シホテアリニ隕石落下
1965年03月31日 (1965-03-31) カナダ ブリティッシュコロンビア州 00000600/600トン
(2.5 TJ)
13 km (8 mi) 1gの破片が発見されている[7]
1966年09月17日 (1966-09-17) カナダ オンタリオ州ミシガン州ヒューロン湖 00000600/600トン
(2.5 TJ)
13 km (8 mi) 火球は撮影されたが破片は発見されなかった[8]
1967年02月05日 (1967-02-05) カナダ アルバータ州 00000600/600トン
(2.5 TJ)
13 km (8 mi) 48mgと94mgの破片が発見された。アルバータ大学で保管されている[9]。撮影されている[10]
1993年01月19日 (1993-01-19) イタリア ルーゴ 00010000/10キロトン
(42 TJ)以上
30 km 低密度の隕石がおよそ26km/sで飛行したため爆発が起こったと推定されている[11]
1997年12月09日 (1997-12-09) グリーンランド ヌークの南150km 北緯62度54分 西経50度06分 / 北緯62.900度 西経50.100度 / 62.900; -50.100 00000064/64トン
(0.27 TJ)以上
25/>25 km (16 mi) 1つは46km上空で爆発、3つは25kmから30kmで飛散した。爆発エネルギーは発行物体からの計算で、全体のエネルギーは64トン以上になると推定される[12]
2002年06月06日 (2002-06-06) 地中海
リビアベンガジの北北東230km
北緯34度 東経21度 / 北緯34度 東経21度 / 34; 21 00026000/26キロトン
(109 TJ)
2002年東地中海の火球
2009年10月08日 (2009-10-08) インドネシア 南スラウェシ州 ボネ県の海側 南緯04度30分00秒 東経120度00分00秒 / 南緯4.50000度 東経120.00000度 / -4.50000; 120.00000 00031000/31–50キロトン
(130–210 TJ)
25 km (16 mi) 破片は発見されず。ほとんどの破片は海に落下した[13]。発生時刻は3:00 (UTC)[13]
2012年04月22日 (2012-04-22) アメリカ カリフォルニア州 ル・グランジ付近 北緯37度6分 西経120度5分 / 北緯37.100度 西経120.083度 / 37.100; -120.083 00004000/4キロトン
(17 TJ) [14]
30-47 km [15] 数多くの破片が回収された。破片は炭素質コンドライト英語版の破片の記事
2013年02月15日 (2013-02-15) ロシア連邦 チェリャビンスク付近 北緯54度30分 東経61度30分 / 北緯54.500度 東経61.500度 / 54.500; 61.500 00500000/500キロトン
(2,100 TJ) [16]
30-50 km
(推定) [17]
2013年チェリャビンスク州の隕石落下[18]

脚注[編集]

  1. ^ ““隕石”落下 国立天文台・渡部副台長に聞く”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年2月15日). オリジナル2013年2月16日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0216-1321-43/www3.nhk.or.jp/news/html/20130215/t10015557581000.html 2013年2月16日閲覧。 
  2. ^ Traynor, Chris (1997). “The Tunguska Event”. Journal of the British Astronomical Association 107 (3). 
  3. ^ No. 1102: METEORITE AT CURUÇA By John H. Lienhard The Engines of Our Ingenuity
  4. ^ THE EVENT NEAR THE CURUÇÁ RIVER. 67th Annual Meteoritical Society Meeting (2004)
  5. ^ The Day the Earth Trembled by John McFarland Armagh Observatory
  6. ^ http://www.comciencia.br/reportagens/espaco/espc17.htm
  7. ^ Kusky, Timothy M.; Katherine E. Cullen (2010). Encyclopedia of Earth and space science. New York, NY: Facts on File. p. 147. ISBN 1438128592. http://books.google.ca/books?id=vMk4t21fOvoC&pg=PA147&dq=canada+1965+meteor+tunguska&hl=en&ei=wGvHTpiKOIjSsgbQ5ImzBw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CC8Q6AEwAQ#v=onepage&q&f=false. 
  8. ^ Halliday, Ian (December 1966). “The Bolide of September 17, 1966”. Journal of the Royal Astronomical Society of Canada 60: 257. http://adsabs.harvard.edu/full/1966JRASC..60..257H. 
  9. ^ Vilna[リンク切れ]
  10. ^ Folinsbee, R. E.; Bayrock, L. A., Cumming, G. L., & Smith, D. G. W.. “Vilna Meteorite-Camera, Visual, Seismic and Analytic Records”. Journal of the Royal Astronomical Society of Canada 63: 61. http://adsabs.harvard.edu/full/1969JRASC..63...61F. 
  11. ^ [1]
  12. ^ Greenland meteor at goes.gsfc.nasa.gov
  13. ^ a b Yeomans, Don, et al. “Asteroid Impactor Reported over Indonesia”. Near Earth Object Program Office. NASA-NEOP. 2013年2月16日閲覧。
  14. ^ http://www.rgj.com/article/20120423/NEWS/304230032/Scientist-says-sound-signal-from-exploding-meteor-lasted-18-minutes
  15. ^ http://science.kqed.org/quest/2012/12/20/stardust-and-sunbreath-in-the-sutters-mill-meteorite/
  16. ^ http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2013-061
  17. ^ http://www.theglobeandmail.com/news/world/meteorite-strikes-central-russia-hundreds-injured/article8711190/
  18. ^ Shurmina, Natalia; Kuzmin, Andrey. “Meteorite hits central Russia, more than 500 people hurt”. Reuters. オリジナル2013年4月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/H3cuF 2013年2月15日閲覧。