2002年東地中海の火球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2002年東地中海の火球(2002ねんひがしちちゅうかいのかきゅう、Eastern Mediterranean Event, または Eastern Mediterranean Fireball)は、2002年6月6日、ギリシャのクレタ島リビアの間の地中海上空で、小天体が爆発を起こした事件である。小型の原子爆弾程度のエネルギーで爆発したが、この天体の地球への接近は検出されていなかった。海洋上の空中で爆発し、破片(隕石)などは回収されなかった。

人工衛星や地震観測所で爆発は検出され、広島型原爆の2倍の規模のTNT火薬26キロトン相当の爆発エネルギーだったと見積もられた。人の住む地域で爆発していれば、大惨事が発生したと思われる。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度 東経21度 / 北緯34度 東経21度 / 34; 21