グレートフォールズ (モンタナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレートフォールズ
City of Great Falls, Montana
Greatfallscitylights.jpg
夜のグレートフォールズ
愛称 : 電気の都市
位置
モンタナ州におけるカスケード郡(右図)とグレートフォールズの位置の位置図
モンタナ州におけるカスケード郡(右図)とグレートフォールズの位置
座標 : 北緯47度30分13秒 西経111度17分11秒 / 北緯47.50361度 西経111.28639度 / 47.50361; -111.28639
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  モンタナ州
  カスケード郡
グレートフォールズ
City of Great Falls, Montana
市長 マイケル・ウィンターズ
地理
面積  
  域 51.6 km2 (19.9 mi2)
    陸上   50.5 km2 (19.5 mi2)
    水面   1.1 km2 (0.4 mi2)
      水面面積比率     1.32%
  都市圏 13,923 km2 (5,376 mi2)
標高 1,015 m (3,330 ft)
人口
人口 (200年現在)
  域 58,505人
    人口密度   1138.8人/km2(2999.9人/mi2
  都市圏 66,533人
その他
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
夏時間 山岳部夏時間 (UTC-6)
公式ウェブサイト : City of Great Falls

グレートフォールズ: Great Falls)は、アメリカ合衆国モンタナ州カスケード郡の都市であり、同郡の郡庁所在地である。2010年国勢調査で人口は58,505人だっ[1]た。カスケード郡全体を含むグレートフォールズ都市圏の主要都市である。グレートフォールズという名前は、1805年から1806年に挙行されたルイス・クラーク探検隊で10マイル (16 km) の距離を31日間も掛けて陸路を進まなければならなかった一連の5つの滝に因むものである。その陸路のうち2カ所の未開発部はグレートフォールズ・ポーテージに含まれ国定歴史史跡に登録されている。

市内にはC・M・ラッセル博物館複合施設、グレートフォールズ大学、ジャイアント・スプリングズ、ロー川(61 mで世界最短の川)およびモンタナ視聴覚障害者学校があり、またマイナーリーグ野球のグレートフォールズ・ボイジャーズ(元はグレートフォールズ・ホワイトソックス)が本拠地にしている。地元の新聞は「グレートフォールズ・トリビューン」である。グレートフォールズにはミズーリ川に沿って近在に5カ所の水力発電ダムがあるため「電気の都市」と呼ばれている。

コールドウエルバンカー住宅価格比較指数では全米とプエルトリコを含め348の市場で、グレートフォールズは最も手頃な地域となっている。

歴史[編集]

グレートフォールズとミズーリ川

グレートフォールズ地域に最初に住んだ人類は紀元前9500年から同8270年の間に移り住んできたパレオ・インディアンだった[2][3]。北アメリカ最初期の住人が山岳とローレンタイド氷河の間にある大陸分水界東のモンタナに入った[4]。しかし、この地域の人口は希薄な状態が続いた[5]。セイリッシュ族インディアンが季節によってこの地域にアメリカバイソンを狩りにくることが多かったが、先史時代はグレートフォールズ周辺に恒久的な居住地は無かった[5]。西暦1600年頃、ピーガン・ブラックフット族インディアンが西に移ってきて、セイリッシュ族インディアンをロッキー山脈に押し戻し、現在のグレートフォールズ地域の領有を主張した[5]。アメリカ合衆国が1803年ルイジアナ買収を行った時まで、この地域はブラックフット族インディアンの領地だった[6][7]

ルイス・クラーク探検隊を率いたメリウェザー・ルイス1805年6月13日にここを訪れたのが最初の白人の到着だった[8][9]ウィリアム・クラークが所有しており、この探検隊に参加していたアフリカ系アメリカ人奴隷ヨークがこの地域を訪れた最初の黒人だった[10]

1806年にルイス・クラーク探検隊が帰還した後[11]、1822年に探検家で罠猟師であるジム・ブリッジャーが訪れるまで、この地域を訪れた白人の記録は無い[6]。ブリッジャーとアンドリュー・ヘンリー少佐が1823年4月に毛皮交易業者の遠征隊を率いてこの地域に入り、キャンプをしているときにブラックフット族インディアンに襲われた[12]。イギリス人探検家アレクサンダー・ロスが1824年にここで罠を仕掛けた[13]。1838年、アメリカ合衆国政府が派遣し、ブリッジャーが案内した地図制作遠征隊がこの地域で4年間を過ごした[6]。1862年、マーガレット・ハークネス・ウッドマンがグレートフォールズを訪れた最初の白人女性になった[14]

1891年制作のグレートフォールズ鳥瞰図
グレートフォールズ周辺の牛の群れ、1890年頃

グレートフォールズはミズーリ川の航行可能な限界点であり[15]、1859年に最初の蒸気船がここを訪れた[16]

後にグレートフォールズ市となる場所は19世紀の間、行政的に多様な区画に含まれており、1854年5月30日にネブラスカ準州が設立されるまで未編入のフロンティアだった[17]。1855年にアイザック・スティーブンスがインディアンとヘルゲート条約を結んだ後は、インディアンによる白人探検家や開拓者への攻撃が著しく減り、この地域に白人開拓地が造られ始めた[6]1861年3月2日、この地域はダコタ準州の一部になった[18]1863年3月4日にはアイダホ準州に編入された[19]1864年5月28日モンタナ準州となった[5]1889年11月8日にモンタナはアメリカ合衆国の州に昇格した。

グレートフォールズの町は1883年に設立された。事業家パリス・ギブソンが1880年にミズーリ川のグレートフォールズ(滝)を訪れ、水力発電が可能な滝の近くに大きな工業都市を建設できる可能性に心を動かされた[20][21][22][23]。ギブソンは1883年に測量士を伴ってこの地を再訪し、川の南岸で恒久的開拓地の区画図を造った[6][20][21]。その年後半に最初の住人サイラス・ビーチリーが到着した[6]。鉄道会社オーナーのジェイムズ・J・ヒルや州都ヘレナの事業家チャールズ・アーサー・ブロードウォーターからの投資で、1884年に家屋、店舗および製粉所が建てられた[6][20][21][22][23]。1884年7月10日にグレートフォールズ郵便局が造られ、パリス・ギブソンが初代郵便局長に指名された[24]。1855年には製材所、貯木場、銀行、学校および新聞社ができた[20][23]。1887年までに市内人口は1,200人となり、この年10月にはグレート・ノーザン鉄道が開通した[20][22][23]。グレートフォールズは1888年11月28日に自治体として編入された。

1890年にブラックイーグル・ダムが建設され、1912年までにレインボー・ダムやボルタ・ダム(現在のライアン・ダム)が運用された[6][20][23]

グレートフォールズは急速に工業と物流の中心として発展し、1900年代初期までにモンタナ州では最大級の都市になるところだった。西部開拓時代の有名画家チャールズ・マリオン・ラッセルの鄙びたスタジオが人気を呼び、名画『ミズーリ川のグレートフォールズ』があったので、これが市の名前になった。市内最大の雇用主アナコンダ銅山会社の製錬所に高さ508フィート (155 m) と「世界最高の煙突」が1908年に完成した。この煙突は直ぐに地域社会の目印になったが、1983年に老朽化のために解体された。しかし、解体にあたった作業者達は最初の試みではそれを成し遂げられず、半分程残ったままになった。数日後解体班が戻ってきて解体を完了した。

1940年代に近くに軍隊の基地ができてグレートフォールズはさらに繁栄したが、20世紀後半は鉄道や貨物の輸送が衰退し、周辺の農業地域の人口も減少し、1980年代には精錬所は閉鎖しマルムストローム空軍基地も縮小され、人口の成長が止まった。

グレートプレーンズやアメリカ合衆国中西部の多くの都市と同様、グレートフォールズの経済は近年の工業地帯の衰退による苦しみを味わっている。

地理と気候[編集]

氷河湖グレートフォールズを示すモンタナ州地図
グレートフォールズの一つ、ブラックイーグルの滝とダム

グレートフォールズは北緯47度30分13秒 西経111度17分11秒 / 北緯47.50361度 西経111.28639度 / 47.50361; -111.28639に位置し、近くにはミズーリ川の滝が幾つかある。グレートプレーンズ北部にあるモンタナ州に中心に近く、カナダ国境からは南に約100マイル (160 km) の距離にある。

グレートフォールズ市はグレートフォールズ構造プレートの上にある。このプレートは北アメリカ大陸の一部を形成した始生代期の2つの地質区基盤岩間の大陸内せん断帯である[25]。グレートフォールズは、最終氷期に北アメリカの大半を覆ったローレンタイド氷河の南端にあたっている。約150万年前、ミズーリ川は北に流れて内陸湖に流れ込んでいた[26][27]。ローレンタイド氷河がその流れを南に押しやった[26][28]。紀元前15000年から同11000年にローレンタイド氷河がミズーリ川を堰き止め、氷河湖グレートフォールズを造った[28][29][2]。紀元前13000年頃、氷河が後退し、氷河湖グレートフォールズは氷河湖決壊洪水で破壊的に水が無くなった[2]。現在のミズーリ川の流れは基本的にローレンタイド氷河の南縁に沿っている[30]。ミズーリ川は氷河を東に回り込み、現在の流れになった[26]。氷河が後退すると、氷河湖グレートフォールズから出た水はハイウッド山脈を抜けて、世界でも有名な前史溶融水浸食渓谷である深さ500フィート (150 m) の長いショーキン・サッグを形成した[31]

グレートフォールズはグレートフォールズ構造プレートの不整合滝線上にある[32]。また過去に川、氷河および湖によって海洋性ではない砂岩が層になったクーテネー地層の上にある[33][34]

チヌーク風(冬に吹き下りる暖かい風で気温を急激に上げる)のお陰で、冬のグレートフォールズは比較的暖かいが、風がないときは−20°F (−29℃)以下の極低温になることがよくある。年間降水量は12インチ (305 mm) あり、その多くは夏の雷雨と冬の降雪である。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は19.9平方マイル (51.6 km2)、このうち陸地は19.5平方マイル (50.5 km2)、水面は0.4平方マイル (1.1 km2)で水域率は2.21%である。


グレートフォールズの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19
(67)
21
(70)
26
(78)
32
(89)
34
(93)
38
(101)
41
(105)
41
(106)
37
(98)
33
(91)
24
(76)
21
(69)
41
(106)
平均最高気温 °C (°F) 0.1
(32.1)
3.2
(37.7)
7.4
(45.3)
13.1
(55.6)
18.2
(64.7)
23.3
(73.9)
27.8
(82.0)
27.3
(81.2)
20.9
(69.6)
14.4
(58.0)
5.6
(42.1)
1.2
(34.2)
13.6
(56.4)
平均最低気温 °C (°F) −11.5
(11.3)
−9.4
(15.1)
−5.8
(21.5)
−1.3
(29.7)
3.5
(38.3)
7.8
(46.0)
10.2
(50.4)
9.9
(49.9)
5.1
(41.2)
0.6
(33.0)
−5.3
(22.5)
−9.8
(14.4)
−0.5
(31.1)
最低気温記録 °C (°F) −38
(−37)
−37
(−35)
−34
(−29)
−21
(−6)
−9
(15)
−1
(31)
2
(36)
−1
(30)
−9
(16)
−24
(−11)
−32
(−25)
−42
(−43)
−42
(−43)
降水量 mm (inch) 17.3
(0.68)
13
(0.51)
25.7
(1.01)
35.6
(1.40)
64.3
(2.53)
56.9
(2.24)
36.8
(1.45)
41.9
(1.65)
31.2
(1.23)
23.6
(0.93)
15
(0.59)
17
(0.67)
378.2
(14.89)
出典: USTravelWeather.com [35]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1890 3,979
1900 14,930 275.2%
1910 13,948 −6.6%
1920 24,121 72.9%
1930 28,822 19.5%
1940 29,928 3.8%
1950 39,214 31.0%
1960 55,244 40.9%
1970 60,091 8.8%
1980 56,725 −5.6%
1990 55,097 −2.9%
2000 56,690 2.9%
2010 58,505 3.2%
source:[36][37][1]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 56,690人
  • 世帯数: 23,834世帯
  • 家族数: 14,848家族
  • 人口密度: 1,123.0人/km2(2,909.1人/mi2
  • 住居数: 25,2502軒
  • 住居密度: 352.6軒/km2(913.4軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.9%
  • 18-24歳: 9.0%
  • 25-44歳: 27.7%
  • 45-64歳: 22.7%
  • 65歳以上: 15.7%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.2
    • 18歳以上: 91.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 30.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 47.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.1%
  • 非家族世帯: 37.7%
  • 単身世帯: 31.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.31人
    • 家族: 2.92人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 32,436 米ドル
    • 家族: 40,107米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,353米ドル
      • 女性: 20,859米ドル
  • 人口1人あたり収入: 18,059米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 14.5%
    • 対家族数: 11.1%
    • 18歳未満: 20.3%
    • 65歳以上: 9.2%

教育[編集]

グレートフォールズ教育学区には20の学校がある。高校2校、オールタナティブ高校1校、中学校2校[38]および小学校15校である[39]

公立高校はグレートフォールズ高校とチャールズ・マリオン・ラッセル高校であり、オールタナティブ高校はパリス・ギブソン教育センターである。

メディア[編集]

グレートフォールズで発行される新聞は「グレートフォールズ・トリビューン」である。ラジオ局としてはAM4局、FM13局がある。

軍隊[編集]

グレートフォールズにはマルムストローム空軍基地と第341ミサイル航空団がある。第341操作グループはその航空団の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、モニターし確保する部隊と、ミサイル警戒施設(MAF)を運用する部隊を抱えている。

このICBMとMAFは西半球では最大の23,000平方マイル (59,570 km2)、ウェストバージニア州の大きさに匹敵するミサイル複合施設にばらまかれている。

このグループは50億ドル以上に相当する様々な装置、施設および車両を運用している。

グレートフォールズ国際空港はモンタナ州空軍州兵の第120戦闘機航空団の基地でもある。この航空団はF15イーグル戦闘機とこれに関連するサポート要員で構成されている。

グレートフォールズには第889アメリカ陸軍予備役隊もいる。

警察[編集]

グレートフォールズ警察署は市の法律を執行させる機関である。ここには82名の宣誓した男女と37名の市民支援スタッフがいる。特殊部隊など多くの支部もある[40]

パトロール部門には49名の警官がおり、4シフトで勤務している。2005年には32,823回のコールに応じた。3つのパトロール隊があり、1人の中尉、2人の軍曹、および10人の警官で構成されている[41]。3匹の警察犬がおり、すべてオランダから連れてきた。ドラッグの発見や容疑者の識別に使われている[42]。バイク・パトロールは4名の警官がおり、主にマウンテンバイクを使って中心街をパトロールしている。特別機動隊は危険な状況に対応できるよう訓練されている。

警察署は1888年に設立された。ジョージ・E。ヒューイが初代巡査長になった。当時は警官2人だった。制服が無かったので平服を着ていた。1914年に自動車を導入し、1940年に送受信兼用の無線機を、1970年にコンピュータを入れた。現在自動車は65台ある。

現在の警察署長はクロイド・"コーキー"・グローブである[43]

スポーツ[編集]

クラブ スポーツ リーグ 競技場
グレートフォールズ・ボイジャーズ 野球 パイオニアリーグ センティーン・スタジアム

1979年から1980年にアイスホッケーシーズンには、グレートフォールズのフォーシーズンズ・アリーナがグレートフォールズ・アメリカンズの本拠地になった。このチームの戦績は2勝25敗で、その後にチームを畳んだ。グレートフォールズはボイジャーズと共に野球の豊富な歴史がある。以前はホワイトソックス、ドジャースおよびジャイアンツとも呼ばれ、ペドロ・マルティネス、ホセ・オッファーマンおよびラウル・モンデシのような大リーグ選手がグレートフォールズでプレイしたことがあった。1988年以降、パイオニアリーグで5度優勝した。2007年、バスケットボールのグレートフォールズ・イクスプローラーズがCBAナショナル・カンファランスで2位になった。

マリアナUFO事件[編集]

マリアナUFO事件は1950年に起こった。マイナーリーグ野球チーム、グレートフォールズ・エレクトリックスの総監督ニコラス・"ニック"・マリアナとその秘書が、2つの「明るく銀色の球体」が市の誰も居ない野球場の上を急速に飛びすぎたのを観測した。マリアナは自分のカメラでその物体を撮した。このフィルムはUFOを撮した最初のものになった。この事件は国内でも広く報道され、アメリカ合衆国でも最初の大きなUFO事件となった。2007年、グレートフォールズ・ホワイトソックスはこの事件を記念するためにボイジャーズと球団名を変えた。このチームのロゴは空飛ぶ円盤に緑色のエイリアンが乗っている姿である。

著名出身者と住人[編集]

  • バリーン・ティペッツ・アベリー、伝記作者、歴史家
  • ジェイソン・ビーム、ダーク・アートジャンルの画家
  • ウォルター・ブロイニング、現在(2010年)の世界最長老男性
  • ジェイムズ・R・ブローニング、判事、アメリカ合衆国控訴裁判所第9区の元首席判事、アメリカ合衆国最高裁判所の元事務官
  • ドロシー・コバーン、無声映画時代の女優
  • ブライアン・コイル、ミネソタ州の地域社会の指導者、ゲイの活動家
  • スコット・デイビス、フィギュアスケーター、全米大会で2度優勝
  • デイブ・ディッキンソン、カナディアンフットボールリーグ選手
  • パトリック・ドワイヤー、ナショナルホッケーリーグ選手
  • コリー・フォン、ノースダコタ州収税コミッショナー
  • テッド・ジョグヘーガン、ホラー映画制作者
  • ジョン・ギボンズメジャーリーグベースボール監督
  • パリス・ギブソン、アメリカ合衆国上院議員、グレートフォールズ市設立者
  • ミッシー・ゴールド、子役、テレビ番組Bensonに出演
  • メロニー・G・グリフィス、メリーランド州議会議員
  • A・B・ガスリー・ジュニア、ピューリッツァー賞を受賞した作家、The Way West
  • マルコーム・ハンコック、雑誌の漫画家
  • チャールズ・S・ハートマン、モンタナ州選出のアメリカ合衆国下院議員
  • ポール・G・ハットフィールド、連邦地区裁判所判事(1979年 - 2000年)、元アメリカ合衆国上院議員、モンタナ州最高裁判所元首席判事、モンタナ州地区裁判所元判事
  • レスター・ホーガン、マイクロウェーブと半導体技術のパイオニア
  • ジョセフ・キンゼイ・ハワード、著作家、歴史家
  • ジェイ・L・ジョンソンアメリカ海軍提督、海軍作戦本部長
  • エドワード・マクナイト・コーファー、20世紀初期のグラフィックデザイナー、ポスター画家
  • パート・ケルトン、女優、The Honeymoonersの初代アリス・クラムデン
  • ライアン・リーフ、ナショナルフットボールリーグの選手
  • バーバラ・ラディ、女優
  • ハワード・ライマン、ベジタリアン運動家
  • アイナー・アクセル・マルムストローム、アメリカ空軍大佐
  • マイケル・マンスフィールド、アメリカ合衆国下院議員、同上院議員、上院多数党院内総務最長就任記録保持者、駐日本大使
  • チャールズ・マリオン・ラッセル、西部開拓時代の画家
  • リンダ・マクドナルド、全て女性のメタルバンド Phantom Blue のドラマー
  • レナード・マッケワン、ワイオミング州最高裁判所元判事、グレートフォールズで生まれ、ワイオミング州シェリダンに移転
  • サイラ・マクファデン、著作家
  • ジョージ・モンゴメリー、俳優、画家、彫刻家、スタントマン、近くのブラディ生まれ
  • マット・モリソン、FOXスポーツネットのキャスター
  • ジョン・ミーシャ・ペトケビッチ、フィギュアスケーター、全米チャンピオン
  • アンドリュー・ネルソン、日本語辞書編集者
  • ヴィクトリア・パリス、アダルト映画女優
  • テラ・パトリック、アダルト映画女優
  • シャーリー・プライド、カントリー歌手
  • ジェラルド・R・モールン、アカデミー賞を受賞した映画制作者
  • チャールズ・ネルソン・プレイ、モンタナ州選出の元アメリカ合衆国下院議員
  • トラバー・レインズ、ニューヨークのファッションデザイン2人組ヒーセレットの片割れ
  • メリー・グリーン・ロバートソン、芸術家、美術史家、考古学者、マヤ文明研究家
  • ウィリアム・V・ロス・ジュニア、デラウェア州選出のアメリカ合衆国下院議員、同上院議員
  • ブライアン・サロネン、NFLダラス・カウボーイズの選手
  • ウォレス・ステグナー、ピューリッツァー賞を受賞した作家、Angle of Repose
  • ハリア・ストッダード、俳優、著作家、映画プロデューサー、同監督
  • アル・アルマン、オレゴン州選出のアメリカ合衆国下院議員
  • レジー・ワッツ、コメディアン、音楽家、舞台俳優
  • ジョン・ワーナー、モンタナ州最高裁判所判事
  • ブレット・ウェルデル、漫画家、Southland Tales劇画小説
  • ボブ・ウルフ、The Suns Gorilla、ナショナルバスケットボール・アソシエーションのマスコット
  • ビル・ゼディック、2006年世界フリースタイルレスリング・66 kg級優勝者
  • マイク・ゼディック、2006年世界フリースタイルレスリング・60 kg級2位

グレートフォールズで撮影された映画[編集]

グレートフォールズ鉄道駅

グレートフォールズ周辺では多くの映画が撮影されている。以下はその主なものである。

姉妹都市[編集]

グレートフォールズ市は以下の都市と姉妹都市を結んでいる

脚注[編集]

  1. ^ a b State & County QuickFacts, Great Falls, Montana, 2011-12-24閲覧
  2. ^ a b c Feathers, James K. and Hill, Christopher L. "Luminescence Dating of Glacial Lake Great Falls, Montana, U.S.A." XVI International Quaternary Association Congress. Stratigraphy and Geochronology Session. International Quaternary Association, Reno, 2003.
  3. ^ Davis, L.B., Hill, Christopher L.; and Fisher, Jr., Jack W. "Radiocarbon Dates for Paleoindian Components (Folsom, Scottsbluff) at the MacHaffie Site, West-Central Montana Rockies." Current Research in the Pleistocene. 19 (2002); Hill, Christopher L. "Middle and Late Wisconsin (Late Pleistocene) Paleoenvironmental Records from the Rocky Mountains: Lithostratigraphy and Geochronology of Blacktail Cave, Montana, U.S.A." Current Research in the Pleistocene. 18 (2001); Marsters, B.; Spiker, E.; and Rubin, M. "U.S. Geological Survey Radiocarbon Dates X." Radiocarbon. 11 (1969); Harrington, C.R. Annotated Bibliography of Quaternary Vertebrates of Northern North America: With Radiocarbon Dates. Toronto: University of Toronto Press, 2003. ISBN 080204817X
  4. ^ Strohmaier, David Jon. Drift Smoke: Loss and Renewal in a Land of Fire. Las Vegas, Nev.: University of Nevada Press, 2005. ISBN 0874176212
  5. ^ a b c d Malone, Michael P.; Roeder, Richard B.; and Lang, William L. Montana: A History of Two Centuries. 2d rev. ed. Seattle: University of Washington Press, 2003. ISBN 0295971290
  6. ^ a b c d e f g h Federal Writers' Project. Montana: A State Guide Book. Washington, D.C.: Federal Works Agency, Work Projects Administration, 1939. ISBN 1603540253
  7. ^ Fleming, Thomas J. The Louisiana Purchase. Hoboken, N.J.: John Wiley and Sons, 2003. ISBN 0471267384
  8. ^ Ambrose, Stephen. Undaunted Courage: Meriwether Lewis, Thomas Jefferson, and the Opening of the American West. New York: Simon & Schuster, 1996. ISBN 0684826976; Gilman, Carolyn. Lewis and Clark: Across the Divide. Washington, D.C.: Smithsonian Books, 2003. ISBN 1588340996; Lavender, David. The Way to the Western Sea: Lewis and Clark Across the Continent. New York: Harpercollins, 1988. ISBN 0060159820
  9. ^ Pritchett, Michael. The Melancholy Fate of Capt. Lewis. Columbia, Mo.: Unbridled Books, 2007. ISBN 1932961410
  10. ^ Betts, Robert B. In Search of York: The Slave Who Went to the Pacific With Lewis and Clark. Boulder, Colo.: Colorado Associated University Press, 1985. ISBN 0870817144; Hancock, Sibyl. Famous Firsts of Black Americans. Gretna, La.: Pelican Publishing Company, 1983. ISBN 0882892401; Doig, Ivan. English Creek. New York: Atheneum, 1984. ISBN 0689114788
  11. ^ Saindon, Robert A. Explorations Into the World of Lewis and Clark. Vol. 3. Scituate, Mass.: Digital Scanning Inc, 2003. ISBN 1582187665
  12. ^ O'Neal, Bill. Fighting Men of the Indian Wars: A Biographical Encyclopedia of the Mountain Men, Soldiers, Cowboys, and Pioneers Who Took Up Arms During America's Westward Expansion. Stillwater, Okla.: Barbed Wire Press, 1991. ISBN 093526907X
  13. ^ Allen, John Logan. North American Exploration: A Continent Comprehended. Vol. 3. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press, 1997. ISBN 0803210434
  14. ^ McManus, Sheila. The Line Which Separates: Race, Gender, and the Making of the Alberta-Montana Borderlands. Calgary: University of Alberta, 2005. ISBN 0888644345; Evans, Sterling. The Borderlands of the American and Canadian Wests: Essays on Regional History of the Forty-Ninth Parallel. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press, 2006. ISBN 0803218265
  15. ^ Tubbs, Stephenie Ambrose and Jenkinson, Clay. The Lewis and Clark Companion: An Encyclopedic Guide to the Voyage of Discovery. New York: Macmillan, 2003. ISBN 0805067264; Miller, James Knox Polk. The Road to Virginia City: The Diary of James Knox Polk Miller. Stillwater, Okla.: University of Oklahoma, 1960.
  16. ^ Cutright, Paul Russell and Brodhead, Michael J. Elliott Coues: Naturalist and Frontier Historian. Reprint ed. Urbana, Ill.: University of Illinois Press, 2001. ISBN 0252069870
  17. ^ Luebke, Frederick C. Nebraska: An Illustrated History. 2d ed. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press, 2005. ISBN 0803280424
  18. ^ Lamar, Howard Roberts. Dakota Territory, 1861-1889: A Study of Frontier Politics. New Haven, Conn.: Yale University Press, 1956; History of Southeastern Dakota. Sioux City, Iowa: Western Publishing Company, 1881.
  19. ^ Rees, John E. Idaho Chronology, Nomenclature, Bibliography. Chicago: W.B. Conkey Co., 1918.
  20. ^ a b c d e f Roeder, Richard B. "Paris Gibson and the Building of Great Falls." Montana: Magazine of Western History. 42:4 (Autumn 1992).
  21. ^ a b c "Great Falls, Montana." In Encyclopedia of the Great Plains. David J. Wishart, ed. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press, 2004. ISBN 0803247877
  22. ^ a b c Malone, Michael P. James J. Hill: Empire Builder of the Northwest. Reprint ed. Stillwater, Okla.: University of Oklahoma Press, 1996. ISBN 0806128607
  23. ^ a b c d e Myers, Rex C. and Fritz, Harry W. Montana and the West: Essays in Honor of K. Ross Toole. Boulder, Colo.: Pruett Publishing Co., 1984. ISBN 0871082292; Martin, Albro. James J. Hill and the Opening of the Northwest. St. Paul, Minn.: Minnesota Historical Society Press, 1991. ISBN 0873512618
  24. ^ Lutz, Dennis J. Montana Post Offices & Postmasters, p 24, p. 200. (1986) Minot, ND: published by the author & Montana Chapter No. 1, National Association of Postmasters of the United States.
  25. ^ Boerner, D.E.; Craven, J.A.; Kurtz, R.D.; Ross, G.M.; and Jones, F.W. "The Great Falls Tectonic Zone: Suture or Intracontinental Shear Zone?" Canadian Journal of Earth Sciences. 35:2 (1998); O'Neill, J. Michael and Lo, David A. "Character and Regional Significance of Great Falls Tectonic Zone, East-Central Idaho and West-Central Montana." AAPG Bulletin. 69 (1985); Mueller, Paul A.; Heatherington, Ann L.; Kelly, Dawn M.; Wooden, Joseph L.; and Mogk, David W. "Paleoproterozoic Crust Within the Great Falls Tectonic Zone: Implications for the Assembly of Southern Laurentia." Geology. 30:2 (February 2002); Harms, Tekla A.; Brady, John B.; Burger, H. Robert; and Cheney, John T. "Advances in the Geology of the Tobacco Root Mountains, Montana, and Their Implications for the History of the Northern Wyoming Province." Precambrian geology of the Tobacco Root Mountains, Montana. Special Papers, Volume 377. John B. Brady, H. Robert Burger, John T. Cheney, and Tekla A. Harms, eds. Boulder, Colo.: Geological Society of America, 2004. ISBN 0813723779
  26. ^ a b c Clawson, Roger and Shandera, Katherine A. Billings: The City and the People. Helena, Mont.: Farcountry Press, 1998. ISBN 1560370378
  27. ^ McRae, W.C. and Jewell, Judy. Moon Montana. 7th ed. Cambridge, Mass.: PublicAffairs, 2009. ISBN 1598800140
  28. ^ a b Montagne J.L. "Quatenary System, Wisconsin Glaciation." Geologic Atlas of the Rocky Mountain Region. Denver: Rocky Mountain Association of Geologists, 1972.
  29. ^ Hill, Christopher L. and Valppu, Seppo H. "Geomorphic Relationships and Paleoenvironmental Context of Glaciers, Fluvial Deposits, and Glacial Lake Great Falls, Montana." Current Research in the Pleistocene. 14 (1997); Hill, Christopher L. "Pleistocene Lakes Along the Southwest Margin of the Laurentide Ice Sheet." Current Research in the Pleistocene. 17 (2000); Hill, Christopher L. and Feathers, James K. "Glacial Lake Great Falls and the Late-Wisconsin-Episode Laurentide Ice Margin." Current Research in the Pleistocene. 19 (2002); Reynolds, Mitchell W. and Brandt, Theodore R. Geologic Map of the Canyon Ferry Dam 30' x 60' Quadrangle, West-Central Montana: U.S. Geological Survey Scientific Investigations Map 2860, scale 1:100,000. Scientific Investigations Map 2860. Washington, D.C.: U.S. Geologic Survey, 2005.
  30. ^ "Agriculture." In Encyclopedia of the Great Plains. David J. Wishart, ed. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press, 2004. ISBN 0803247877
  31. ^ Axline, Jon and Bradshaw, Glenda Clay. Montana's Historical Highway Markers. Rev. ed. Helena, Mont.: Montana Historical Society, 2008. ISBN 0975919644; Bowman, Isaiah. "Forest Physiography: Physiography of the United States and Principles of Soils in Relation to Forestry." American Environmental Studies. Reprint ed. Charles Gregg, ed. New York: Arno Press, 1970. ISBN 0405026595
  32. ^ Botkin, Daniel B. Beyond the Stony Mountains: Nature in the American West from Lewis and Clark to Today. New York: Oxford University Press, 2004. ISBN 0195162439
  33. ^ Fisher, Cassius A. "Geology of the Great Falls Coal Field, Montana." Bulletin - United States Geological Survey. Issue 356. Washington, D.C.: U.S. Geological Survey, 1909.
  34. ^ DeCelles, Peter G. "Sedimentation in a Tectonically Partitioned, Nonmarine Foreland Basin: The Lower Cretaceous Kootenai Formation, Southwestern Montana." Geological Society of America Bulletin. 97:8 (August 1986).
  35. ^ Great Falls Weather|Great Falls Weather Forecast|Great Falls Climate
  36. ^ Moffatt, Riley. Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850-1990. Lanham, Maryland|Lanham: Scarecrow, 1996, 131.
  37. ^ Subcounty population estimates: Montana 2000-2007 (CSV)”. United States Census Bureau, Population Division (2009年3月18日). 2009年5月8日閲覧。
  38. ^ http://www.gfps.k12.mt.us
  39. ^ Great Falls Public Schools website
  40. ^ History | Police Department | Great Falls, Montana
  41. ^ Patrol Services | Police Department | Great Falls, Montana
  42. ^ K-9 Dog Unit | Police Department | Great Falls, Montana
  43. ^ Administration | Police Department | Great Falls, Montana

参考文献[編集]

外部リンク[編集]