チヌーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チヌークシヌークChinook)は北米ロッキー山脈の東側に吹きおろしてくるフェーン風。24時間以内に気温が20度以上も上昇し、湿度は10パーセント以下に下がる。急速に山岳部の雪を溶かすので雪食い(Snow-eater)と呼ばれることもある。山脈が何条も走るカナダ・ロッキー山脈の山間部盆地であるオカナガン渓谷は、この風の影響で砂漠気候が発達し、ブドウ栽培に適する。

  • 1943年1月22日サウスダコタ州 Spearfishで急激な温度変化を観測。AM7:30(MST)頃に −4°F(−20℃) だったが、2分後には 45°F(7℃) になっていた。この 49°F(27℃)/2分 の温度上昇は世界記録である。その後AM9:00には 54°F(12℃) だったのが、27分後には 58°F(32℃) 下降して −4°F(−20℃) になっていた。

カナダ・アルバータ州南部でもよく見られ、レスブリッジ近くでは1時間に-19℃から+22℃へ41℃も上昇した記録がある (1962年2月)。

2007年3月、カナダ・カルガリーのチヌーク


関連項目[編集]