パレオ・インディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パレオ・インディアン(Paleo-Indians)とはかつて旧石器時代北米大陸に定住していた原始的な古代インディアンで、現インディアンの祖先である。

名前のパレオの名はギリシャ語で古代を意味する「palaios」から名付けられている。

パレオ・インディアンが使っていたとされるクローヴィス文化尖頭器は、北米各地で発掘されている。石器で作った槍で北米に生息していたマストドンマンモス、古代のカリブーバイソン(Bison latifrons) 、ヘラジカアメリカアカシカナキウサギなどの古代の動物を狩り食料や衣服にしたりしていたとされる。また昆虫や木の実や漿果根菜などを食料にし、洞窟で暮らしていた。

氷河期の終わり紀元前5000年頃ベーリング海峡を経たユーラシア大陸(東シベリア)と北米(アラスカ)が陸続きになっていたときに移動しながら狩猟をして暮らす遊牧民族のグループが北米に渡ったとされる。そしてアラスカからさらに南に移動して行きロッキー山脈周辺で定住していたが後に幾つかのグループに別れ、バラバラに更に南や東などに移動していった。それが現在のインディアン部族となるアパッチ族アラパホ族クロウ族シャイアン族ショーショーニー族スー族セネカ族ブラックフット族フラットヘッド族ユート族などの各部族である。

外部リンク[編集]