アメリカアカシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカエルク(ワピチ)
Wapiti.jpg
夏のアメリカアカシカ(雄)
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目(偶蹄目) Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目(反芻亜目) Ruminantia
: シカ科 Cervidae
: シカ属 Cervus
: アメリカアカシカ C. canadensis
学名
Cervus canadensis
(Erxleben, 1777) [2]
和名
アメリカアカシカ
キジリジカ
英名
wapiti (北米名 elk)

アメリカアカシカワピチキジリジカまたは北米名エルク(亜米利加赤鹿、黄尻鹿・学名 Cervus canadensis)は、北アメリカ大陸から東北アジアにかけて生息する大型のシカ

北アメリカ以外の地域では、エルク(elk,elg)とはヘラジカのことを意味する。ヨーロッパのアカシカよりも大きなアメリカアカシカを北アメリカで初めて見たヨーロッパ人の探検家がこれをヘラジカの一種と誤解し、エルクと呼んだために北米では「エルク」という呼称が一般化した。「ワピチ(ワピティ)」とは、アメリカインディアンショーニー族の言葉(Shawnee)で「白い尻」を意味するワーピティ(waapiti)に由来する呼称である。

本記事では北アメリカに生息する亜種群を中心に記述する。また、記事内の混乱を避けるため、北アメリカ亜種C. c. canadensisについてアメリカエルクと表記し、北アメリカ・東北アジアの亜種を全て含むC. canadensisの総称としてはワピチを用いることにする。

概要[編集]

ワピチはシカの中ではヘラジカについで2番目に体が大きい種である。雄は雌よりも1.2倍ほど大きい。アメリカアカシカのルーズヴェルトエルク・レースでは、雄は平均で、体重315kg程度、肩の高さ1.5m、全長2.4m程度である(雌は順に225kg・1.3m・2m程度)[3]。東北アジア地域の生息地では、体が最も大きい陸生動物の一つである。既知のシカの中では、遺伝的に最もニホンジカに近い。

雄のみが滑らかな(つの)を持つ。角は毎年春に伸び始め、冬の終わりに抜け落ちる。他のシカと同様に草や樹木の葉・樹皮を食べる草食動物である。増え過ぎた場合、地域の植生を破壊し、環境問題を引き起こす原因になる。また、ニュージーランドアルゼンチンには人為的に導入されており、一部では外来種として他の生物に圧力をかけるものとして問題視されている。

アメリカアカシカは、捕食圧が少なければ自然状態で15年ほど生きる。平均的な寿命は10-13年ほどであり、飼育下では20年ほど生きると考えられている[4]。北アメリカでは、ヒト以外に、オオカミピューマが成獣の天敵であり、ヒグマもときおり本種を捕食する他、コヨーテオオヤマネコが幼獣を捕食する。[5]。アジアでの主な天敵はオオカミ、ドール、ヒグマ、トラヒョウユキヒョウであり、ヨーロッパオオヤマネコイノシシも幼獣を捕食する[6]

特徴[編集]

早春の雄。角が伸び始め、冬毛が抜け落ちる途中。
冬毛の雄

形態的・生理的な特徴は次のとおりである。

ワピチ全般
  • ウシ目ウシ亜目(偶蹄目反芻亜目)の共通の特徴として、(ひづめ)は2つに割れ、食べた餌は反芻される。
  • 春から秋には主に草を餌とし、冬は樹木の木皮と小枝も食べる。
  • シカ科の共通特徴として、雄のみが毎年生え変わるを持つ。毎年春に伸び始め、秋には最大となり冬の終わりに抜け落ちる。この角の成長と脱落は男性ホルモン・テストステロンにより制御されている。角(枝角)は中心に骨があり、伸びている期間はベルベットと呼ばれる層で保護されている。角には分岐ができるが、年齢によって分岐数が異なる。
アメリカアカエルク
  • アメリカエルクの毛色は、背筋や尻・尾あたりの色が薄い(黄色・黄白色)。胴体の毛色は夏場は濃い黄褐色、冬場は薄い黄白色になる。頭部・脚部は胴よりも濃い色であることもある[3]。雌雄とも冬毛になるときには、首に色が濃い「たてがみ」が生える。この「たてがみ」は、東北アジア亜種の雌には生えないことがある。冬毛が抜けるときには、木などに体をこすり付けて払い落とす行動をとることもある。
  • 角は一日あたり2.5cm程度伸び、最終的には二本合わせて長さ1.2m・重さ18kg程度に達する。成獣の枝角は6またはそれ以上の分岐を持ち、更に2次的な分岐をする[7]

生息地[編集]

現在の分布

ワピチは、東北アジアおよび北アメリカに生息する。亜種の中で最も広範囲に分布しているのはアメリカアカシカ(C. c. canadensis)である。

北アメリカ大陸に存在している亜種群は、ヒグマオオカミヘラジカなどと同様に、更新世氷河期ベーリング地峡を渡って北アメリカに来た個体群の子孫だと考えられている[8]。氷河期が終わり海水面が上昇すると、ワピチは東北アジアでも北アメリカでも南に移動した。アメリカアカシカは、ツンドラ砂漠およびメキシコ湾岸地域の沼地を除くほとんどの北アメリカ大陸各地に生息する一般的な陸生動物の一種となった。東北アジアではワピチの生息地は、バイカル湖より西の地域では山の標高によって制限されることになった。それらの山としては、サヤン山脈キルギスタンカザフスタンアルタイ山脈中国天山山脈がある[9]。ロッキー山脈のアメリカアカシカは季節によって生息する標高を変えて移動するが、バイカル湖西の山脈にいるワピチも同様に移動するかは知られていない。

中国・朝鮮半島の温暖な森に生息する体の小さな2つの亜種は、満州ワピチ(C. c. xanthopygos)と蒙古ワピチ(C. c. alashanicus)として知られている。これらはヨーロッパでのアカシカと同様に森林に適応している。満州ワピチ(満州アカシカとも)は極東ロシアタイガおよび落葉樹混交林(mixed deciduous forest)にも生息しており、バイカル湖北の近くでは体の大きい別の亜種とも雑種を作っている。蒙古ワピチ(蒙古アカシカとも)は中国の北部・中央の山岳森林帯に生息する。東アジア地域では、角を取るためなどの目的で、ワピチを含めたシカ類を飼育することもある。

アメリカアカシカの生態[編集]

アメリカアカシカの仔

誕生と生育[編集]

アメリカアカシカの仔は、捕食者から見つかりにくい森の中で、5月から6月にかけて生まれる。一度の出産では、1頭の仔が生まれる(2頭のこともあるがまれである)。生まれた仔は、体重16kg程度で、体にはクリーム色の斑点の模様がある(この斑点は夏の終わりまでに消える)。出生数日後、母親と仔は、雌の群れに合流する。群れが草を探す間、「子守役」をする雌もいる。7月頃になると仔は草を食べ始めるようになる[10]。雄の仔は約1年群れに留まり、その後独立する。雌雄とも、生まれた年の翌年の夏(1.5歳)から生殖能力を持つようになる。しかし、実際には雌の場合は繁殖に関わるのは2.5歳以降[11]、雄の場合はそれよりもずっと遅く4-5歳以上で無いと優先雄(後述)になれないことが多い[12]

繁殖期を除き、アメリカアカシカは、雄の群れ(または個体)と、雌と仔からなる群れに分かれて行動する。

繁殖期の群れ
1頭の雄(中央部)と数頭の雌・仔

繁殖期[編集]

アメリカアカシカの繁殖期は、毎年8月から10月にかけて、地域によって異なるが1-3か月間続く。この時期、雄は首から匂いを出すようになり、他の雄より優れていることを積極的に誇示するようになる[11]。競り合う雄どうしは、横に並んで歩き、鳴き声を張り上げてお互いを評価する。どちらの雄も引き下がらない場合、角を使った争いとなり、時には致命的な傷を負うこともある。雌たちの群れに迎えられた雄(優先雄)は、群れとともに行動する。優先雄となるピークは、8歳前後である。2-4歳の若雄や11歳以上の雄は、まれにしか優先雄になれず、繁殖期にも雌の群れの周囲に近づくことは少ない。優先雄は、繁殖期に何度も交尾する。

分類[編集]

ワピチはウシ目・ウシ亜目・シカ科・シカ属に属する。

旧来の分類は、ワピチとヨーロッパアカシカ(C. elaphus)を同じ生物種とする場合と、別種とする場合と、研究者によって異なっていた。これら2つの生物にニホンジカ(C. nippon)を加えた3つの生物の間では互いに雑種ができ、互いに近縁の関係にあるとされていた。その中で、最も大型なワピチと次に大きなアカシカが形態的に似ていることから、この両者を同一種とする分類も正当性があった。

1991年アイソザイム分析[13]や、その後のミトコンドリアDNAを用いた分析[14][15][16]によって、ワピチはニホンジカとより近縁であり、ヨーロッパのアカシカはそれらよりも遺伝的に遠いことが示された(詳しくはシカ属のDNA研究を参照)。このことから、ワピチとアカシカを別の生物種とする分類が一般的になってきている。

亜種・レース[編集]

ワピチは、地域ごとにいくつかの亜種・レースに分けられる。全亜種をアカシカC. elaphusに含めるときも()内の亜種・レースのラテン語名は同じ。

北アメリカのレース[編集]

アメリカアカシカ亜種 (C. c. canadensis) は、次の6レースに分類される(内2種類は絶滅)。なお、英語名の'Elk'の表記はヨーロッパでは'Wapiti'など別表記。

ルーズヴェルトワピチ Roosevelt's Elk (roosevelti)
カリフォルニア州からカナダブリティッシュ・コロンビア州まで連なる北アメリカ大陸西海岸のカスケード山脈に生息する。アラスカにも移入されている。北アメリカ亜種の中で最も大型。最も大型であった記録は、アラスカの雄の例で体重 591kg(1,300lbs)である[10]
テュールワピチ Tule Elk (nannodes)
カリフォルニア州中央部に生息。北アメリカ亜種のレース中で最も小さい。東北アジア亜種とは同じくらいの大きさ。
マニトバワピチ Manitoban Elk (manitobensis)
北部グレートプレーンズに生息。
ロッキー山脈ワピチ Rocky Mountain Elk (nelsoni)
ロッキー山脈の西に生息
ヒガシワピチ Eastern Elk (canadensis) - 絶滅
アメリカ合衆国東部に生息していた。
メリアムワピチ Merriam's Elk (merriami) - 絶滅
アメリカ合衆国南西部・メキシコに生息していた。

東北アジア亜種[編集]

アメリカアカシカに比べて情報が少ない。各日本名は英名からの仮訳である。東北アジア地域のワピチは、しばしば英語では maralと表記される。しかしながら、maralとは主に東欧から中東に生息するアカシカのことを指すものであるので注意が必要である(C. elaphus ssp.maralトルコイランに生息するアカシカの亜種)。

シベリアワピチ Siberian Wapiti, Altai Wapiti (sibericus)
満州ワピチ Manchurian Wapiti, Isbura (xanthopygos)
中国・朝鮮半島からバイカル湖付近まで分布。体色はアメリカアカシカより濃く赤みを帯びる。成獣でも夏の体色には背中にいくつかの斑点が残る。
蒙古ワピチ Alashan Wapiti (alashanicus)
全てのワピチの中で最も小型な亜種。DATA DEFICIENT @ IUCN Red List ver 2.3 (1994)
青海ワピチ(白臂鹿)M'Neill's Wapiti (macneilli)
チベットワピチ Shou (wallichii)
DATA DEFICIENT @ IUCN Red List ver 2.3 (1994)
天山ワピチ Tien Shan Wapiti (songaricus)
甘粛ワピチ Kansu Wapiti (kansuensis)
アカシカ C. elaphus
ニホンジカ C. nippon

シカ属のDNA研究[編集]

2004年のクリスティアン・ルットらの研究[16]の前にも、シカ属の各種の類縁関係について分子生物学的な分析を行った例がある[13][14][15]。ここでは、シカ属50系統415個体(アカシカ・ワピチ・ニホンジカ・サンバー (C. unicolor)・ルサジカ英語版 (C. timorensis)・クチジロジカ (C. albirostris))および別属のアクシスジカ (Axis porcinus) 1系統12個体・ダマジカ (Dama dama) 1個体について分析したルットらの研究について紹介する。

ルットらは、ミトコンドリアシトクロムbの1140塩基対のDNAPCRによって増幅し、塩基配列を比較し、供試材料の近縁関係を調査した。 その結果、ワピチはニホンジカと最も類縁関係が近く、その2種にクチジロジカを加えた3種で、「東アカシカ」のグループが構成された。アカシカは、中央アジア群とその他の地域のアカシカに大別され、両者を合わせた「西アカシカ」のグループを構成した。この「東」「西」のグループを含む上位グループが、サンバーやアクシスジカ・ダマジカと比較されるグループであった。

以上から、「東アカシカグループ」(ワピチ・ニホンジカ・クチジロジカ)と「西アカシカグループ」(アカシカ)は遺伝的に分けられることが判明した。

人間との関係[編集]

本種は様々な民族の文化史において重要な役割を負っていた。アジアの新石器時代の岩絵には角のない雌のワピチが描かれ、再生と維持の象徴と解釈されている。青銅器時代の初期には、生活における狩猟の重要性の低下と時を同じくしてワピチの岩絵は少なくなっていった[17]

アメリカインディアンの社会では、米国南西部の古代プエブロ人も本種をピクトグラムなどに表している。近代のスー族社会の精神文化にとってもアメリカアカシカは重要な存在であった [18]。スー族の男子は誕生すると、長寿を願って本種の体の中でも最も腐朽しにくい部分である歯を与えられた。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』で「拳を握って立つ女」がジョン・ダンバーと結婚する時に用意された衣服も本種の歯で装飾されている。アメリカアカシカの雄は力、勇気、精力、性愛の象徴とされ、本種を夢に見た若い男性は求婚用の衣服に本種を描くことを許された [19]

狩猟の対象であり、狩猟を目的とした牧場も存在する。北米とニュージーランドでは、ワピチの牧場は珍しくない[20]。肉は牛肉や鶏肉と比べて脂肪分が少なく、蛋白質が豊富である[21]鉄分リン亜鉛も豊富だが、コレステロール分が高い[22]。角と袋角は漢方薬韓方薬の素材として用いられ、角は工芸品や家具などの素材にも用いられる。中央アジアと東アジアの漢民族、テュルク民族、ツングース族、モンゴル族朝鮮民族は、アジアに分布するワピチを角をとるために飼育していた。近代のクーテナイ族クリー族オジブワ族、ポーニー族などインディアン部族の多くは本種の皮革からティピー、掛け布や衣類、履物を作っていた。現代の皮革製品は実用品よりも装飾的な役割を持ったものが多いが、靴、手袋、ベルトなどは今でも珍しくない。

ロッキー山脈ワピチ(C. canadensis nelsoni)はユタ州を象徴する動物とされている。

北アメリカの大イエローストーン生態系に生息する個体群は、ブルセラ症の病原菌の感染源になることが知られている。ウシに感染すると不妊、流産、乳分泌の低下を起こし、ヒトに感染するとインフルエンザに似た症状が何年も続くことがある。感染源としてはアメリカバイソンの方が重要であるが、米国ワイオミング州では本種から馬が、アイダホ州では本種から牛がブルセラ症に感染した例がある。現在ワクチンと個体群の管理を通した本種からのブルセラ症の根絶が試みられている[23]

参考資料[編集]

  1. ^ IUCNレッドリスト
  2. ^ Erxleben JCP (1777) "Anfangsgründe der Naturlehre and Systema regni animalis." - C. elaphus ssp. canadensisとして命名
  3. ^ a b Rocky Mountain Elk Foundation - Fast Facts
  4. ^ Elk”. Great Smoky Mountains. National Park Service. 2008年4月26日閲覧。
  5. ^ Thomas, Jack Ward; Dale Toweill (2002). Elk of North America, Ecology and Management. New York: HarperCollins. ISBN 1-58834-018-X. 
  6. ^ Geist, Valerius (1998). Deer of the World: Their Evolution, Behavior, and Ecology. Mechanicsburg, Pa: Stackpole Books. ISBN 978-0-8117-0496-0. 
  7. ^ Rocky Mountain Elk Foundation - What Are Elf
  8. ^ Flannery, Tim (2001-05-10). The Eternal Frontier: An Ecological History of North America and Its Peoples. Atlantic Monthly Press. pp. pp. 212-217. ISBN 0-87113-789-5. 
  9. ^ Cervus elaphus”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2008年4月26日閲覧。
  10. ^ a b Eide, Sterling. “Roosevelt Elk”. Alaska Department of Fish and Game. 2008年4月26日閲覧。
  11. ^ a b アメリカ合衆国・魚類野生生物局 - 国立エルク保護区 - Elk Biology
  12. ^ Elk (Cervus elaphus)”. South Dakota Department of Game, Fish and Parks. 2008年4月26日閲覧。
  13. ^ a b Linnell JC, Cross TF (1991). "The biochemical systematics of red and sika deer (genus Cervus) in Ireland". Hereditas, 115:267-273.Abstract
  14. ^ a b Polziehn RO, Strobeck C (1998). "Phylogeny of Wapiti, Red Deer, Sika Deer, and Other North American Cervids as Determined from Mitochondrial DNA". Molecular Phylogenetics and Evolution. 10:249-258. Abstract
  15. ^ a b Polziehn RO, Strobeck C (2002). "A Phylogenetic Comparison of Red Deer and Wapiti Using Mitochondrial DNA ". Molecular Phylogenetics and Evolution, 22:342-356. Abstract
  16. ^ a b Ludt CJ et al. (2004). "Mitochondrial DNA phylogeography of red deer (Cervus elaphus) ". Molecular Phylogenetics and Evolution, 31:1064-1083. Abstract, PDF full text(2.58Mb)
  17. ^ Jacobson, Esther (1993). The Deer Goddess of Ancient Siberia: A Study in the Ecology of Belief. Leiden, The Netherlands: Brill Academic Publishers. ISBN 978-90-04-09628-8. 
  18. ^ Elk In History”. Rocky Mountain Elk Foundation. 2007年6月4日閲覧。
  19. ^ Halder, Bornali (2002年). “Lakota Sioux Animal Symbolism I”. Lakota Archives. 2007年6月4日閲覧。
  20. ^ Deer farming in New Zealand”. Deer Farmer (2003年11月29日). 2007年6月4日閲覧。
  21. ^ Robb, Bob; Gerald Bethge (2001). The Ultimate Guide to Elk Hunting. The Lyons Press. ISBN 1585741809. 
  22. ^ Nutritional Summary for Game meat, elk, raw”. Condé Nast Publications (2007年). 2007年6月4日閲覧。
  23. ^ Brucellosis and Yellowstone Bison”. Animal and Plant Health Inspection Services, USDA. 2007年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]