オセロ (シェイクスピア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オセロとデズデモーナ

オセロ』(Othello)は、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇。5幕で、1602年の作。副題は「ヴェニスのムーア人」(The Moor of Venice)。

ヴェニスの軍人であるオセロが、旗手イアーゴーの奸計にかかり、妻デズデモーナの貞操を疑い殺すが、のち真実を知ったオセロは自殺する、という話。シェイクスピアの四大悲劇の一つ。最も古い上演の記録は1604年11月1日にロンドンホワイトホール宮殿で行われたものである。

登場人物の心理が非常に明快であり、シェイクスピアの四大悲劇中、最も平明な構造をもつ。 ボードゲームのオセロの名前の由来である。

あらすじ[編集]

ヴェニスの軍人でムーア人であるオセロは、デズデモーナと愛し合い、デズデモーナの父ブラバンショーの反対を押し切って駆け落ちする。オセロを嫌っている旗手イアーゴーは、自分をさしおいて昇進した同輩キャシオーがデズデモーナと密通していると、オセロに讒言する。嘘の真実味を増すために、イアーゴーは、オセロがデズデモーナに送ったハンカチを盗み、キャシオーの部屋に置く。

イアーゴーの作り事を信じてしまったオセロは嫉妬に苦しみ怒り、イアーゴーにキャシオーを殺すように命じ、自らはデズデモーナを殺してしまう。だが、イアーゴーの妻のエミリアは、ハンカチを盗んだのは夫であることを告白し、イアーゴーはエミリアを刺し殺して逃げる。イアーゴーは捕らえられるが、オセロはデズデモーナに口づけをしながら自殺をする。

原典[編集]

『オセロ』のもとは、ツィンツィオの『百物語』第3篇第7話にある。デズデモーナはギリシャ語で「不運な」という意味で、この話の中では、デズデモーナは事故死に見せかけてオセロが殺す。後に錯乱し、イアーゴーを解職したが、オセロはこの罪を問われ追放され、デズデモーナの親戚に殺される。イアーゴーはこのことが知られ、拷問の末に死亡する、という筋で、このほかは非常によく似ている。この話の中で名前で呼ばれているのはデズデモーナのみで、ほかはムーア人、旗手、などと呼ばれている。

作品解説[編集]

表題の人物であるオセロは気高いムーア人(北アフリカのムスリム)であり、キプロスの軍隊の指揮官である。オセロはムーア人であるにもかかわらず、同情的に描かれている。これはムーア人のような肌の黒い人々が悪役として描かれることが多かったシェイクスピアの時代のイギリス文学においては珍しいことである。ただしこれは個人的・道徳的に捉えた場合で、オセロに対するイアーゴーの同性愛――あるいは女性否定のホモソーシャリティ――を認識するなら、純粋な背理者、欲望の実行(成功)者はオセロのみとなり、その当時のムーア人社会が男色者達の集団・男色社会として扱われていた事を踏まえると、イングランドはそれを許容しないというテーマ、すなわち悪はオセロ=ムーア人社会だけになる。オセロが黒人であるかアラブ人であるかについては研究者の間でも議論があるが、一般には前者と解釈されている。シェイクスピアは劇中でイスラム教についてほとんど触れていない。

日本語訳[編集]

ほかに、坪内逍遥木下順二平井正穂らの訳がある。

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ化[編集]


「オセロ」を元にした音楽作品[編集]

「オセロ」に由来して命名された事物[編集]

外部リンク[編集]