イリーナ・スコブツェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリーナ・スコブツェワ
Ирина Скобцева
Ирина Скобцева
1966年撮影
本名 Людмила Михайловна Савельева
(Irina Konstantinova Skobtseva)
生年月日 1927年8月22日(87歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦トゥーラ[1]
国籍 ロシアの旗 ロシア
職業 女優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1955年 -
配偶者 セルゲイ・ボンダルチューク(1959年 - 1994年)※死別
家族 イェレーナ・ボンダルチュークロシア語版(娘)
フョードル・ボンダルチューク(息子)
主な作品
映画
オセロ
戦争と平和

イリーナ・スコブツェワロシア語: Людмила Михайловна Савельева, Irina Konstantinova Skobtseva, 1927年8月22日 ソ連トゥーラ[1] - )は、ソビエト連邦/ロシアの映画女優

略歴[編集]

1927年に旧ソ連のトゥーラで、気象学の学者である父コンスタンチン・スコブツェフと公文書調査員の母ジュリア・ニコラエヴナの間に生まれる[1]モスクワ大学歴史学部[要出典]で学び、1951年にモスクワ芸術座に入って演技を学び1955年に女優として卒業する[1]

1955年にウィリアム・シェイクスピア原作の『オセロ』のソ連での映画化で、デズデモーナ役で出演し映画デビュー。オセロ役のセルゲーイ・ボンダルチュークと共演する。この作品はカンヌ国際映画祭監督賞を受賞している。

1959年にボンダルチュークと結婚、男女二児をもうける(二人とも後に俳優となる)。ボンダルチュークとは彼が監督・主演しているレフ・トルストイ原作の『戦争と平和』で夫婦を演じている。『戦争と平和』は米国アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞を受賞。

1966年昭和41年)6月19日、『戦争と平和』第一部の日本公開のため、夫のボンダルチューク、ナターシャ役のリュドミラ・サベーリエワ、アンドレイ役のヴァチェスラフ・チーホノフと共に来日。

主要出演作[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Irina Skobtseva - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]