ゲオルギー・ダネリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオルギー・ダネリヤ(Георгий Данелия、1930年8月25日 トビリシ - )は、ロシア映画監督。ロシア国籍グルジア人

1955年、モスクワ建築大学卒業。その後「モスフィルム」の上級監督コースを修了。1959年からモスフィルムで監督として働きはじめる。

最初の長編映画作品はヴェーラ・パノワВера Пановаの中篇小説を題材とした「セリョージャ」(1960年、イーゴリ・タランキンと共同監督)であった。この作品は、カルロヴィ・ヴァリ映画祭をはじめとするいくつかの国際映画祭を獲得した。

「僕はモスクワを歩く」(1963年)滑稽さと悲しみ皮肉リアリズム、そして複雑な性格とドキュメンタリー調に映された街の風景を結合させる自身のスタイルを確立。日本でも上映された[1]。このほかの日本公開作に「不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年)がある(日本公開は1991年)

またソ連国内で最も観客動員数が多かったのは「アフォーニャ」(1975年)である。タシケント国際映画祭で大賞を受賞している。

その他の作品としては、モスクワ国際映画祭で金賞を獲得した「ミミノ」(1977年)や、サン・セバスティアン国際映画祭で大賞を獲得した「秋のマラソン」(1979年)などがあげられる。


監督作品 [編集]

(観客動員数などの基本データは、Энциклопедия отечественного киноおよびセルゲイ・クドリャフツェフ[2]による)


  • 1975年 Афоня (邦訳:アフォーニャ)、92分、観客動員6220万人(1975年の第1位)
  • 1977年 Мимино (邦訳:ミミノ)、97分、観客動員2440万人(1978年の第17位)
  • 1993年 Настя (邦訳:ナスチャ)、89分。
  • 2000年 Фортуна (邦訳:フォルトゥナ号)、87分。

[編集]

  1. ^ 1964年10月 第2回ソビエト映画祭(10月28日 東京・有楽町読売ホール、10月30日 新潟・松竹大竹劇場)で上映:ロシア映画社アーカイブスより。
  2. ^ クドリャフツェフ編の観客動員数の統計資料については、次の文献を参照のこと。西周成『映画 崩壊か再生か』(アルトアーツ、2011年9月)24ページ、同『タルコフスキーとその時代』(アルトアーツ、2011年4月)83~86ページ。
  3. ^ アテネ・フランセ文化センターでの上映時の邦題。直訳は「僕はモスクワを歩く」。
  4. ^ 監督の自伝 Безбилетный пассажир. М.,: Эксмо, 2011. による。


参考文献[編集]

  • Некипелов А.Д. (глав. ред.) Новая Российская энциклопедия. М., 2003.,Т. 5.
  • Щукин А.Н. Кто есть кто в русской истории: 2000 известных россиян. М., 2011.
  • 『新版 ロシアを知る事典』平凡社、2004年1月)