リュドミラ・サベーリエワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュドミラ・サベーリエワ
Людмила Савельева
Людмила Савельева
1972年
本名 Людмила Михайловна Савельева
Lyudmila Mikhaylovna Saveleva
生年月日 1942年1月24日(72歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦レニングラード(現在のサンクトペテルブルク
国籍 ロシアの旗 ロシア
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1965年 -
配偶者 アレクサンドル・ズブルエフ(1965年 - )
主な作品
映画
戦争と平和
ひまわり

リュドミラ・サベーリエワリュドミーラ・サヴェーリエヴァロシア語: Людмила Михайловна Савельева, Lyudmila Savelyeva, 1942年1月24日 レニングラード、現サンクトペテルブルク - )は、ソビエト連邦/ロシアの映画女優バレリーナ

略歴[編集]

リュドミラ・サベーリエワは包囲戦の渦中にあったレニングラードで生まれた。1962年、レニングラード・バレエ学校(現ワガノワ・バレエアカデミー)を卒業し、レニングラード・キーロフ歌劇場(現マリインスキー劇場)の一員となった。1964年、参加したバレエ『Спящая красавица眠れる森の美女)』によってスクリーン・デビューを果たした。

レフ・トルストイ原作の『戦争と平和』の映画化の準備中であったセルゲーイ・ボンダルチューク監督の助手が彼女に注目し、サベーリエワはスクリーンテストのためにモスクワに招かれた。それまで全く演技経験の無かった彼女がナターシャ・ロストワ役を射止める可能性は低かったが、何度もテスト、チェック、リハーサルを重ねた後、ボンダルチュークはサベーリエワの既存の女優には無い潜在能力を認め、彼女を抜擢した。映画は撮影に数年間を要する大作であった。ボンダルチューク自身も主役のピョートル・ベズーホフ伯爵を演じた。

1966年(昭和41年)6月19日、『戦争と平和』第1部の日本公開のためボンダルチューク、アンドレイ役のヴャチェスラフ・チーホノフ、エレン役で出演したボンダルチュークの妻のイリーナ・スコブツェワСкобцева, Ирина Константиновна)らと共に来日。翌日の6月20日には、東京都港区にある東京プリンスホテルで記者会見を行った。

『戦争と平和』は1968年の米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、サベーリエワは国際的に知られるようになり、マルチェロ・マストロヤンニソフィア・ローレンと共演したヴィットリオ・デ・シーカ監督のイタリア映画ひまわり』(1970年)にも出演した。1985年にはロシア・ソビエト連邦社会主義共和国から「ロシア国民俳優」(Народный артист РСФСР)の称号を贈られた。

夫は俳優のアレクサンドル・ズブルエフ(Александр Викторович Збруев)。ナターリアという娘がいる。

出演作[編集]

外部リンク[編集]