モスクワ芸術座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスクワ芸術座の建物

モスクワ芸術座ロシア語: Московский Художественный Академический Театр、略称: МХАТ)はモスクワにあるロシアの劇場である。コンスタンチン・スタニスラフスキーとヴラジーミル・ネミローヴィチ=ダンチェンコにより1897年に設立された。古儀式派資本家のサッバ・モロゾフが最大の出資を行い、彼はスタニスラフスキーとネミローヴィチ=ダンチェンコとともに初期の運営上の決定を行っていた[1]リアリズム演劇を確立し、世界の演劇界に多大な影響を与えた。

沿革[編集]

1897年に設立されたモスクワ芸術座を一躍有名にしたのは翌1898年のアントン・チェーホフの『かもめ』の再演だった。1895年に書かれた『かもめ』はその翌年の1896年にサンクトペテルブルクのアレクサンドリンスキイ劇場で初演されたが、これはロシア演劇史上類例がないといわれるほどの失敗に終わっていた。

しかしモスクワ芸術座による再演は俳優が役柄に生きる新しい演出によってこの劇の真価を明らかにし、大きな成功を収めた。この成功を記念してモスクワ芸術座は飛翔するかもめの姿をデザインした意匠をシンボル・マークに採用した。

以後、チェーホフの『ワーニャ伯父さん』や『三人姉妹』、『桜の園』を次々と初演していった。このほか主な演目にマクシム・ゴーリキーミハイル・ブルガーコフの作品などがある。

劇団は1917年の十月革命の後もソビエト連邦政府の手厚い支援を受けつつ発展を続けた。劇団所属の多くの俳優たちにソ連人民芸術家の称号が与えられた。

1987年に劇団はオレグ・エフレモフを芸術監督に擁するチェーホフ記念モスクワ芸術座と、タチアナ・ドロニナを擁するゴーリキー記念モスクワ芸術座の二つに分裂した。チェーホフ記念モスクワ芸術座は2000年からオレグ・タバコフが芸術監督を務めている。

日本との関わり[編集]

1912年から翌年にかけてモスクワを訪問した小山内薫はモスクワ芸術座によるゴーリキーの『どん底』を観劇し、スタニスラフスキーの自宅にも招かれた。小山内はこの時に記録した克明なノートをその後の演出に生かした。以来、モスクワ芸術座は日本の新劇界にとって範であり続けた。

1958年から翌年にかけて初めて日本を訪れ、『三人姉妹』などを上演した。1968年、1988年にも日本で公演を行っている。

2004年には静岡で鈴木忠志の演出によりシェイクスピアの『リア王』を上演した。この鈴木演出による『リア王』はモスクワ芸術座の正式なレパートリーとなり、鈴木はスタニスラフスキー賞を受賞した。2005年、2006年にも日本で鈴木演出の『リア王』を上演した。

[編集]

  1. ^ Орлов Ю., Экономика Московского Художественного театра 1898—1914 годов: к вопросу о самоокупаемости частных театров.

外部リンク[編集]