ソ連人民芸術家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソ連人民芸術家ロシア語: Народный артист СССР、女性型はНародная артистка СССР英語: People's Artist of the USSRソ連国家芸術家とも)は、ソ連における栄誉称号のひとつである。1936年から1991年の間に1007名へ授与されている。

概要[編集]

ソ連人民芸術家という用語が使用されているため、芸術家全般を対象にしているかの如き印象を受けるが、この称号は、舞台芸術及び、視覚芸術(ビジュアルアート)の二部門を対象としていた。また、個々のソ連邦構成共和国ロシアウクライナ白ロシアカザフリトアニアモルダビアラトビアエストニアなど)や自治共和国も人民芸術家を設定し、さらに功労芸術家を設定して階層化がなされていた。例えば、ロシアでは、上から順に、ソ連人民芸術家 ― ロシア人民芸術家 ― ロシア功労芸術家という順になっていた。

例えば、モルドバ人で現在ウクライナで活躍中の歌手、ソフィーヤ・ロタール1973年ウクライナ共和国功労芸術家、1976年ウクライナ共和国人民芸術家、1983年モルダビア共和国人民芸術家、1988年ソ連人民芸術家の称号を逐次授与された。

これら人民芸術家の称号の保持者は、ソ連政府から特権を与えられるとともに、ソ連文化省から任務を与えられた。このような性格上、当然のごとく、ソビエト体制を批判した異論派のような芸術家や作家は、疎外された。また、表立って体制に反対はしていないが反対派にとって価値のあるアーティストに対し、敢えて称号を与えることで反対派との切り離しを行うという手段にも用いられた。例えば、上述のソフィーヤ・ロタールは、1988年にモスクワ政府が人民芸術家の称号を授与したことにより、ウクライナで盛り上がっていた反体制的・民族主義的な運動からは体制迎合的な裏切り者として一時排除された。これは、ウクライナ文化の復興を熱望していた本人には不本意な結果であったが、一方、称号を与えたモスクワ政府にとっては、当時ウクライナで最も人気のある歌手が反体制側で影響力を発揮するのを未然に防ぐことができ、運動を分裂させることに成功したという点で大きな効果が得られたものであった。

舞台芸術[編集]

ソ連人民芸術家の称号は、舞台芸術における特筆すべき業績を上げた者に対して授与され、舞台芸術部門の授賞対象者には、作曲家、舞踏家、歌手、映画監督、劇場指揮者、及び、全ソ連邦構成共和国の俳優を含んだ。舞台部門は1936年に創設され、ソ連初期には、共和国人民芸術家と称された。最初に授与されたのは、女優のマリア・エルモロワМария Ермолова) である。最後の受賞者は、オレグ・ヤンコフスキーОлег Янковский)と歌手のアーラ・プガチョワである。

当初、対象は舞台俳優、バレリーナ、オペラ歌手に限定されていたが、徐々に映画俳優(例:リュボーフィ・オルローヴァЛюбовь Орлова))、作曲家(例、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ)、人気歌手(例、レオニード・ウチョソフЛеонид Утёсов))、喜劇俳優(例、アルカジー・ライキンАркадий Райкин))、道化役者(例、オレグ・ポポフru:Олег Попов))などにまで対象が拡がった。

通常、受賞者はその年齢が40歳に達するとソ連人民芸術家の称号を授与された。例外はバレエ関係の芸術家で、例えば、ナデージダ・パヴロワНадежда Павлова)は、28歳でこの称号を授与されている。男性俳優の最年少受賞者はセルゲーイ・ボンダルチュークの32歳で、女優では、リュドミラ・クルシナЛюдмила Чурсинаユーリ・アンドロポフ書記長の義理の姪と伝えられる)の40歳である。

2012年現在、最古の受賞者はオペラ歌手マヤ・クリエヴァМая Кулиева、1955年受賞)である。

視覚芸術[編集]

正式名称はソ連邦人民画家Народный художник СССРPeople's Painter of the USSR)で、絵画彫刻デッサン写真の視覚芸術部門における卓越した芸術家を対象に授与された。

関連事項、その他[編集]

ソ連人民芸術家の他に、旧ソ連邦には、

  • 建築部門、ソ連人民建築家
  • 文学部門、ソ連人民作家、ソ連人民詩人
  • 教育部門、ソ連人民教育者(ソ連人民教師)
  • 医学部門、ソ連人民医師(ソ連人民博士)

の名誉称号があった。

外部リンク[編集]