コンスタンチン・スタニスラフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
thumbs

コンスタンチン・スタニスラフスキーКонстантин Сергеевич Станиславский, :Konstantin Stanislavski (Constantin Stanislavsky), 1863年1月17日ロシア暦1月5日) - 1938年8月7日)はロシア革命の前後を通して活動したロシア・ソ連の俳優であり演出家。本姓はアレクセーイェフ(Алексеев / Alexeyev)。

芝居が好きなモスクワの工場主の家に生まれる。正教古儀式派の信徒であり、古儀式派企業家のサッバ・モロゾフとは同窓生[1]1877年には、兄弟姉妹を中心にアマチュア劇団を結成、スタニスラフスキーは芸名である。1888年に文芸協会を設立。1898年ネミロビチ・ダンチェンコ(1859-1943年)、サッバ・モロゾフとともにモスクワ芸術座を結成し、ゴーリキーチェーホフなどの戯曲を上演した。1928年、心臓病のため俳優はやめた。

彼が創り上げた俳優の教育法は、スタニスラフスキー・システムと呼ばれ、世界的に多大な影響を与えた。 主著に自伝『芸術におけるわが生涯』(1926年)、『俳優修業』全3巻(1938-48年)がある。なお、『俳優修業』の邦訳は『俳優の仕事』という邦題に改訳されて新たに出版された。

著書(日本語訳)[編集]

  • 『スタニスラーフスキイ自伝』(上)島田謹二訳,岩波文庫,1942年
  • 『俳優と劇場の倫理』土方与志訳, 未來社, 1952年
  • 『身体的行動』土方与志訳, 未來社, 1953年
  • 『舞台の第一歩』倉橋健訳, 未來社, 1954年
  • 『俳優修業』分冊, 山田肇訳, 未來社, 1955-56年 新版,1991年
  • 『演出者と俳優』牧原純訳, 未來社, 1955年
  • 『俳優の仕事』全4巻, 千田是也訳, 理論社, 1968-71年
  • 『芸術におけるわが生涯』全3巻、蔵原惟人江川卓訳、岩波文庫、2008年(元版は2巻本、1983年刊)
スタニスラフスキーの自伝。裕福な家庭に生まれ、芸術に親しんだ幼少期から、演劇に情熱を燃やす青年期、スタニスラフスキー・システムの具体化、劇団の分裂、ロシア革命の勃発・ソ連の成立という激動の時代を描いている。
  • 『俳優の仕事 第一部 俳優教育システム』岩田貴・堀江新二・浦雅春・安達紀子訳、『第二部 俳優教育システム』堀江新二・岩田貴・安達紀子訳、『第三部 俳優の役に対する仕事』堀江新二・岩田貴・安達紀子訳、未來社、2008-2009年
スタニスラフスキー・システムに関する著書。山田肇訳『俳優修業』(前記、英訳本からの重訳)と同内容だが、原著(ロシア語版)からの訳。山田訳に未収録のエピソード、原註、草稿を含む。

伝記[編集]

  • ジーン・ベネディティ 『スタニスラフスキー伝 1863‐1938』 高山図南雄訳、高橋英子訳 (晶文社、1997年)

 なお同じ著者で、『演技 創造の実際 スタニスラフスキーと俳優』(高山図南雄他訳、晩成書房、2001年)、『スタニスラフスキー入門』(松本永実子訳、而立書房、2008年)がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下斗米伸夫『ロシアとソ連 歴史に消された者たち 古儀式派が変えた超大国の歴史』(151頁)