エンデバー (オービタ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Endeavour
OV-105
エンデバー (オービタ)
STS-12739A番発射台
スペースシャトルエンデバー2009年7月15日撮影
型名 OV-105
アメリカ合衆国
契約 1987年7月31日
名の由来 HMS エンデバー
現況 引退
初飛行 STS-49
1992年5月7日 - 1992年5月16日
最終飛行 STS-134
2011年5月16日 - 2011年6月1日
ミッション数 25回
乗客数 148人
宇宙飛行
総時間
296日3時間18分35秒
軌道数 4,671周
飛行距離 197,761,262 km (122,883,151 mi)
輸送衛星 3機
ミールとの
ドッキング
1回
ISSとの
ドッキング
12回
接近するエンデバー国際宇宙ステーションから撮影(STS-118)
Endeavour Launch.jpg

エンデバー (Endeavour, OV-105) はスペースシャトルオービタ

チャレンジャー事故による機数減少を受けて「エンタープライズを改修するよりも安い」との判断の元、ストックされていたスペアパーツを用い製造された機体である。初飛行は1992年5月7日のSTS-49。2011年6月の引退までに25回の飛行を行った。

Endeavourエンデバー)の名前は、キャプテン・クック南太平洋探検の第1回航海の帆船 Endeavourエンデバー号)に由来している。なお、努力という意味はそれぞれイギリス英語: endeavourアメリカ英語: endeavorとなるが、本船は固有名詞であるクックの船名に由来するイギリス英語: Endeavourが正しい。2007年7月には、NASA自身が作成した射点の横断幕でEndeavorと書いてしまうミスがあり、米国では話題になった[1]1971年に打ち上げられたアポロ15号の司令船の名称もエンデバー(Endeavour)である。

フィクションではアーサー・C・クラークSF小説「宇宙のランデヴー」の主役宇宙船の名称もエンデバーだった。2001年宇宙の旅の主役宇宙船ディスカバリーと共にクラークの著書に登場する宇宙船と同じ名前のオービタである。

退役後はロサンゼルスのカリフォルニア科学センターに展示されている[2]


日本人宇宙飛行士とエンデバー[編集]

エンデバーは日本人宇宙飛行士の搭乗率が高く、毛利衛はSTS-47とSTS-99、若田光一はSTS-72とSTS-127、土井隆雄はSTS-123でそれぞれエンデバーに搭乗した。また、土井が搭乗したSTS-123では日本初の有人宇宙施設「きぼう」の船内保管室を、若田が搭乗したSTS-127では船外実験プラットフォームを宇宙に運んでいる。

飛行記録[編集]

打ち上げ日 任務名 備考
1992年5月7日 STS-49 通信衛星インテルサット6号を捕捉、修理の後、再放出
1992年9月12日 STS-47 スペースラブ実験 SL-Jミッション。毛利衛搭乗(日本人初)
1993年1月13日 STS-54 データ中継衛星TDRS-Fを放出
1993年6月21日 STS-57 SPACEHAB-1。ヨーロッパのEURECA衛星回収。
1993年12月2日 STS-61 ハッブル宇宙望遠鏡の第1回目の修理
1994年4月9日 STS-59 地表探査用の宇宙レーダー実験(SRL-01)
1994年9月30日 STS-68 宇宙レーダー実験(SRL-02)
1995年3月30日 STS-67 スペースラブ アストロ-2(Astro-2)実験
1995年9月7日 STS-69 Wake Shield Facility (WSF)-2及び他の実験
1996年1月11日 STS-72 日本の実験衛星Space Flyer Unitの回収
1996年5月19日 STS-77 SPACEHAB-4
1998年1月22日 STS-89 宇宙ステーション ミールへの8回目のドッキングミッション。交代要員移送
1998年12月4日 STS-88 国際宇宙ステーションの建設 (2A)、ユニティ取り付け
2000年2月11日 STS-99 地表探査レーダー実験 (Shuttle Radar Topography Mission)
2000年11月30日 STS-97 国際宇宙ステーションの建設(4A)、P6トラスを運搬
2001年4月19日 STS-100 国際宇宙ステーションの建設(6A)、カナダアーム2取り付け
2001年12月5日 STS-108 国際宇宙ステーションの補給フライト(UF-1)、交代要員移送
2002年6月5日 STS-111 国際宇宙ステーションの補給フライト(UF-2)、交代要員移送
2002年11月23日 STS-113 国際宇宙ステーションの建設(11A)、P1トラス運搬、交代要員移送
2007年8月8日 STS-118 国際宇宙ステーションの建設(13A.1)、S5トラス運搬
2008年3月11日 STS-123 国際宇宙ステーションの建設(1J/A)、「きぼう」日本実験棟船内保管室とカナダのSPDM「デクスター」の運搬
2008年11月14日 STS-126 多目的補給モジュール(MPLM)を使った、装備品の搬入や物資の補給等(ULF-2)
2009年7月15日 STS-127 国際宇宙ステーションの建設(2J/A)、「きぼう」船外実験プラットフォームなどの運搬
2010年2月8日 STS-130 国際宇宙ステーションの建設(20A)、トランクウィリティーキューポラの取り付け
2011年5月16日 STS-134 アルファ磁気分光器エクスプレス補給キャリアの取り付け
同機の最終ミッション

これまでに使用された徽章[編集]

これまでにエンデバーの任務で使用された徽章
エンデバー号のフライトミッションの記章
Sts-49-patch.png
Sts-47-patch.png
Sts-54-patch.png
Sts-57-patch.png
Sts-61-patch.png
Sts-59-patch.png
Sts-68-patch.png
Sts-67-patch.png
STS-49 STS-47 STS-54 STS-57 STS-61 STS-59 STS-68 STS-67
STS-69 patch.svg
Sts-72-patch.png
Sts-77-patch.png
Sts-89-patch.png
Sts-88-patch.png
Sts-99-patch.png
Sts-97-patch.png
Sts-100-patch.png
STS-69 STS-72 STS-77 STS-89 STS-88 STS-99 STS-97 STS-100
Sts-108-patch.png
Sts-111-patch.png
Sts-113-patch.png
STS-118 patch new.png
STS-123 patch.png
STS-126 patch.png
STS-127 patch.png
STS-130 patch.png
STS-108 STS-111 STS-113 STS-118 STS-123 STS-126 STS-127 STS-130
STS-134 patch.png
STS-134


脚注[編集]

関連項目[編集]

このほかに模型のパスファインダー(Pathfinder) もオービタとしてカウントされることがある。

外部リンク[編集]