STS-53

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-53
徽章
STS-53 patch.svg
ミッションの情報
ミッション名 STS-53
シャトル ディスカバリー
発射台 39-A
打上げ日時 1992年12月2日 13時24分00秒 UTC
着陸または着水日時 1992年12月9日 20時43分17秒 UTC、エドワーズ空軍基地
ミッション期間 7日7時19分17秒
周回数 116 回
高度 322km
軌道傾斜角 57 度
航行距離 最大4800000km
乗員写真
Sts-53 crew.jpg
年表
前回 次回
STS-52 STS-52 STS-54 STS-54

STS-53スペースシャトルディスカバリーアメリカ国防総省の支援で行ったミッション。この回のディスカバリーは1992年12月2日にケネディー宇宙センターから打ち上げられた。

クルー[編集]

地位 飛行士
司令 デビッド・M・ウォーカー英語版
3回目の宇宙飛行
パイロット ロバート・D・カバナ英語版
2回目の宇宙飛行
ミッションスペシャリスト 1 グイオン・S・ブルフォード英語版
4回目の宇宙飛行
ミッションスペシャリスト 2 ジェームス・S・ヴォス英語版
2回目の宇宙飛行
ミッションスペシャリスト 3 マイケル・R・クリフォード英語版
1回目の宇宙飛行

ミッションパラメータ[編集]

ハイライト[編集]

ディスカバリーは第一ペイロードに米国国防総省の貨物を、第二ペイロードに2基のペイロード、そのほか9個のミッドデッキ研究物が積まれていた。

第一ペイロードはUSA-89、国際衛星識別符号1992-086B"DoD-1"が積まれており、国防総省がシャトルに積んだ最後の主要貨物となった。 この衛星はSTS-28出打ち上げられたUSA-40以来、衛星データシステム2英語版軍事通信衛星の3基目の打ち上げであった。

第二ペイロードは貨物室に取り付けられており軌道上デブリレーダー測定球(ODERACS)とシャトルグロー実験/極低温ヒートパイプ実験(GCP)を含むゲット・アウェイ・スペシャル英語版(GAS)だった。

ミッドデッキ研究には宇宙でのマイクロカプセル(MIS-l)、宇宙での組織損失(STL)、視覚機能テスター(VFT-2)、宇宙放射線の影響と活性化モニター(CREAM)、放射線モニタリング装置(RME-III)、流体の獲得と補給の実験(FARE)、手持ち地球指向リアルタイム協力下利便型位置調整・環境システム(デジタルカメラ利用実験、HERCULES)、戦場レーザー収集センサーテスト(BLAST)、防衛システムの最適利用のための雲の特性調査(CLOUDS)などであった。

ミッションの記章[編集]

5つの星と3つのストライプがミッションナンバーを表している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]