STS-65

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-65
徽章
Sts-65-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-65
シャトル コロンビア
乗員数 7
発射台 LC39-A
打上げ日時 1994年7月8日 12:43:01 EST
着陸または着水日時 1994年7月23日 6:38:01 EST
ミッション期間 14日17時間55分00秒
周回数 235
高度 296 km
軌道傾斜角 28.45°
航行距離 9,886,200 km
乗員写真
Sts-65 crew.jpg
年表
前回 次回
STS-59 STS-59 STS-64 STS-64

STS-65は、1994年7月に、スペースシャトルコロンビア号によって行われた有人宇宙飛行であり、日本人の向井千秋宇宙飛行士が搭乗した。

任務の概要[編集]

スペースラブを搭載し、第2次国際微小重力実験室(IML-2)として多数の科学実験を行った。

日本は水棲生物実験装置を搭載し、金魚、メダカ、イモリを使う実験を実施した。メダカの実験は宇宙での交尾、産卵活動を観察。このメダカの実験では43個の卵が確認され、8匹がふ化し、文字どおり「宇宙メダカ」が誕生した。

乗組員[編集]

外部リンク[編集]