ジェームズ・ハルセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ドナルド・ハルセル・ジュニア
NASA宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
現況 引退
誕生 1956年9月29日(58歳)
ルイジアナ州ウェスト・モンロー
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ空軍大佐
宇宙滞在期間 52日10時間34分
選抜試験 1990年
ミッション STS-65, STS-74, STS-83, STS-94, STS-101
記章 Sts-65-patch.png Sts-74-patch.png Sts-83-patch.pngSts-94-patch.png Sts-101-patch.png

ジェームズ・ハルセル(James Donald Halsell, Jr.、1956年9月29日-)は、アメリカ空軍の軍人で、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。5度のスペースシャトルのミッションを経験した。彼は無重力空間を漂い、宇宙から地球を見るのが好きだと語っている。

ハルセルはルイジアナ州ウェスト・モンローで生まれ育ち、空軍士官学校に通った。テストパイロットとしての訓練を受けると、F-4F-16SR-71等を操縦した。ハルセルは1990年に宇宙飛行士の候補に選ばれ、スペースシャトルの操縦手としての訓練を受けた。彼は操縦士として、1994年のSTS-65、1995年のSTS-74に、船長として、1997年のSTS-83STS-94、2000年のSTS-101に搭乗した。

2000年から2002年にはケネディ宇宙センターでスペースシャトル計画の打上げの責任者となり、13度の打上げに携わった。コロンビア号空中分解事故後は、飛行計画チームを率い、事故調査チームの提言を計画に反映させる業務を担い、2005年のミッションの再開につなげた。

彼は2006年11月にNASAを退職し、ATKランチ・システムズ・グループに就職してマーシャル宇宙飛行センターのATK側のサイトマネージャーとなった。

外部リンク[編集]