STS-51-G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-51-G
STS-51-G Morelos 1 deployment.jpg
メレロス1号を放出するディスカバリー
任務種別 人工衛星の展開
運用者 アメリカ航空宇宙局
COSPAR ID 1985-048A
SATCAT № 15823
任務期間 7日1時間38分52秒
飛行距離 4,693,051 km
周回数 112
特性
宇宙機 ディスカバリー
打ち上げ時重量 116,357 kg
着陸時重量 92,610 kg
ペイロード時重量 17,280 kg
乗員
許容人数 7
乗員数 ダニエル・ブランデンスタイン
ジョン・クレイトン
ジョン・ファビアン
スティーブン・ネーゲル
シャノン・ルシッド
パトリック・ボードリー
スルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード
任務開始
打ち上げ日 1985年6月17日 11:33:00(UTC)
打上げ場所 ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
任務終了
着陸日 1985年6月24日 13:11:52(UTC)
着陸地点 エドワーズ空軍基地 第23滑走路
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 353.3 km
遠点高度 354.9 km
傾斜角 28.45°
軌道周期 91.8分
Sts-51-g-patch.png

Portrait of STS 51-G crew.jpg
後ろ:左から、ナーゲル、ルシッド、ファビアン、アル・サウド、ボードリー
前:左から、ブランデンスタイン、クレイトン


スペースシャトル計画
← STS-51-B STS-51-F

STS-51-Gは、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル計画の18回目の飛行であり、ディスカバリーの5回目の飛行である。7日間のミッションは、1985年6月17日にケネディ宇宙センターから打ち上げられ、6月24日にエドワーズ空軍基地に着陸した。サウジアラビアの王族であるスルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウードがペイロードスペシャリストとして搭乗した。アル・サウードは、アラブ人として、またムスリムとして、また王族として初めて宇宙を訪れた[1]。また、スペースシャトル時代の前の乗組員が1人もいない初めてのミッションとなった。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

ミッションの概要[編集]

ディスカバリーは、1985年6月17日午前7時33分(EDT)にケネディ宇宙センター第39複合発射施設から打ち上げられた。乗組員は、船長のダニエル・ブランデンスタイン、操縦手のジョン・クレイトンと、ミッションスペシャリストのシャノン・ルシッド、スティーブン・ネーゲル、ジョン・ファビアン、ペイロードスペシャリストでフランス人のパトリック・ボードリー、サウジアラビアの王族であるスルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウードであった。

STS-51-Bは、アラブ衛星通信機構のアラブサット-1B、メキシコのメレロス1号、AT&Tのテルスター3Dの3機の通信衛星を運んだ。ディスカバリーから放出された後、3機ともペイロード・アシスト・モジュールを用いて静止トランスファ軌道に達することができた。

他に運ばれたのは、オービタから放出された後、回収されるまで自由に宇宙を動き回るように設計されたスパルタン1である。スパルタン1は、140kgの天文観測機器を搭載していた。オービタとは独立に、正常に展開、運用された。ディスカバリーはさらに材料実験のための、フランスのいくつかの生物医学実験、6つのGetaway Specialがあり、GO34 Getaway Specialのシャットダウンの時期が早かったものの、全て成功した。

このミッションの最後のペイロードは、戦略防衛構想のためのHigh Precision Tracking Experiment(HPTE)であった。HEPTは37周目の最初の挑戦では、オービタが正しい高度になかったため展開に失敗し、64周目で展開に成功した。

ディスカバリーは、1985年6月24日午前9時12分(EDT)に、7日間と1時間38分52秒のミッションを終えて、エドワーズ空軍基地に着陸した。

起床コール[編集]

NASAは、ジェミニ計画の際に、宇宙飛行士のために音楽をかけることを始め、アポロ15号の時に初めて起床のために音楽を使った。それぞれの曲は、しばしば宇宙飛行士の家族が特別に選んだもので、乗組員に個人的な特別な意味のあるものや日々の活動に適したものである[2]

歌手/作曲家
2日目 "I Feel the Earth Move" キャロル・キング
3日目 プラウド・メアリー クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
4日目 "Sailing" クリストファー・クロス
5日目 かもめのジョナサン ニール・ダイアモンド
6日目 結婚行進曲 フェリックス・メンデルスゾーン

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ "A prince in space" at Saudi Aramco World. January/February 1986 edition. p.20-29. Retrieved 23 October 2012.
  2. ^ Fries, Colin (2007年6月25日). “Chronology of Wakeup Calls” (PDF). NASA. http://history.nasa.gov/wakeup%20calls.pdf 2007年8月13日閲覧。 

外部リンク[編集]