シャノン・ルシッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャノン・ルシッド
Shannon M. W. Lucid
NASA所属宇宙飛行士
現況 引退
誕生 1943年1月14日(71歳)
中華民国上海
他の職業 生化学者
宇宙滞在期間 223日2時間50分
選抜試験 1978年NASA選抜試験
ミッション STS-51-G
STS-34
STS-43
STS-58
STS-76
ミール
STS-79
記章 Sts-51-g-patch.pngSts-34-patch.pngSts-43-patch.pngSts-58-patch.pngSts-76-patch.pngSts-79-patch.jpg

シャノン・ルシッド(Shannon Matilda Wells Lucid、1943年1月14日 - )は、アメリカ合衆国生化学者で、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。かつて、彼女は女性で最長の宇宙滞在時間記録を保持していた。ミールへの搭乗を含む5度の宇宙飛行を経験している。

人生[編集]

ルシッドは中華民国上海で、バプテスト教会の布教者である両親オスカル・ウェルズとマートル・ウェルズの間に生まれたが、オクラホマ州ベサニーで成長し、ベサニー高校を卒業した。オクラホマ大学に進学し,1973年に生化学の博士号を取得した。

インディアナポリスのマイケル・ルシッドと結婚し、1人の息子、2人の娘、5人の孫娘に恵まれた。

NASAでのキャリア[編集]

ミール滞在中にトレッドミルで運動するルシッド

ルシッドは1978年にNASAの宇宙飛行士に選ばれた。6人の女性宇宙飛行士の中で、彼女は唯一の母親だった。ルシッドの最初の宇宙飛行は1985年6月のスペースシャトルディスカバリーのミッションSTS-51-Gだった。1989年にはSTS-34、1991年にはSTS-43、1993年にはSTS-58に参加した。

ルシッドは、彼女の5度目の飛行で、1996年3月22日から9月26日まで179日間のミール滞在を含む188日を宇宙で過ごしたことで知られている。ミールの往来はアトランティスが使われ、行きはSTS-76、帰りはSTS-79のミッションだった。彼女のミール滞在は当初はこんなに長くなる予定ではなかったが、彼女の地球への帰還が2回延期され、滞在が約6週間延びた。ミッションの間、彼女は多くの生物学、物理学の実験を行った。ミールに長期滞在していたおかげで、彼女はロシア人以外で最長、また女性で最長の宇宙滞在時間記録を打ち立てた。2007年6月16日、彼女の女性としての宇宙滞在記録は国際宇宙ステーションに滞在中のスニータ・ウィリアムズによって破られた[1][2][3]

2002年から2003年にかけて、ルシッドはNASA主任科学者として働いた。2005年以降は交信担当としてSTS-114STS-116STS-118STS-120STS-122STS-124STS-126STS-125STS-127STS-128等の多くのミッションに関わった。

2008年1月時点で、ヒューストンジョンソン宇宙センターにある宇宙飛行士室を管理しており[4]、交信担当としても働いている。

受賞など[編集]

ルシッドは1996年12月に、全体で10人目、女性としては初めて宇宙名誉勲章を受章した。1993年にはオクラホマ女性の殿堂に選ばれた[5]

出典[編集]