スルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード
ペイロードスペシャリスト
国籍 サウジアラビア
誕生 1956年6月27日(57歳)
リヤド
他の職業 戦闘機パイロット
階級 サウジアラビア空軍大佐
宇宙滞在期間 7日01時間38分
ミッション STS-51-G
記章 Sts-51-g-patch.png

スルタン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード(Sultan bin Salman bin Abdulaziz Al Saud、1956年6月27日-)は、サウジアラビア空軍のパイロットで、STS-51-Gのミッションで、ペイロードスペシャリストとしてスペースシャトルで宇宙を訪れた人物である。サウード家の一員であり、王族として初めて、またアラブ人、イスラム教徒としても初めて宇宙飛行を経験した。

生い立ち[編集]

スルタンは、1956年6月27日にリヤドで生まれた[1][2]サルマン・ビン・アブドゥルアジズ・アル・サウドの二男であり[3]、2011年7月に亡くなった[4]母のサルマン・ビン・トルキ・アル・スダイリは、かつてのアスィール州知事であった[5]サルマンのおじトルキ・ビン・アハマド・アル・スデイリの娘であった[6]。スルタンと父母の同じ兄弟には、ファハト、アフメド、アブドゥルアジズ、ファイサル、ハッサがいる[7][8]

教育[編集]

スルタンは、リヤドで初等及び中等教育を受け、デンバー大学を卒業してマスコミュニケーションの学位を取得した[9]。1999年には、シラキュース大学で社会政治学の修士号を取得した[1][2]

キャリア[編集]

スルタンは1982年にサウジアラビア情報省の国際コミュニケーション部で研究を開始し[10]、1984年まで在職した[11]。スルタンは、サウジアラビアの選手が1984年のロサンゼルスオリンピックに参加するためのメディア委員会の副委員長を務めた。その後、情報省にテレビ広告部が創設され、部長代理に指名された[10]

1985年の6月17日から6月24日まで、STS-51-Gのペイロードスペシャリストとして宇宙を訪れた。アメリカやフランスの宇宙飛行士を含む7人の国際クルーの一員として、彼はArab Satellite Communications Organizationの代表として衛星ARABSAT-1Bの展開に携わった。スルタンは当時28歳で、最年少のスペースシャトル乗組員の記録も持っている[9][10]

後に彼は、宇宙を訪れたすべての宇宙飛行士から構成される国際組織である宇宙探検家協会の設立に携わり、数年間役員を務めた[10]

STS 51-Gの乗組員

1985年、スルタンはライヴエイドの期間にMTVで放映されたCMを収録した。また1985年の創設当時からサウジアラビア空軍に中佐として従軍し[10][12]、1996年の退役時までに大佐に昇進した[13]

パトリック・ボードレーとスルタン、1985年

私生活[編集]

妻は、サウジアラビアの外務大臣サウード・アル=ファイサルの娘であり[14][15]、3人の子供がいる[3][16]。息子のサルマン(1990年生)は、セント・アンドルーズ大学に通い[15]、2012年12月5日にリヤドで、ムハンマド・ビン・アブドゥル・ラハマーンのひ孫であるカリード・ビン・サウド・アル・サウドの娘と結婚した[17]

趣味は、グライダーとスキーである[10]ディルイーヤに農場を所有する。

受賞[編集]

2012年11月、シラキュース大学とプリンセス・ヌーラ・ビント・アブドゥッラハマーン大学の間のパートナーシップの立ち上げへの尽力に対し、シラキュース大学から総長メダルが授与されている[18]

出典[編集]

  1. ^ a b Sultan bin Salman bin Abdulaziz”. Saudi Commission for Tourism and Antiques. 2012年5月24日閲覧。
  2. ^ a b Biographies of international astronauts”. Space Facts. 2012年5月24日閲覧。
  3. ^ a b Sultan bin Salman bin Abdulaziz”. Official Website. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ Princess Sultana bint Turki Al Sudairi dies”. Arab News (2011年8月1日). 2012年5月4日閲覧。
  5. ^ Sultana bint Ahmad bin Muhammad al Sudairi”. Datarabia. 2012年5月8日閲覧。
  6. ^ “Sultana, wife of Riyadh Emir, passes away”. Saudi Gazette. (2011年8月3日). http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=20110803106640 2012年5月26日閲覧。 
  7. ^ Family Tree of Salman bin Abdulaziz bin Abdul Rahman Al Saud”. Datarabia. 2012年5月1日閲覧。
  8. ^ “Kingdom mourns loss of princess”. The Siasat Daily. (2011年8月3日). http://www.siasat.com/english/news/kingdom-mourns-loss-princess 2012年5月26日閲覧。 
  9. ^ a b Lawton, John; Patricia Moody (January-February 1986). “A Prince in Space”. Saudi Aramco World 37 (1). http://www.saudiaramcoworld.com/issue/198601/a.prince.in.space.htm 2012年5月24日閲覧。. 
  10. ^ a b c d e f Sultan bin Salman bin Abdulaziz al Saud Payload Specialist”. NASA. 2012年5月24日閲覧。
  11. ^ “First Arab astronaut makes a royal tour of space”. The Windsor Star (New York): pp. B12. (1985年6月20日). http://news.google.com/newspapers?id=0lg_AAAAIBAJ&sjid=AlMMAAAAIBAJ&pg=990,942020&dq=salman+bin+abdulaziz&hl=en 2013年3月3日閲覧。 
  12. ^ Henderson, Simon (1994年). “After King Fahd (Policy Paper)”. Washington Institute. 2013年2月2日閲覧。
  13. ^ HRH Prince Sultan bin Salman”. Prince Salman Center for Disability Research. 2012年5月24日閲覧。
  14. ^ Sabri Sharaf (2001). The House of Saud in Commerce: A Study of Royal Entrepreneurship in Saudi Arabia. Sharaf Sabri. pp. 142. ISBN 978-81-901254-0-6. http://books.google.com/books?id=51Bb8Ix7xw8C&pg=PA124 2013年4月2日閲覧。. 
  15. ^ a b Saudi Leadership Profiles: Prince Sultan bin Salman (5 January 2010)”. Wikileaks. 2012年4月6日閲覧。
  16. ^ Family tree of Sultan bin Salman”. Datarabia. 2012年3月27日閲覧。
  17. ^ “سمو ولي العهد يشرف حفل زواج حفيده الأمير سلمان بن سلطان من كريمة الأمير خالد بن سعود”. Al Riyadh. (2012年12月6日). http://www.alriyadh.com/2012/12/06/article790413.html 2012年12月7日閲覧。 
  18. ^ Chapman, Ken (2012年11月16日). “Saudi Arabian Prince honored by Syracuse University”. CNY Central. http://www.cnycentral.com/news/story.aspx?id=826413#.UKdcvuSTrmA 2012年11月17日閲覧。